[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース生化学

  1. ジョージ・スミス George P Smith

    ジョージ・スミス(George P Smith, 1941年ー)は米国の生化学者である。ミズーリ大学コロンビア校の教授。2018年度ノーベル化学賞受賞。経歴1963 ハバフォード大学卒業1970 ハーバード大学博士課程修了1…

  2. クリストフ・レーダー Christoph Rader

    クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

  3. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

    アビシェック・チャッタージー(Abhishek Chatterjee、19xx年xx月x日-)は、米…

  4. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

    フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

  5. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl

    フランツ=ウルリッヒ・ハートル (Franz-Ulrich Hart l957年3月10日- エッセ…

  6. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

  7. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich

  8. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  9. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  10. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  11. Thomas R. Ward トーマス・ワード

  12. ベン・デイヴィス Ben G. Davis

  13. エド・ボイデン Edward Boyden

  14. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo

  15. ジョージ・チャーチ George M. Church

  16. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek

スポンサー

ピックアップ記事

  1. オカモト株式会社茨城工場
  2. ボリルアジドを用いる直接的アミノ化
  3. ブラッテラキノン /blattellaquinone
  4. 工程フローからみた「どんな会社が?」~半導体関連
  5. ChemDrawの開発秘話〜SciFinder連携機能レビュー
  6. 2007年ノーベル医学・生理学賞発表
  7. アルダー エン反応 Alder Ene Reaction

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

PAGE TOP