[スポンサーリンク]

ケムステニュース

シイタケ由来成分に抗アレルギー効果を確認

[スポンサーリンク]

βグルカンシイタケから抽出される「レンチナン」という高分子多糖体のβ-1,3-グルカンは以前から片寄った免疫応答を修復する働きがあるとして、がん免疫療法などに使用されてきた。

しかし、高分子量なので腸管から吸収されにくく、経静脈的に投与するしかなかった。そこで、レンチナンをミセル状に微粒子化したところ、経口摂取でも抗アレルギー効果を発揮することが分かった。

研究結果は6月10日、第5回日本抗加齢医学会総会で、明治鍼灸大学眼科の山田潤氏が発表した。(引用:nikkeibp.jp

レンチナンはβ-1,3-グルカン(β-1,3-gluacan)を主成分とする高分子です。グルカンとはブドウ糖がエーテル結合してできた多糖類で、食物繊維の一種です。ベータは結合のしかたによってα、βに分けられ、さらに結合する場所、この場合は糖の1位と3位で結合していることから、β-1,3-グルカンとなります。β-1.4-グルカンはセルロースですね。1,3-グルカンでも図のように6位で枝分かれしたものも含まれています。

?

怪しげなものもあるかもしれませんが、多くの書籍、商品がネット上でも売られていますね。しかし、レンチナンは抗がん剤として承認され 胃ガン患者などに化学療法と併用する注射型薬剤として利用されていることは事実です。

関連書籍


自己治癒力を高めてガンと闘う!―ベータ1,3Dグルカンによる代替医療のメカニズム


誰でもわかる免疫力強化法―ガン、ウイルス性肝炎ほか生活習慣病に克つ!「ベータ1,3Dグルカン」の威力

関連商品

ハイブリッドグルカンMD 顆粒 60g

「ハイブリッドグルカンMD 顆粒 60g」は、5種類のきのこから異なったβ-グルカンをブレンドした健康食品です。アガリクス・ブラゼイ・ムリル、霊芝、舞茸、椎茸、冬虫夏草の5種類のきのこを数段階に分け抽出、精製しました。健康維持にぜひお役立て下さい。

関連リンク

ベータグルカン/レンチナン/シスプラチン/治るドットコムnaoru.com

キノコ系に含まれるβ-グルカンが危険!は本当か?その真偽を探る

βグルカン(β1,3Dグルカン)とは

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 科学論文を出版するエルゼビアとの購読契約を完全に打ち切ったとカリ…
  2. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  3. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新
  4. 「不斉化学」の研究でイタリア化学会主催の国際賞を受賞-東理大硤合…
  5. 三井化学が進める異業種との協業
  6. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  7. タミフル―米国―厚労省 疑惑のトライアングル
  8. アレルギー治療に有望物質 受容体を標的に、京都大

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第31回Vシンポ「精密有機構造解析」を開催します!
  2. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認
  3. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III
  4. 648個の誘導体を合成!ペプチド創薬の新手法を開発
  5. ADC薬 応用編:捨てられたきた天然物は宝の山?・タンパクも有機化学の領域に!
  6. 100年前のノーベル化学賞ーフリッツ・ハーバーー
  7. セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon
  8. むずかしいことば?
  9. 有機合成化学協会誌2020年2月号:ナノポーラス スケルトン型金属触媒・フッ化アルキル・2,3,6-三置換ピリジン誘導体・ペプチドライゲーション・平面シクロオクタテトラエン・円偏光発光
  10. 第113回―「量子コンピューティング・人工知能・実験自動化で材料開発を革新する」Alán Aspuru-Guzik教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2005年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP