[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース生化学

  1. 荘司 長三 Osami Shoji

    荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。専門は生物無機化学、金属酵素を用いるバイオ触媒反応の開発、人工金属酵素触媒の開発、細菌の鉄獲得阻害剤の開発など。経歴 1997…

  2. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers

    マーヴィン・カルザース(Marvin H. Caruthers;1940年2月11日-)は、アメリカ…

  3. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

    エドウィン・サザン(Edwin M. Southern;1938年6月7日-)は、イギリスの分子生物…

  4. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil

    ウォルフガング クローティル (Wolfgang Kroutil, 1972年8月5日-) Graz…

  5. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

    ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

  6. ジョージ・スミス George P Smith

  7. クリストフ・レーダー Christoph Rader

  8. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  9. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

  10. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl

  11. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

  12. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich

  13. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  14. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  15. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  16. Thomas R. Ward トーマス・ワード

スポンサー

ピックアップ記事

  1. トップリス ツリー Topliss Tree
  2. 異分野交流のすゝめ
  3. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授
  4. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric Acid
  5. オンライン授業を受ける/するってどんな感じ? 【アメリカで Ph. D. を取る: コロナ対応の巻】
  6. 生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明
  7. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

注目情報

最新記事

【マイクロ波化学(株)環境/化学分野向けウェビナー】 #CO2削減 #リサイクル #液体 #固体 #薄膜 #乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントでは、環境/化学分野の事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波をご紹介…

医療用酸素と工業用酸素の違い

 スズキは29日、インドにある3工場の生産を一時停止すると明らかにした。インドでは新型コロナウイルス…

世界初のジアゾフリーキラル銀カルベン発生法の開発と活性化されていないベンゼノイドの脱芳香族化反応への応用

第310回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 (根本研究室)・伊藤 翼さんにお願い…

キムワイプをつくった会社 ~キンバリー・クラーク社について~

Tshozoです。本件先日掲載されたこちらのArticleの追っかけでネタ色が強いですが書いてみるこ…

Advanced Real‐Time Process Analytics for Multistep Synthesis in Continuous Flow

In multistep continuous flow chemistry, studying c…

PAGE TOP