[スポンサーリンク]

ケムステニュース

シイタケ由来成分に抗アレルギー効果を確認

[スポンサーリンク]

βグルカンシイタケから抽出される「レンチナン」という高分子多糖体のβ-1,3-グルカンは以前から片寄った免疫応答を修復する働きがあるとして、がん免疫療法などに使用されてきた。

しかし、高分子量なので腸管から吸収されにくく、経静脈的に投与するしかなかった。そこで、レンチナンをミセル状に微粒子化したところ、経口摂取でも抗アレルギー効果を発揮することが分かった。

研究結果は6月10日、第5回日本抗加齢医学会総会で、明治鍼灸大学眼科の山田潤氏が発表した。(引用:nikkeibp.jp

レンチナンはβ-1,3-グルカン(β-1,3-gluacan)を主成分とする高分子です。グルカンとはブドウ糖がエーテル結合してできた多糖類で、食物繊維の一種です。ベータは結合のしかたによってα、βに分けられ、さらに結合する場所、この場合は糖の1位と3位で結合していることから、β-1,3-グルカンとなります。β-1.4-グルカンはセルロースですね。1,3-グルカンでも図のように6位で枝分かれしたものも含まれています。

?

怪しげなものもあるかもしれませんが、多くの書籍、商品がネット上でも売られていますね。しかし、レンチナンは抗がん剤として承認され 胃ガン患者などに化学療法と併用する注射型薬剤として利用されていることは事実です。

関連書籍


自己治癒力を高めてガンと闘う!―ベータ1,3Dグルカンによる代替医療のメカニズム


誰でもわかる免疫力強化法―ガン、ウイルス性肝炎ほか生活習慣病に克つ!「ベータ1,3Dグルカン」の威力

関連商品

ハイブリッドグルカンMD 顆粒 60g

「ハイブリッドグルカンMD 顆粒 60g」は、5種類のきのこから異なったβ-グルカンをブレンドした健康食品です。アガリクス・ブラゼイ・ムリル、霊芝、舞茸、椎茸、冬虫夏草の5種類のきのこを数段階に分け抽出、精製しました。健康維持にぜひお役立て下さい。

関連リンク

ベータグルカン/レンチナン/シスプラチン/治るドットコムnaoru.com

キノコ系に含まれるβ-グルカンが危険!は本当か?その真偽を探る

βグルカン(β1,3Dグルカン)とは

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒
  2. 抗アレルギー薬「アレジオン」の販売、BIに一本化
  3. 化学療法と抗がん剤の併用で進行期非扁平非小細胞肺癌の生存期間延長…
  4. Jエナジーと三菱化が鹿島製油所内に石化製品生産設備を700億円で…
  5. 信越化学、日欧でセルロース増産投資・建材向け堅調
  6. 1回飲むだけのインフル新薬、5月発売へ 塩野義製薬
  7. 三井化学、触媒科学賞の受賞者を決定
  8. 京大融合研、産学連携で有機発光トランジスタを開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルドール・スイッチ Aldol-Switch
  2. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters
  3. n型半導体特性を示すペリレン誘導体
  4. ぼくらを苦しめる「MUST (NOT)」の呪縛
  5. 製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表
  6. アルゴン (argon; Ar)
  7. 入門 レアアースの化学 
  8. 変わったガラス器具達
  9. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  10. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2005年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

注目情報

最新記事

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP