[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース生化学

  1. 荘司 長三 Osami Shoji

    荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。専門は生物無機化学、金属酵素を用いるバイオ触媒反応の開発、人工金属酵素触媒の開発、細菌の鉄獲得阻害剤の開発など。経歴 1997…

  2. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers

    マーヴィン・カルザース(Marvin H. Caruthers;1940年2月11日-)は、アメリカ…

  3. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

    エドウィン・サザン(Edwin M. Southern;1938年6月7日-)は、イギリスの分子生物…

  4. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil

    ウォルフガング クローティル (Wolfgang Kroutil, 1972年8月5日-) Graz…

  5. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

    ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

  6. ジョージ・スミス George P Smith

  7. クリストフ・レーダー Christoph Rader

  8. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  9. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

  10. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl

  11. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

  12. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich

  13. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  14. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  15. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  16. Thomas R. Ward トーマス・ワード

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 国公立大入試、2次試験の前期日程が実施 ~東京大学の化学の試験をレビュー~
  2. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)
  3. 【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~
  4. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”触媒の開発動向
  5. 2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る
  6. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyde
  7. 【味の素ファインテクノ】新卒採用情報(2021卒)

注目情報

最新記事

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル…

電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

前回に引き続き(間がだいぶ空いてしまいましたが、、、)Signals Notebookの使い…

化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

第120回の海外化学者インタビューは、リッチモンド・サーポン教授です。カリフォルニア大学バークレー校…

PAGE TOP