[スポンサーリンク]

一般的な話題

トーンカーブをいじって画像加工を見破ろう

最近は何かと論文の不正が話題になります。査読で原稿が回ってきたときもなんとなくこの写真怪しいなーと思ったり、古い論文読んでいたら明らかこれいじってるよねーみたいな図を見つけたことがある方もおられることでしょう。この記事では写真の加工(切り貼り・改竄)を簡単な見破り方を紹介したいと思います。

その方法とはトーンカーブを波状にするだけです。

悪名高いSTAP細胞の論文で試してみましょう。

まず論文をダウンロードしてPDFを直接Photoshopにドラッグ&ドロップして、Figure1があるページを画像として読み込みます。

このような波状のトーンカーブ(雑にいじってもOK)を適用してFigure1を見ると、

怪しげな境界線がはっきり浮かび上がっています。切り貼りかくにん!よくない。

この方法、もともとは写真のRAW現像の際にゴミのチェックなどで使われるテクニックです。トーンカーブを波状にすると明度の細かい変化が可視化されます。なおPhotoshopでは任意のトーンカーブを保存できる他、アクションを作成してドロップレットを保存しておけば自動でチェック用画像を生成できるようになります。

定番フリーソフトのGIMPなどでもトーンカーブを使うことができます。不幸にも疑わしい写真を見つけてしまった方は試してみてください。

The following two tabs change content below.
GEN
国立大JK。エアロゲルやモノリス型マクロ多孔体を作製しています。専門分野はあいまいです。ピース写真付インタビューが化学の高校教科書に載りました。

関連記事

  1. 有機化学クロスワードパズル
  2. ハッピー・ハロウィーン・リアクション
  3. 耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VI…
  4. 光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発…
  5. 共有結合性リガンドを有するタンパク質の網羅的探索法
  6. (-)-ウシクライドAの全合成と構造決定
  7. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-2
  8. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 PartI

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学研究ライフハック: 研究現場のGTD式タスク管理 ①
  2. 論文執筆で気をつけたいこと20(1)
  3. 人工DNAを複製可能な生物ができた!
  4. (+)-ゴニオトキシンの全合成
  5. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー
  6. 化学五輪、日本代表4人の高校生が「銅」獲得
  7. MUKAIYAMA AWARD講演会
  8. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quinoline Synthesis
  9. 多置換ケトンエノラートを立体選択的につくる
  10. 研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP