[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

化学研究ライフハック:Twitter活用のためのテクニック

[スポンサーリンク]

 

つぶやき配信サービス・ツィッター(Twitter)。Chem-Stationでも導入して2ヶ月あまりが経ちました。既に70人近くにフォローいただき、とても有り難いことです。【2009.10.20追記】 フォロワー250人突破!ありがとうございます。

さて、以前のPR記事でも述べたとおり、ケムステでは学会実況・更新情報・小ネタの配信などにツィッターを日々活躍させております。「つぶやき」の右カラムにも専用スペースを設置してあり、最近のつぶやきはそちらからもご覧いただけます。

まだ未登録の方は、とりあえずあれこれ考えるよりも、まずはじめてみましょう! Twitterの公式サイトから10分で無料登録出来ます。Twitterアカウントをお持ちの方で、ケムステ未フォローの方は、是非フォローをお願いします!(→Chem-Station Twitterへ)

 

ただ、ユーザのつぶやきを眺めてみると、「何をやって良いのか良く分からない」「フォロー数が増えると情報が多すぎて処理しきれない」・・・などという声も、ちらほら聞こえてきているようです。ツィッター自体、全く新しく発展途上のメディアゆえに、まさにごもっともな意見かと思えます。

 

そこで今回は「化学研究ライフハック」の一環として、初心者向け・ツィッター活用のための基本テクニックをご紹介しましょう!

リプライ (@)

「これには一言言いたい!」「オレ・私はこう思うんだけどなぁ」「そうそう、そうですよね!」・・・流れてくるつぶやきを見て、こんなことを感じる機会も多いと思います。

そんな時は、メッセージに対してリプライ(返信)してみましょう。これは要するに「相手を名指しでつぶやく」ことです。

やり方はカンタンで、リプライしたいユーザ名を、@記号の後に付けてつぶやくだけです。つぶやきの横にあるリプライアイコンをクリックしても、同じ事が出来ます。こうすることで、@を付けたユーザにつぶやきが通知される仕組みになっています。

twitter_beg_2.gif
例えばケムステーションのつぶやきにリプライしたいときは、メッセージボックスに@chemstationと入力してつぶやけばOkです(リプライお待ちしております!)

返信を非公開にしたい場合は、ダイレクトメッセージ機能を使います。ホーム右にあるダイレクトメッセージリンクをクリックしてメッセージを送ればOKです (ただしフォローしているユーザのみ可能)。

 

Retweet (RT)

「このつぶやきは面白かった!役に立った!みんなにツィッターで紹介したいなぁコレ・・・」

ツィッター上で見つけた情報を皆に広めたい場合は、Retweet(再つぶやき)をします。ツィッター界における引用文化ですね。RT(ReTweetの略号)と書いた後に@リプライをするのが慣習になってるようです。

例えば、ケムステーションのつぶやきをReTweetされたユーザの一人は、こんな感じでつぶやいています。

twitter_beg_1.jpg

Retweet経過を追えるサービスも出てきており、つぶやきの波及効果も知れるようになりつつあります。

 

ハッシュタグ(#)

つぶやきをみていて、たまーに#マークが付いてる文が流れているのは、ご存じでしたか?
これはハッシュタグと呼ばれるもので、最近公式対応された機能です。

ある特定の共通話題についてつぶやきたい場合に、ハッシュタグを使います。@hashtagsをフォローしたあとに、#の後にトピックコードを付与してつぶやくだけでOK。

例えば現在、ワシントンDCでACS Meeting(アメリカ化学会の年会)が開催されています。そのハッシュタグは#acs_dcになります。自分のつぶやきがACS Meetingに関係したものであれば、「#acs_dc」と入力してつぶやけば、共通話題にのっかることができるのです。

twitter_beg_3.gif ハッシュタグをうまく使うことで、特定のトピックについて積極的参加ができ、またリアルタイム進行状況も簡単に追えるようになります。

各トピックにどんなハッシュタグが使われているのか探したい時は、hashtagsjpなどの専用検索サービスを使うのが便利です。

【2009.10.20追記】 ハッシュタグの着いていない特定のキーワードを追うには、Buzztterというサービスが大変に便利です。たとえば「Buzztter – 化学」などは化学情報源としても重宝されそうです。

 

ケータイ・PCで快適にツィッター!

ツィッターはハードルの低い気楽なサービスゆえ、いちいちWebサイトに飛んでつぶやくのはかなり面倒くさいものです。「手持ちぶさたの時にショートメール感覚で使える」ぐらいにはしたいところですね。

そういう人々のために、ケータイ対応のツィッターサービスが幾つか公開されています。モバツィッターMovatterなどがとりわけ便利です(こちらの記事も参照)。

iPhone/iPod Touchに対しても専用アプリが公開されています。上記モバツィッターiphone版iMovatwitterの他にも、TwitterFon(無料TwitterFon・有料ProTwitterFon Pro)、Tweetie(有料Tweetie)、Twittelator(有料Twittelator Pro)などが良質アプ
リとして知られています。

中級者向けですが、メッセンジャーソフトをTwitterクライアントとして使う方法、FireFoxのTwitterfoxプラグインを使う方法などもあります。 いずれも必要十分な機能を備え、余分なプログラムスペースを取らないので鬱陶しくありません。PCに向かう機会が多い人には、おススメです。筆者も現在はTwitterfoxで閲覧しています。

 

化学系Twitterをフォロー!

化学の世界にもTwitterユーザは沢山います。・・・しかし、探してみたところ英語圏が現状の主流。化学系ツィッターユーザ、日本でももっと増えて欲しいものだ・・・。

現在フォローできる化学系良質ツィッターとして、以下のものを紹介しておきます。ほとんど英語ばかりですが、日々なかなかに面白い情報を送ってくれます。【2009.10.20 加筆修正】

@chemstation
皆さんご存じ、化学ポータルサイトChem-Station公式Twitter。日々の更新情報、学会実況、小ネタなどを配信してます。

@echochem
「生活環境化学の部屋」ブログ「こども省」を長年運営され、Web上での化学情報発信につとめておられる、本間善夫先生。Twitter上でももちろん相当アクティブに活動されておられます。

@OrgChemMuse
Chem-Station読者なら皆さんご存じでしょう、「有機化学美術館」ブログ版「有機化学美術館・分館」を運営しておられる、化学サイエンスライターさとう氏。

@totsyn
最新の全合成研究を紹介しているブログ「TotallySynthetic,com」を管理されておられるPaul Docherty氏。

@chem_tweet
化学に関する小ネタを紹介しています。英語ですが、なかなかのトリビア満載で面白いです。おすすめ。

@J_A_C_S (Journal of American Chemical Society)
@angew_chem (Angewandte Chemie International Edition)
@ChemicalBiology (ACS Chemical Biology)
@NatureChemistry (Nature Chemistry)
@NatureMaterials (Nature Materials)
@NatureMedicine (Nature Medicine)
@ChemSocRev (Chemial Society Review)
各種化学ジャーナルのエディター側でも、それぞれが公式ツィッターを配信しています。注目論文情報や無料購読情報、学会報告などが配信されています。フォローしておくとちょっとだけオトク。

@sigmaaldrich
試薬メーカー、シグマアルドリッチ社の公式ツイッター。新製品情報や安売り情報、出版物情報などが配信されます。意外にも便利情報が頻度高く入ってくるものの一つ。

@ChemistryWorld
RSC publishing groupsが発行している、化学情報誌ChemistryWolrdの公式Twitter。ニュースや注目論文、学会情報などを積極的に配信しています。

@Nobelprize_org
ノーベル賞財団の公式Twitter。昨年、下村脩教授がノーベル化学賞を受賞しましたが、今年(2009年)の化学賞受賞も期待できる日本人候補者が実は沢山揃っています。10月の発表に備えてフォローしておき、そのときをリアルタイムに待ちましょう!

「Twitterを使い始めた人向け」のテクニックをご紹介しましたが、いかがでしたか? 何にせよ、自分から積極的に関わろうとするのが、サービスを楽しく使うコツのようです。

便利なTwitterの使い方を他にもご存じの方は、是非コメント欄などで教えてくださいね。

 

関連リンク

<Twitter初心者用の解説サイト>

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weeken…
  2. オープンアクセス論文が半数突破か
  3. お”カネ”持ちな会社たち-1
  4. システインから無機硫黄を取り出す酵素反応の瞬間を捉える
  5. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒
  6. ハウアミンAのラージスケール合成
  7. 実験でよくある失敗集30選|第2回「有機合成実験テクニック」(リ…
  8. 農工大で爆発事故発生―だが毎度のフォローアップは適切か?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 3色に変化する熱活性化遅延蛍光材料の開発
  2. 第12回 DNAから人工ナノ構造体を作るーNed Seeman教授
  3. 旭化成ファーマ、北海道に「コエンザイムQ10」の生産拠点を新設
  4. 多彩な蛍光を発する単一分子有機化合物をつくる
  5. ケムステイブニングミキサー2015を終えて
  6. 日本科学未来館
  7. リガンド結合部位近傍のリジン側鎖をアジド基に置換する
  8. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より
  9. デヴィッド・レイ David A. Leigh
  10. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP