[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース生化学

  1. 辻村 みちよ

    辻村みちよは(埼玉県足立郡桶川町(現桶川市), 1888年9月17日-1969年6月1日)は、日本の農学者である。お茶の水女子大学教授、実践女子大学教授。緑茶の成分に関する研究で顕著な業績を上げた。経歴1913 東京府立女子師範学校…

  2. 宮田完ニ郎 Miyata Kanjiro

    宮田 完ニ郎 (みやた かんじろう) は、日本の有機化学者である。東京大学大学院工学系研究科マテリア…

  3. 荘司 長三 Osami Shoji

    荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。…

  4. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers

    マーヴィン・カルザース(Marvin H. Caruthers;1940年2月11日-)は、アメリカ…

  5. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

    エドウィン・サザン(Edwin M. Southern;1938年6月7日-)は、イギリスの分子生物…

  6. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil

  7. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

  8. ジョージ・スミス George P Smith

  9. クリストフ・レーダー Christoph Rader

  10. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  11. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

  12. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl

  13. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

  14. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich

  15. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  16. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 抗がん剤などの原料の新製造法
  2. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)
  3. ピラーアレーン
  4. 米国ACSジャーナル・冊子体廃止へ
  5. アカデミックの世界は理不尽か?
  6. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyaceticacid
  7. Carl Boschの人生 その8

注目情報

最新記事

【速報】HGS 分子構造模型「 立体化学 学生用セット」販売再開!

いまから約7年前の2015年10月。分子を愛する学生・研究者に悲報が届けられた。…

次世代型合金触媒の電解水素化メカニズムを解明!アルキンからアルケンへの選択的水素化法

第383回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院 理工学府 修士2年(研究当時)の野上 周嗣…

LG化学より発表されたプラスチックに関する研究成果

LG Chem develops advanced plastic materials …

経験の浅い医療系技術者でも希望にかなう転職を実現。 専門性の高い職種にこそ求められる「ビジョンマッチング」

「人財躍動化」をビジョンに掲げるAdecco Group Japanの人財紹介事業ブランドSprin…

創薬における中分子

ここ10年の間で、低分子・高分子の間の化合物の分類として 中分子 という言葉が台頭し…

PAGE TOP