[スポンサーリンク]

その他

ヒューマンエラーを防ぐ知恵 増補版: ミスはなくなるか

[スポンサーリンク]

概要

ときに深刻な事故を招くヒューマンエラーは,どのようにすれば防げるのか.本書では,事故が発生するまでの過程だけでなく,事故が起きる構造にも注目し,ヒューマンエラー防止のための理論を考察する.また,すぐに役立つ実践的なテクニックの一端を,身近な事例などを題材に問題形式で紹介する.もう,ヒューマンエラーは怖くない!

まえがきより
事故はたった一つのきっかけだけで説明できるものではありません。事故は、複数の要素・要因がそろった結果生じるものです。これはちょうど、ポーカーや麻雀で役がそろって上がることに似ています。本書では事故を、最後のトドメだけではなく、発生のしやすさの構造からも捉え直してみたいと思います。

(引用:化学同人)

対象者

研究室の学生や教員、企業などでラボ作業を行う研究者、監督する責任者。安全に関する知識や経験が少ない学生さんにお勧めの書籍です。企業においては独自の事故防止に関する研修が充実しているかと思いますが、本書からは組織外の事故や知識を得ることができ、安全への視点を広げることができると思います。

目次

第1章 ヒューマンエラーとは何か
  1. 背筋も凍りつくヒューマンエラー
  2. ヒューマンエラーは根深い問題
第2章 なぜ事故は起こるのか
  1. 事故とは何か?
  2. 事故は起こらなくなるか
  3. やっぱり人はまちがえる
第3章 ヒューマンエラー解決法
  1. 問題の捉え方
  2. 問題解決への作業
  3. 小さなミスこそ重要
  4. 自己の責任は誰がとるべきか
第4章 事故が起こる前に……ヒューマンエラー防止法
  1. 三段がまえのえらー抑止
  2. 大事故に発展させない方法
第5章 実践 ヒューマンエラー防止活動

 

第6章 あなただったらどう考えますか

 

第7章 学びとヒューマンエラー

 

第8章 安全とは誰がどう決める?

 

解説

化学実験においては事故が発生するリスクは高く、ガラス器具が破損して手を怪我したり、試薬の不適切な取り扱いで発火してしまったり、有害なガスが発生して気分が悪くなってしまったりと数多くの事故が報告されています。それらの事故の多くには何らかのヒューマンエラーが関連しており、本書ではヒューマンエラーとはどういうものなのか、そしてそれを防ぐ方法を解説しています。

では内容を見ていきます。第1章では過去のヒューマンエラーによって引き起こされた事故やヒューマンエラーの分類、そして時代と共に変化するヒューマンエラーと事故の関係について紹介しています。ヒューマンエラーは単なる人間のミスで、気をつけていれば防げるものと簡単に思ってしまいますが、本章ではその分類や起こる原因が図と共に解説されており、ヒューマンエラーをより系統的に理解できる内容になっています。第2章は事故原因が主題であり、事故原因の特徴や事故が起こるまでの過程を解説しています。具体的に第2節では電子レンジを例にとり、事故(加熱中にドアが展開)が起こる過程を図を用いて解説しています。ここで紹介されている状態ごとに図を描く方法は、事故の防止方法を考える上で実践できる内容だと思いました。第3節のパートでは、カードを使った簡単なゲームから人間が間違える理由は不明であることを証明しています。

第3章ではヒューマンエラーの解説法ということで、事故が起きた後にヒューマンエラーを防ぐ手立てを考える際に重要なポイントを解説しています。第1節では電車の非常用コックの事例を用いて、事故が起こった後に一つの予防策を講じても、別のリスクが発生して事故が起こってしまうことが紹介されており、予防策を作る際には、その策が別のリスクが出ないかよく熟慮してから適用することが必要だと実感しました。また第2節から4節は、組織について触れられており、事故対策について議論するにはどんなチームを作ればよいのか、重大な事故を起こさないようにするには組織がどうあるべきなのかを解説しており、実作業を監督するような立場の人にぜひ読んでいただきたい内容となっています。

第4章はヒューマンエラーの防止方法というタイトルで、どのような工夫でヒューマンエラーを防止できるか身の回りにある対策を例に挙げながら解説しています。また第5章は、ヒューマンエラーの原因の特定と対策についてコンサルタントとして活動している筆者の体験談がまとめられています。第6章では、ヒューマンエラーを防ぐ実践的なテクニックを習得するために身の回りにあるリスクを問題形式で紹介しています。この4から6章の内容は本書において中心的な内容であり、多くの事例からヒューマンエラーの防止方法を学び読者が自分の活動に活かせる内容になっています。本書ではトピックの終わりにまとめの一言が添えられていますが、特にこの3章では、その一文が対策を考えるのに最も重要なポイントとなっており、ポイントをまとめて見返すだけで良い復習になるかと思います。

第7章は、学びとヒューマンエラーの関連性に触れており、どのような方法で教えるのが良いのかについて論述されています。第8章は安全か危険かを決める方法について解説されています。工業の世界では基本的な安全について定めた規格があり、安全認証の憲法となっていることは、本書を読んで知り参考になりました。

全体を通して、ヒューマンエラーの学問的な内容から実践までをカバーされており、文庫本としては内容がかなり充実しています。筆者も本文中で主張している通り、実践の内容については模範解答を読むだけではなく、自分なりの解決法を考えてみるのが自分にとって役立つ本書の使い方だと思います。

安全に関するケムステ過去記事

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. Reaction and Synthesis: In the O…
  2. 科学探偵 シャーロック・ホームズ -警察やFBIに先駆けて犯罪捜…
  3. 【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医…
  4. DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計…
  5. Essential Reagents for Organic S…
  6. 化学探偵Mr.キュリー7
  7. ChemSketchで書く簡単化学レポート
  8. Practical Functional Group Synth…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 林松 Song Lin
  2. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson Flavone Synthesis
  3. SelectfluorR
  4. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diiodo-5,5-dimethylhydantoin
  5. ワッカー酸化 Wacker oxidation
  6. 「化学の日」はイベント盛り沢山
  7. NMRの基礎知識【原理編】
  8. バーチ還元 Birch Reduction
  9. アダム・コーエン Adam E. Cohen
  10. TED.comで世界最高の英語プレゼンを学ぶ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

最新記事

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP