[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース生化学

  1. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers

    マーヴィン・カルザース(Marvin H. Caruthers;1940年2月11日-)は、アメリカの生化学者である。コロラド大学教授。DNAの化学合成法(ホスホロアミダイト法)の開発で知られる(画像:University of Color…

  2. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

    エドウィン・サザン(Edwin M. Southern;1938年6月7日-)は、イギリスの分子生物…

  3. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil

    ウォルフガング クローティル (Wolfgang Kroutil, 1972年8月5日-) Graz…

  4. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

    ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

  5. ジョージ・スミス George P Smith

    ジョージ・スミス(George P Smith, 1941年ー)は米国の生化学者である。ミズーリ大学…

  6. クリストフ・レーダー Christoph Rader

  7. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  8. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

  9. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl

  10. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

  11. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich

  12. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  13. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  14. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  15. Thomas R. Ward トーマス・ワード

  16. ベン・デイヴィス Ben G. Davis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学の資格もってますか?
  2. 抗体触媒 / Catalytic Antibody
  3. 富士通、化合物分子設計統合支援ソフト「キャッシュ」新バージョンを販売
  4. 薬学部6年制の現状と未来
  5. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(4年目)
  6. ChemDraw の使い方【作図編④: 反応機構 (前編)】
  7. ノーベル賞化学者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」応募開始

注目情報

最新記事

ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

PAGE TOP