[スポンサーリンク]


chemglossary生化学

  1. 蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

    蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速度を割り出す分光法である。一定温度において回転速度は分子の大きさ(重さ)と深い関わりがあるため、回転速度から流体力学半径を計算することができ…

  2. 逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR; reverse transcription PCR)

    DNAではなく、RNAを対象としたPCR法。逆転写酵素(reverse transcriptase)…

  3. 定量PCR(qPCR ; quantitative PCR)、リアルタイムPCR

    ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)を用いて、サンプルの中にある特定配列のDNA量を調べる方法。この方法を…

  4. 二水素錯体 Dihydrogen Complexes

    水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

  5. CRISPR(クリスパー)

    CRISPRは、clustered regularly interspaced short pali…

  6. スナップタグ SNAP-tag

  7. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

  8. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling

  9. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PDT)

  10. エピジェネティクス epigenetics

  11. ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction(PCR)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 超分子ポリマーを精密につくる
  2. マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rule
  3. Igor Larrosa イゴール・ラロッサ
  4. “アルデヒドを移し替える”新しいオレフィン合成法
  5. 科学警察研究所
  6. ぼくらを苦しめる「MUST (NOT)」の呪縛
  7. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました① 概要編

注目情報

最新記事

ケムステバーチャルプレミアムレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル…

電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

前回に引き続き(間がだいぶ空いてしまいましたが、、、)Signals Notebookの使い…

PAGE TOP