[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー

  1. Pythonで学ぶ実験計画法入門 ベイズ最適化によるデータ解析

    (さらに…)…

  2. DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

    (さらに…)…

  3. 【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

    『化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論』(酒井 健一 著、コロナ社)という書籍をご紹介します。…

  4. 理系女性の人生設計ガイド 自分を生かす仕事と生き方

    2021年5月に刊行されたばかりの書籍をご紹介します。進路選択やキャリア形成の参考になれば幸いです。…

  5. ついにシリーズ10巻目!化学探偵Mr.キュリー10

    ケムステではおなじみとなった、化学小説「化学探偵Mr.キュリー」。先日つ…

  6. 化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

  7. 【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

  8. 人物でよみとく化学

  9. 【書籍】機器分析ハンドブック3 固体・表面分析編

  10. 有機化学1000本ノック【反応機構編】

  11. 【書籍】すぐにできる! 双方向オンライン授業 【試験・評価編】

  12. 【書籍】新版 元素の小辞典

  13. [書評]分子の薄膜化技術

  14. 【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

  15. バイオ医薬 基礎から開発まで

  16. 科学英語の書き方とプレゼンテーション (増補)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター
  2. 【速報】2017年のノーベル生理学・医学賞は「概日リズムを制御する分子メカニズムの発見」に!
  3. ヤモリの足のはなし ~吸盤ではない~
  4. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  5. 次世代電池の開発と市場予測について調査結果を発表
  6. 不斉ディールス・アルダー反応 Asymmetric Diels-Alder Reaction
  7. 香月 勗 Tsutomu Katsuki

注目情報

最新記事

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

PAGE TOP