[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

【書評】元素楽章ー擬人化でわかる元素の世界

[スポンサーリンク]

元素の特性に基づくキャラクターデザインとフィクションの要素を融合させ,物語にまで昇華させた,待望の元素擬人化ファンタジーが誕生しました.
錬金術の神秘から現代の科学までを織り交ぜながら,読者を魅惑的な元素楽章の世界に誘う.個性あふれる元素たちとともに,かれらの住むアスティオン大陸の魅力的な名所を観光雑誌風に紹介し,旅の魅力を鮮やかに描く.先人たちによる錬金術や賢者の石の探求にも触れ,一方で宇宙における元素誕生から寿命が尽きるまでを壮大につづる.周期表の果てに広がる超重元素への希望と感動は,きっと読者の心に響くはず―.
純粋な物質が生命を宿すとき,かれらの物語が美しく動きだします. 元素たちの冒険を,麗しいイラストとともに,どうぞご堪能ください.引用:化学同人

対象

中学生から大人まで、元素に興味のある人はもちろんのこと、科学に馴染みの薄い初学者、学びながら楽しみたい人など一般向けの読み物。

目次

序曲 ようこそ元素の世界へ
第1楽章 元素十八重奏
第2楽章 周期表の歩き方
第3楽章 魔術と科学の狭間
第4楽章 原初の者
第5楽章 脆い力
終楽章 離島の旅人
カーテンコール

各章の内容と特徴

第1楽章 元素十八重奏
この章では本書籍で登場する、炭素をはじめとした42の元素が擬人化されて紹介されています。各元素は、生命と機械の中心元素 (炭素とケイ素) 、大空を占める気体元素 (窒素と酸素) 、人体で働く元素 (リンとカルシウム) 、などと周期表の順番通りではなく、元素の特徴別に用途や色、物性などが説明されております。また、各元素を擬人化することで、視覚的にも特徴をつかみやすくなっております。例えばDNAに含まれるリンの場合、髪の毛の先が二重らせん構造のようになっております。

本書籍より引用(許可をいただいております)

第2楽章 周期表の歩き方~終楽章 離島の旅人
第2楽章以降では、筆者の揚げ鶏々先生の作り上げた元素擬人化プロジェクト、元素楽章という物語の舞台”アスティオン大陸”を歩きながら元素を学んでいきます。このアスティオン大陸は典型元素の開かれた国家であるヘリオス王国や、遷移金属の軍事国家であるソンドル共和国などを巡りながら、各国に住まう元素たちを紹介していきます。元素の特徴と元素楽章の設定が非常にマッチしており、例えば写真フィルムの感光剤として用いられる臭素Brは”ぶろみん新聞社”の記者をしています。

著者の揚げ鶏々先生のホームページより引用

また元素の説明だけではなく、バニリンメントールをはじめとした化合物の紹介や原子力発電所の説明、専門的な内容として放射性崩壊とエネルギー、核融合やβ崩壊などによりどのように各元素 (原子) が生まれたのかまで説明されています。

終楽章では超重元素がどのようにして生まれるのかについて説明されています。また特集では、日本で合成、発見された元素であるニホニウムと、ロシアで合成、発見されたオガネソンについて取り上げられています。各元素の合成、発見者である森田浩介先生やユーリイ・オガネシアン先生のインタビューも記載されており、合成に関するエピソードなどを知ることができます。

感想

元素好きにはたまらない一冊と言っても過言ではないと思います。私自身様々な元素の本を読んできましたが、その中でも一番楽しく元素について学ぶことができました。その理由が、この書籍の一番の特徴でもある擬人化とファンタジーという部分だと思います。可愛らしいイラストや非常に凝った設定から元素を学びつつ、時には専門的な部分まで触れられていました。このことは中学生や高校生をはじめとした元素についてまだ知識の薄い初学者から、元素について勉強し直したいけれどもハードルが高いと感じてしまう人、久しぶりに元素について勉強し直したい人にも向いていると感じました。私のなかでは特に、専門的な元素 (原子) の生まれ方の部分について学び直すこともでき、鉄以上に重い元素 (原子) の出来る過程ではゆっくり (slow) と合成するsプロセスと、すばやく (rapid) 合成するrプロセスが存在するなど、新しく知ることのできた部分も多くありました。また、元素一つ一つについても学ぶことが出来ますが、元素の住まう各大陸ごとに説明されているため、元素を体系的に学ぶことができることもこの書籍の特徴の1つだと思いました。

普段専門書や論文を多く読んでいらっしゃるケムステ読者の皆様にも、このようなファンタジーを通して楽しく学ぶこちらの書籍は自信をもってオススメできます。

関連動画

関連サイト

https://agedoridori.jimdofree.com/gensogakusho/ : 元素楽章について
https://www.kagakudojin.co.jp/book/b643655.html : 化学同人ウェブサイト
https://x.com/agedoridori : 著者 揚げ鶏々様のX (旧Twitter)

関連記事

  1. ペロブスカイト太陽電池の学理と技術: カーボンニュートラルを担う…
  2. 【書評】現場で役に立つ!臨床医薬品化学
  3. 学振申請書の書き方とコツ
  4. Metal-Organic Frameworks: Applic…
  5. 化学物質はなぜ嫌われるのか
  6. Organic Synthesis Workbook
  7. 【書籍】合成化学の新潮流を学ぶ:不活性結合・不活性分子の活性化
  8. 元素のふるさと図鑑

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. チャールズ・リーバー Charles M. Lieber
  2. 鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~
  3. “かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応
  4. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trifluoromethanesulfonate
  5. 海外で開発された強靭なソフトマテリアル
  6. トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発
  7. イベルメクチン /Ivermectin
  8. スイス医薬大手のロシュ、「タミフル」の生産能力を増強へ
  9. ロバート・フィップス Robert J. Phipps
  10. ~祭りの後に~ アゴラ企画:有機合成化学カードゲーム【遊機王】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目情報

最新記事

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP