[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース生化学

  1. 荘司 長三 Osami Shoji

    荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。専門は生物無機化学、金属酵素を用いるバイオ触媒反応の開発、人工金属酵素触媒の開発、細菌の鉄獲得阻害剤の開発など。経歴 1997…

  2. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers

    マーヴィン・カルザース(Marvin H. Caruthers;1940年2月11日-)は、アメリカ…

  3. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

    エドウィン・サザン(Edwin M. Southern;1938年6月7日-)は、イギリスの分子生物…

  4. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil

    ウォルフガング クローティル (Wolfgang Kroutil, 1972年8月5日-) Graz…

  5. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

    ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

  6. ジョージ・スミス George P Smith

  7. クリストフ・レーダー Christoph Rader

  8. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  9. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

  10. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl

  11. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

  12. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich

  13. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  14. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  15. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  16. Thomas R. Ward トーマス・ワード

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2014年ノーベル化学賞・物理学賞解説講演会
  2. アジサイには毒がある
  3. 硫黄化合物で新めっき 岩手大工学部
  4. 液クロ虎の巻シリーズ
  5. 「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授
  6. ダニエル・ノセラ Daniel G. Nocera
  7. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成

注目情報

最新記事

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

PAGE TOP