[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース生化学

  1. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers

    マーヴィン・カルザース(Marvin H. Caruthers;1940年2月11日-)は、アメリカの生化学者である。コロラド大学教授。DNAの化学合成法(ホスホロアミダイト法)の開発で知られる(画像:University of Color…

  2. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

    エドウィン・サザン(Edwin M. Southern;1938年6月7日-)は、イギリスの分子生物…

  3. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil

    ウォルフガング クローティル (Wolfgang Kroutil, 1972年8月5日-) Graz…

  4. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

    ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

  5. ジョージ・スミス George P Smith

    ジョージ・スミス(George P Smith, 1941年ー)は米国の生化学者である。ミズーリ大学…

  6. クリストフ・レーダー Christoph Rader

  7. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  8. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

  9. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl

  10. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

  11. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich

  12. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  13. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  14. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  15. Thomas R. Ward トーマス・ワード

  16. ベン・デイヴィス Ben G. Davis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide
  2. サントリー、ビールの「エグミ物質」解明に成功
  3. ジ-π-メタン転位 Di-π-methane Rearrangement
  4. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(7年目)(留学後編)
  5. Callipeltosideの全合成と構造訂正
  6. Reaxys Ph.D Prize 2014受賞者決定!
  7. 2017卒大学生就職企業人気ランキングが発表

注目情報

最新記事

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

PAGE TOP