[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー

  1. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

    概要アルカロイドはその顕著な生物活性のため,さまざまな学問進展の「原動力」として注目され続け,医薬品開発の鍵化合物としても重要な役割を担っている.本書は生薬学,天然物化学,有機合成化学,生化学,薬理学,毒性学,創薬化学,分析…

  2. 誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

    概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

  3. 化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略

    内容 世界市場において日本の国際競争力の低下傾向が続いており、製造業のシェアは年々低下、化学…

  4. 化学探偵Mr.キュリー6

    ケムステをご覧の皆様にはおなじみの「化学探偵Mr.キュリーシリーズ」。なんとこのシリーズも6…

  5. 先制医療 -実現のための医学研究-

    概要増加する非感染性疾患の対策として注目される発症前診断,発症前介入を目指す先制医療を総力特…

  6. 二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界

  7. 「えれめんトランプ2.0」が発売された

  8. 有機化学命名法

  9. 元素生活 完全版

  10. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

  11. Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

  12. 一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方

  13. 元素に恋して: マンガで出会う不思議なelementsの世界

  14. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版

  15. Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

  16. できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究室での英語【Part1】
  2. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  3. 研究助成金を獲得する秘訣
  4. カーボンナノチューブの分散とその応用【終了】
  5. 一度に沢山の医薬分子を放出できるプロドラッグ
  6. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー4
  7. 静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

PAGE TOP