[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース生化学

  1. 荘司 長三 Osami Shoji

    荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。専門は生物無機化学、金属酵素を用いるバイオ触媒反応の開発、人工金属酵素触媒の開発、細菌の鉄獲得阻害剤の開発など。経歴 1997…

  2. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers

    マーヴィン・カルザース(Marvin H. Caruthers;1940年2月11日-)は、アメリカ…

  3. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

    エドウィン・サザン(Edwin M. Southern;1938年6月7日-)は、イギリスの分子生物…

  4. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil

    ウォルフガング クローティル (Wolfgang Kroutil, 1972年8月5日-) Graz…

  5. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

    ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

  6. ジョージ・スミス George P Smith

  7. クリストフ・レーダー Christoph Rader

  8. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  9. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

  10. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl

  11. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

  12. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich

  13. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  14. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  15. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  16. Thomas R. Ward トーマス・ワード

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 安藤弘宗 Hiromune Ando
  2. ミヤコシンA (miyakosyne A)
  3. 有機合成化学協会誌2018年2月号:全アリール置換芳香族化合物・ペルフルオロアルキル化・ビアリール型人工アミノ酸・キラルグアニジン触媒・[1,2]-ホスファ-ブルック転位
  4. 2008年10大化学ニュース2
  5. PACIFICHEM2010に参加してきました!③
  6. リチウム Lithium -リチウム電池から医薬品まで
  7. 究極の二量体合成を追い求めて~抗生物質BE-43472Bの全合成

注目情報

最新記事

経営戦略を成功に導く知財戦略【実践事例集】

知財の力を使って経営戦略を成功に導くためのプロセスを詳細に記載した文献です。イノベーションの創出、事…

最新プリント配線板技術ロードマップセミナー開催発表!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大に伴い、国内でも多くの学会やシンポジウムが中止…

荘司 長三 Osami Shoji

荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。…

合成化学者のための固体DNP-NMR

先日、2020年7月7日の第5回ケムステVシンポで山東先生による溶液DNP-NMRの利用に関するご講…

第104回―「生体分子を用いる有機エレクトロニクス」David Cahen教授

第104回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・カーヘン教授です。ワイツマン研究所化学科・マテリア…

PAGE TOP