[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー医薬化学

  1. くすりに携わるなら知っておきたい! 医薬品の化学

    概要本書は、月刊誌「PHARM TECH JAPAN」で4年間にわたり連載した好評企画をまとめたもので、第I部「医薬品を支える化学」、第II部「創薬を目指す医薬品化学」、第III部「最近の創薬に思う」の三部構成である。それぞれを独立…

  2. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで

    概要従来の治療体系を大きく変えるような画期的な17の医薬品について,構造活性相関,有機合成経…

  3. 先制医療 -実現のための医学研究-

    概要増加する非感染性疾患の対策として注目される発症前診断,発症前介入を目指す先制医療を総力特…

  4. Lead Optimization for Medicinal Chemists

    内容医薬候補品に対する構造変換が小さなものであっても、薬物動態に与える影響は大きなものである…

  5. 次世代シーケンサー活用術〜トップランナーの最新研究事例に学ぶ〜

    内容本書では、”次世代シーケンサーを自分の研究に活用できるのか?”、”具体的にどうしたら研究…

  6. 最新 創薬化学 ~探索研究から開発まで~

  7. 創薬化学

  8. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-

  9. アート オブ プロセスケミストリー : メルク社プロセス研究所での実例

  10. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで

  11. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学

  12. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用

  13. 大村智 ー2億人を病魔から守った化学者

  14. 化学物質はなぜ嫌われるのか

  15. 創薬化学―有機合成からのアプローチ

  16. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization
  2. 株式会社ジーシーってどんな会社?
  3. Chemistry Reference Resolverをさらに便利に!
  4. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers
  5. イレッサ /iressa (gefitinib)
  6. カイニン酸 kainic acid
  7. 論文をグレードアップさせるーMayer Scientific Editing

注目情報

最新記事

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル…

電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

前回に引き続き(間がだいぶ空いてしまいましたが、、、)Signals Notebookの使い…

化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

第120回の海外化学者インタビューは、リッチモンド・サーポン教授です。カリフォルニア大学バークレー校…

PAGE TOP