[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー

  1. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

    概要アルカロイドはその顕著な生物活性のため,さまざまな学問進展の「原動力」として注目され続け,医薬品開発の鍵化合物としても重要な役割を担っている.本書は生薬学,天然物化学,有機合成化学,生化学,薬理学,毒性学,創薬化学,分析…

  2. 誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

    概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

  3. 化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略

    内容 世界市場において日本の国際競争力の低下傾向が続いており、製造業のシェアは年々低下、化学…

  4. 化学探偵Mr.キュリー6

    ケムステをご覧の皆様にはおなじみの「化学探偵Mr.キュリーシリーズ」。なんとこのシリーズも6…

  5. 先制医療 -実現のための医学研究-

    概要増加する非感染性疾患の対策として注目される発症前診断,発症前介入を目指す先制医療を総力特…

  6. 二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界

  7. 「えれめんトランプ2.0」が発売された

  8. 有機化学命名法

  9. 元素生活 完全版

  10. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

  11. Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

  12. 一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方

  13. 元素に恋して: マンガで出会う不思議なelementsの世界

  14. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版

  15. Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

  16. できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay
  2. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown
  3. MRS Fall Meeting 2012に来ています
  4. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデムアルキニル化環化反応
  5. 4つの性がある小鳥と超遺伝子
  6. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus
  7. 山本明夫 Akio Yamamoto

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

PAGE TOP