[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich

アーサー・L・ホーウィッチ(Arthur L. Horwich、1951年1月4日- シカゴ生まれ)は、米国の生物学者である。イェール大学教授。

経歴

1973 ブラウン大学入学卒業
1975 ブラウン大学メディカルスクール博士(M.D)
1975 イェールニューヘブン病院インターン
1978 ソーク研究所博士研究員
1981 イェール大学医学大学院博士研究員
1984 イェール大学助教授
1987 イェール大学准教授
1995 イェール大学教授
1999 ハワード・ ヒューズ医学研究所研究員兼任

受賞歴

2001 Hans Neurath Award, Protein Society
2004 ガードナー国際賞
2006 Stein and Moore Award, Protein Society
2007 ワイリー賞
2008 Rosenstiel Award for Distinguished Work in Basic Medical Science
2008 ルイザ・グロス・ホロウィッツ賞
2011 ラスカー賞(基礎医学部門)
2011 Massry Prize
2012 Shaw Prize in Life Science and Medicine

研究概要

分子シャペロンの発見

細胞内でのタンパク質のフォールディングを助ける分子マシン、特に、新生タンパク質を活性のある構造に変換する「かご」状構造(GroEL)の発見

1989年にドイツの生化学者Hartlとほぼ同時期に独立して、タンパク質の折りたたみを援助する大腸菌のシャペロニンを発見[1,2]。

1994年にはSiglerとともにX線結晶構造解析でGroELの構造を決定した[3]。1997年にはGroELとGroES(Hsp10)複合体のX線結晶構造解析に成功し、それらが結合するためにはアデノシン三リン酸(ATP)が必要であることがわかった。同時にそれを元にした、タンパク質折りたたみの機構を提唱した[5]

タンパク質の折りたたみ機構

 

参考文献

  1. Cheng, M.Y., Hartl, F.U., Martin, J., Pollock, R.A., Kalousek, F., Neupert, W., Hallberg, E.M., Hallberg, R.L. and Horwich, A.L. (1989). Mitochondrial heat-shock protein hsp60 is essential for assembly of proteins imported into yeast mitochondria. Nature. 337, 620-625.
  2. Ostermann, J., Horwich, A.L., Neupert, W., and Hartl, F.U. (1989). Protein folding in mitochondria requires complex formation with hsp60 and ATP hydrolysis. Nature. 341, 125-130.
  3. Braig, K., Otwinowski, Z., Hegde, R., Boisvert, D.C., Joachimiak, A., Horwich, A.L., and Sigler, P.B. (1994). The crystal structure of the bacterial chaperonin GroEL at 2.8 A. Nature. 371, 578-86.
  4. Fenton, W.A., Kashi, Y., Furtak, K., and Horwich, A.L. (1994). Residues in chaperonin GroEL required for polypeptide binding and release. Nature. 371, 614-619.
  5. Rye, H.S., Burston, S.G., Fenton, W.A., Beechem, J.M., Xu, Z., Sigler, P.B., and Horwich, A.L. (1997). Distinct actions of cis and trans ATP within the double ring of the chaperonin GroEL. Nature. 388, 792-798.
  6. Horwich, A.L. and Fenton, W.A. (2009). Chaperonin-mediated protein folding: using a central cavity to kinetically assist polypeptide chain folding. Q. Rev. Biophys. 42, 83-116.

関連動画

関連リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. チン・リン Qing Lin
  2. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long
  3. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold
  4. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof
  5. ティム・ジャミソン Timothy F. Jamison
  6. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore
  7. クラウス・ミューレン Klaus Müllen
  8. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天然イミンにインスパイアされたペプチド大環状化反応
  2. BASF、新規のキラル中間体生産プロセスを開発!
  3. 死刑囚によるVXガスに関する論文が掲載される
  4. 有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発
  5. 化学にインスパイアされたジュエリー
  6. ルイス酸添加で可視光レドックス触媒の機構をスイッチする
  7. Qi-Lin Zhou 周其林
  8. ギー・ベルトラン Guy Bertrand
  9. 近赤外光を吸収する有機分子集合体の発見
  10. クリーンなラジカル反応で官能基化する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

PAGE TOP