[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

マイクロ波合成装置の最先端!

[スポンサーリンク]

 

以前、ご紹介したアントンパールのマイクロ波合成装置 Monowave 300の後継機種 Monowave400が発売されたようなので、レビューします。

Monowave400レビュー

先代の繰り返し使用でき、工具なしで 手で簡単に開閉できる容器はそのまま使用できます。フタの自由度もあり、過剰な圧による「爆発」も防ぐことができます。非常に大きな圧力がかかった時のみ、少しだけフタがずれて圧力を逃がす構造になっているのです。「爆発」して修理をせざるを得なくなったひとには大変オススメです。

サイズも多彩で、材質にシリコンカーバイド製もあるため、急速加熱もできます。

化学合成を効率的に行うには、反応温度を正確に把握することが非常に重要です。容器内の温度を直接測定できる温度計により、リアルタイムで正確な温度モニターが可能です。

また、カメラオプションによってバイアル内の状況を常に把握することができ、画像から判断して撹拌速度、時間、反応温度を変えて最適な条件をすることができます。イメージは、画像、動画として保存することもできます。

オートサンプラーも引き続き上に載せることで使用可能ですから、サイズの異なる最大24本のバイアルを、自動連続処理できます。

今回発売された注目のオプション

さらに、今回発売されたオプションとして、ラマン分光計をカメラの代わりに取り付けることができるようになりました。これにより、スペクトルの情報を手に入れることができます。任意のピークを確認することで、成否が精製や分析を待たずにすぐに判断できます。また、中間生成物をモニターできますから、合成の途中経過を把握できます。終点の把握も素早くできるため、オーバーシュートも防ぎ望まない副生成物も抑えることができます。

装置のラインナップもユニークで、エントリーモデルのMonowave200を購入し、後ほどMonowave400へアップグレードすることが可能です。予算に応じて選べるというのはユニークかもしれません。その後、サンプラーを付けたり、カメラを付けたり、ラマン分光計を付けたりと、必要と予算に応じたステップアップができます。

希望の仕様でのデモも行っているようです。

化学者向けのマイクロ波に関連する情報サイト

最後にアントンパールでは、化学者向けの情報サイトも有しています。無償でアプリケーションデータベースを利用できたりしますので、参考にしてもいいかもしれません。

デモ動画もあります

簡単ですが、デモ動画(1分程度)もいただきまして、ケムステYoutubeチャンネルに公開しました!

マイクロ波合成装置のMonowaveまとめ

  1. 反応中の画像、動画が撮影可能。
  2. 非極性溶媒の加熱も可能なリアクター。 ※より効率良く加熱する為のシリコンカーバイド製容器も有り。
  3. 非接触型光ファイバー精密温度計と赤外線外部温度計を搭載。 ※非接触型光ファイバー精密温度計はオプション。
  4. 工具不要で簡単着脱。繰り返し使える各種サイズの反応容器。
  5. 反応中の容器破裂時の容器破片や試薬、有毒ガス揮散防止機構完備。

お問い合わせ先

株式会社アントンパール・ジャパン

131-0034 東京都墨田区堤通1-19-9 リバーサイド隅田13階

Tel:03-4563-2500

Fax:03-4563-2501

関連記事

関連書籍

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 最長のヘリセンをつくった
  2. 光触媒の活性化機構の解明研究
  3. 汝ペーハーと読むなかれ
  4. 光分解性シアニン色素をADCのリンカーに組み込む
  5. 有機合成化学協会誌2020年2月号:ナノポーラス スケルトン型金…
  6. 金属容器いろいろ
  7. NMRの基礎知識【測定・解析編】
  8. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「日本蛋白質構造データバンク」工藤…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か
  2. 千田憲孝 Noritaka Chida
  3. 日本化学会 平成17年度各賞受賞者決まる
  4. 電子ノートか紙のノートか
  5. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV
  6. AIが作った香水、ブラジルで発売
  7. 有機合成化学協会誌2017年6月号 :創薬・糖鎖合成・有機触媒・オルガノゲル・スマネン
  8. 触媒と光で脳内のアミロイドβを酸素化
  9. アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する
  10. 第63回―「生物のコミュニケーションを司る天然物化学」矢島 新 教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

注目情報

最新記事

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

ダイセルよりサステナブルな素材に関する開発成果と包括的連携が発表される

株式会社ダイセルは、環境にやさしい酢酸セルロースを当社独自の技術で加工した真球状微粒子を開発し、20…

市販の化合物からナノグラフェンライブラリを構築 〜新反応によりナノグラフェンの多様性指向型合成が可能に〜

第345回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院理学研究院 理論化学研究室(前田・高橋研究室)…

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP