[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース生化学

  1. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers

    マーヴィン・カルザース(Marvin H. Caruthers;1940年2月11日-)は、アメリカの生化学者である。コロラド大学教授。DNAの化学合成法(ホスホロアミダイト法)の開発で知られる(画像:University of Color…

  2. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

    エドウィン・サザン(Edwin M. Southern;1938年6月7日-)は、イギリスの分子生物…

  3. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil

    ウォルフガング クローティル (Wolfgang Kroutil, 1972年8月5日-) Graz…

  4. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

    ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

  5. ジョージ・スミス George P Smith

    ジョージ・スミス(George P Smith, 1941年ー)は米国の生化学者である。ミズーリ大学…

  6. クリストフ・レーダー Christoph Rader

  7. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  8. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

  9. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl

  10. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

  11. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich

  12. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  13. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  14. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  15. Thomas R. Ward トーマス・ワード

  16. ベン・デイヴィス Ben G. Davis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  2. 真空ポンプはなぜ壊れる?
  3. 新たな製品から未承認成分検出 大津の会社製造
  4. 【書籍】10分間ミステリー
  5. English for Writing Research Papers
  6. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現
  7. ケー・シー・ニコラウ K. C. Nicolaou

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

PAGE TOP