[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース生化学

  1. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

    アビシェック・チャッタージー(Abhishek Chatterjee、19xx年xx月x日-)は、米国在住の化学者である。ボストンカレッジ 助教授。(写真: Boston College) (さらに…)…

  2. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

    フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

  3. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl

    フランツ=ウルリッヒ・ハートル (Franz-Ulrich Hart l957年3月10日- エッセ…

  4. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

    リチャード・ヘンダーソン(Richard Henderson 1945年7月19日)はイギリスの分子…

  5. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich

    アーサー・L・ホーウィッチ(Arthur L. Horwich、1951年1月4日- シカゴ生まれ)…

  6. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  7. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  8. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  9. Thomas R. Ward トーマス・ワード

  10. ベン・デイヴィス Ben G. Davis

  11. エド・ボイデン Edward Boyden

  12. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo

  13. ジョージ・チャーチ George M. Church

  14. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek

  15. 沈 建仁 Jian-Ren Shen

  16. 神谷 信夫 Nobuo Kamiya

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–
  2. 輸出貿易管理令
  3. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama
  4. イオンのビリヤードで新しい物質を開発する
  5. 有機合成化学協会誌2018年3月号:π造形科学・マグネシウムカルベノイド・Darzens反応・直接的触媒的不斉アルキニル化・光環化付加反応
  6. Reaxysレクチャー&第9回平田メモリアルレクチャー
  7. 高脂血症薬がウイルス抑制/C型肝炎で厚労省研究班

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

PAGE TOP