[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース生化学

  1. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil

    ウォルフガング クローティル (Wolfgang Kroutil, 1972年8月5日-) Graz, オーストリア生の生物有機化学者。専門は酵素化学。Karl Franzens Universität Graz教授(写真:https://…

  2. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

    ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

  3. ジョージ・スミス George P Smith

    ジョージ・スミス(George P Smith, 1941年ー)は米国の生化学者である。ミズーリ大学…

  4. クリストフ・レーダー Christoph Rader

    クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

  5. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

    アビシェック・チャッタージー(Abhishek Chatterjee、19xx年xx月x日-)は、米…

  6. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

  7. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl

  8. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

  9. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich

  10. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  11. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  12. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  13. Thomas R. Ward トーマス・ワード

  14. ベン・デイヴィス Ben G. Davis

  15. エド・ボイデン Edward Boyden

  16. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo

スポンサー

ピックアップ記事

  1. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reaction
  2. パッセリーニ反応 Passerini Reaction
  3. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman
  4. 電話番号のように文献を探すーRefPapers
  5. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞
  6. ルーベン・マーティン Ruben Martin
  7. 海洋天然物パラウアミンの全合成

注目情報

最新記事

研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ③

さて、前回に引き続いて、「エバポ用真空制御装置の自作」に挑戦しています。前回までの記事では、…

AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~

AIの機械学習による創薬が化学業界で注目を集めています。2019年3月に米国サンフランシスコで開催さ…

特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

1. 高粘度撹拌、高温・高圧・高真空に対応可能な反応釜高粘度でも撹拌できる大容量攪拌機と効率用除…

ライトケミカル工業2021年採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

中高生・高専生でも研究が学べる!サイエンスメンタープログラム

研究室に入って本格的な研究を始めるのは、大学4年生からが一般的。でも最近は、中高生が研究に取り組める…

PAGE TOP