[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー

  1. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー

    内容学界と企業研究所を渡り歩き、東大教授に登り詰めた著者が語る、研究者人生成功の極意!【研究室のボスは、あなたの何を評価しているのか?】理系の若者にとって「研究者」は憧れの職業。先輩や教授といった他人とうまく付き合い、研…

  2. 改正 研究開発力強化法

    内容タイトルの通り、今後の日本の研究開発力強化法という法律について解説している本です。第一章…

  3. 2016年4月の注目化学書籍

    2016年4月のオススメ化学書籍を紹介します。出版社は主に化学同人、東京化学同人、ワイリー、そしてシ…

  4. 有機機能材料 基礎から応用まで

    内容研究者養成のための先進的なテキスト。色素、高分子、液晶から生体材料、有機無機ハイブリ…

  5. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話

    内容レアメタル(希少金属)は,スマホや電池,ハイブリッド車など,快適な暮らしを支えるハイテク…

  6. 海の生き物からの贈り物

  7. 学振申請書の書き方とコツ

  8. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー4

  9. 英文校正会社が教える 英語論文のミス100

  10. Practical Functional Group Synthesis

  11. The Sol-Gel Handbook: Synthesis, Characterization and Applications

  12. 2016年2月の注目化学書籍

  13. The Art of Problem Solving in Organic Chemistry

  14. 最新 創薬化学 ~探索研究から開発まで~

  15. Nanomaterials: An Introduction to Synthesis, Properties and Applications, 2nd Edition

  16. 創薬化学

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 大村 智 Satoshi Omura
  2. ヘロナミドA Heronamide A
  3. 低分子医薬に代わり抗体医薬がトップに?
  4. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi
  5. CASがSciFinder-nの新しい予測逆合成機能を発表
  6. メンデレーエフスカヤ駅
  7. 化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

注目情報

最新記事

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

第三回ケムステVプレミアレクチャー「夢のある天然物創薬」を開催します!

そろそろケムステVシンポも開始しますが、その前にもう一度Vプレレクのお知らせです。3月末に第…

第8回慶應有機化学若手シンポジウム

ご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学…

PAGE TOP