[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー

  1. 理工系のAI英作文術

    概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書けるようになる!AI自動翻訳を活用して正確な英作文を書くための最強ノウハウを伝授.AI自動翻訳を使いこなし,英語論文作成にかけていた時間…

  2. 元素のふるさと図鑑

    2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

  3. 桝太一が聞く 科学の伝え方

    概要サイエンスコミュニケーションとは何か?どんな解決すべき課題があるのか?桝…

  4. 【書評】有機化学のための量子化学計算入門

    痒い所に手が届く科学書に定評のある裳華房さんより 2022 年 6 月に刊行された「有機化学…

  5. ドラえもん探究ワールド 身近にいっぱい!おどろきの化学

    概要「化学」への興味の芽を育むマンガ+解説書 子ども(大人も)の毎日は、「化学」とのお付き合…

  6. 化学知識の源、化学同人と東京化学同人

  7. 天才プログラマー タンメイが教えるJulia超入門

  8. 次世代医薬とバイオ医療

  9. サイエンスライティング超入門

  10. モビリティ用電池の化学: リチウムイオン二次電池から燃料電池まで(CSJ:44)

  11. 【書評】きちんと単位を書きましょう 国際単位系 (SI) に基づいて

  12. 実例で学ぶ化学工学: 課題解決のためのアプローチ

  13. 【書評】続続 実験を安全に行うために –失敗事例集–

  14. えっ!そうなの?! 私たちを包み込む化学物質

  15. 特許やぶりの女王 弁理士・大鳳未来

  16. 赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第二回ケムステVシンポ「光化学へようこそ!」開催報告
  2. Macユーザに朗報?ChemDrawバージョンアップ
  3. 学術変革領域(B)「糖化学ノックイン」発足!
  4. がん細胞をマルチカラーに光らせる
  5. 米デュポンの第2四半期は減益、市場予想を下回る
  6. もっとも単純な触媒「プロリン」
  7. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.

注目情報

最新記事

【7/28開催】第3回TCIオンラインセミナー 「動物透明化試薬ウェビナー CUBICの基礎と実例」

第3回TCIオンラインセミナーを開催いたします。現在、動物透明化技術は注目の手技です。本セミ…

金属アルコキシドに新たなファミリー!Naでも切れない絆

アルカリ金属と1-アダマンタノール (HOAd1)の混合により、平面三角形構造かつ未還元のヒドロキシ…

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化学吸着反応

第395回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科 (生越研究室)・山内泰宏さんにお願…

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

PAGE TOP