[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース生化学

  1. bassler

    ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler

    ボニー・L.・バスラー (Bonnie Lynn Bassler , 1962年XX月XX日-)は、アメリカの微生物学者・生化学者である。プリンストン大学教授。経歴1984 the University of California …

  2. E.・ピーター・グリーンバーグ E. Peter Greenberg

    E・ピーター・グリーンバーグ(Everett Peter Greenberg, 1948年11月7日…

  3. 辻村 みちよ

    辻村みちよは(埼玉県足立郡桶川町(現桶川市), 1888年9月17日-1969年6月1日)は、日本の…

  4. 宮田完ニ郎 Miyata Kanjiro

    宮田 完ニ郎 (みやた かんじろう) は、日本の有機化学者である。東京大学大学院工学系研究科マテリア…

  5. 荘司 長三 Osami Shoji

    荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。…

  6. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers

  7. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

  8. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil

  9. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

  10. ジョージ・スミス George P Smith

  11. クリストフ・レーダー Christoph Rader

  12. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  13. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

  14. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl

  15. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

  16. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第3回ITbM国際シンポジウム(ISTbM-3)、第11回平田アワード、第1回岡崎アワード
  2. 【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に!
  3. 第56回「複合ナノ材料の新機能を時間分解分光で拓く」小林洋一 准教授
  4. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門
  5. メルマガ有機化学 (by 有機化学美術館) 刊行中!!
  6. 天然物の生合成に関わる様々な酵素
  7. エステルをアルデヒドに変換する新手法

注目情報

最新記事

松田 豊 Yutaka Matsuda

松田 豊(まつだゆたか, 1985年07月04日-)は、抗体薬物複合体(ADC)の製造技術を開発して…

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

PAGE TOP