[スポンサーリンク]

chemglossary

ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction

 ポリメラーゼ連鎖反応(polymerase chain reaction, PCR)とは、特定の塩基配列をもつDNA断片を迅速に増幅できる技術です。

1986年にキャリー・マリスによって発明されました。彼はデート中にPCR法の着想を得た、というユニークな逸話をもつ技術としても知られています。この功績によりマリスは1993年のノーベル化学賞を受賞しています。

プライマーという短いDNA断片に挟まれる区間のDNA配列を、指数関数的に増幅させることが出来ます。現在では分子生物学・医学など、DNAを扱う研究領域であれば常套手段となっています。原理については以下のムービーをどうぞ。

その威力は絶大なもので、フェムトモル(1000兆分の1モル)程度のDNAがあれば、検出容易な程度にまで増幅が可能だとか。いやはや凄いですね。

比較的身近では、犯罪捜査におけるDNA鑑定がその応用先としてあげられます。遺留品から採取されたヒトDNAのなかでも、個人差の大きな部分の塩基配列をPCRで増幅して調べています。

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 界面活性剤 / surface-active agent, su…
  2. メカニカルスターラー
  3. クライン・プレログ表記法 Klyne-Prelog Nomenc…
  4. メビウス芳香族性 Mobius aromacity
  5. E値 Environmental(E)-factor
  6. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthes…
  7. 不斉触媒 Asymmetric Catalysis
  8. 蓄電池 Rechargeable Battery

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Reaxys Ph.D Prize 2014受賞者決定!
  2. 存命化学者達のハーシュ指数ランキングが発表
  3. プレプリントサーバー:ジャーナルごとの対応差にご注意を【更新版】
  4. コーンブルム ニトロ化反応 Kornblum Nitoration
  5. 安達 千波矢 Chihaya Adachi
  6. クロスカップリングの研究年表
  7. 可視光によるC–Sクロスカップリング
  8. ブレデレック ピリミジン合成 Bredereck Pyrimidine Synthesis
  9. アルファリポ酸 /α-lipoic acid
  10. シャピロ反応 Shapiro Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第173回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

BioUnion(バイオユニオン)はグラスアイオノマーで培ってきたイオンの働きに着目し,新たに完成さ…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に98年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

キノコから見いだされた新規生物活性物質「ヒトヨポディンA」

第172回目のスポットライトリサーチは、理化学研究所 環境資源科学研究センター ケミカルバイオロジー…

PAGE TOP