[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース生化学

  1. 荘司 長三 Osami Shoji

    荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。専門は生物無機化学、金属酵素を用いるバイオ触媒反応の開発、人工金属酵素触媒の開発、細菌の鉄獲得阻害剤の開発など。経歴 1997…

  2. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers

    マーヴィン・カルザース(Marvin H. Caruthers;1940年2月11日-)は、アメリカ…

  3. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

    エドウィン・サザン(Edwin M. Southern;1938年6月7日-)は、イギリスの分子生物…

  4. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil

    ウォルフガング クローティル (Wolfgang Kroutil, 1972年8月5日-) Graz…

  5. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

    ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

  6. ジョージ・スミス George P Smith

  7. クリストフ・レーダー Christoph Rader

  8. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  9. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

  10. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl

  11. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

  12. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich

  13. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  14. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  15. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  16. Thomas R. Ward トーマス・ワード

スポンサー

ピックアップ記事

  1. START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会2018
  2. ブラシノステロイド (brassinosteroid)
  3. ウランガラス
  4. 2020年ノーベル化学賞は「CRISPR/Cas9ゲノム編集法の開発」に!SNS予想と当選者発表
  5. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II) Trifluoroacetate
  6. 2011年日本化学会各賞発表-学会賞-
  7. ACSで無料公開できるかも?論文をオープンにしよう

注目情報

最新記事

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

PAGE TOP