[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

新海征治 Seiji Shinkai

新海征治 (しんかいせいじ、1944年7月5日-)は日本の化学者である。九州大学工学部教授(写真:qBiz )。

経歴

1972 九州大学大学院工学研究科 博士号取得
1972 九州大学工学部 講師
1972 カリフォルニア大学サンタバーバラ校 博士研究員
1975 九州大学工学部 助教授
1976 長崎大学工学部 助教授
1987 九州大学工学部 助教授
1988 九州大学工学部 教授

受賞歴

1978 日本化学会進歩賞
1985 高分子学会賞
1999 Backer Lecture賞
2002 Vielberth Lectureship賞
2003 日本化学会賞
2004 西日本文化賞
2004 紫綬褒章
2013 Daiwa Adrian Prize 2013(共同受賞)
2014 分子ロジック・分子センサー特別賞

研究

1979年に世界に先駆けてクラウンエーテルとアゾベンゼンからなる「分子機械」を開発した。すなわち、アゾベンゼンの光によるシス-トランス異性化反応を利用し、分子スイッチとしての応用を示唆した[1]

スエヒロタケに含まれる抗腫瘍活性糖鎖シゾフィラン(Schizophyllan)が、核酸と結合して三重らせん複合体を形成することを発見した[2]

他にも、カリックスアレーンの機能材料化やそれを用いたフラーレンの画期的新精製法の開発、ボロン酸の化学修飾による世界唯一の実用的人工糖センサーの開発や、シリカなどの無機物質へのキラリティ転写など、様々な分野でインパクトある業績をあげ続けている。

コメント&その他

関連文献

  1. Shinkai, S.; Ogawa, T.; Nakaji, T.; Kusano, Y.; Manabe, O. Tetrahedron Lett. 1979, 4569. DOI:10.1016/S0040-4039(01)86651-X 
  2. Sakurai, K.; Shinkai, S. J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 4520. DOI:10.1021/ja0000145

関連動画

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. スティーブン・リパード Stephen J. Lippard
  2. ロナルド・ブレズロウ Ronald Breslow
  3. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  4. ノーベル化学賞・受賞者一覧
  5. Mukaiyama Award―受賞者一覧
  6. ジョアン・スタビー JoAnne Stubbe
  7. デヴィッド・クレネマン David Klenerman
  8. 浜地 格 Itaru Hamachi

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本化学会、論文無料公開へ新方式
  2. 理系のためのフリーソフト Ver2.0
  3. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーPavel Anzenbacher教授
  4. キャロライン・ベルトッツィ Carolyne R. Bertozzi
  5. ぼくらを苦しめる「MUST (NOT)」の呪縛
  6. Side Reactions in Organic Synthesis II
  7. レビュー多すぎじゃね??
  8. バーチ還元 Birch Reduction
  9. 【書籍】『これから論文を書く若者のために』
  10. 有機反応を俯瞰する ー[1,2] 転位

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学

この度、関東化学株式会社は水分1ppm以下を保証する脱水溶媒を発売開始致します。この水分保証…

徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)

今年もセンター試験が終わりました。大雪の問題など気象的に厳しかったかも知れませんが、受験生の皆さ…

「関東化学」ってどんな会社?

1944年(昭和19年)の設立以来、研究分野で使われる多種多様の薬品を市場に供給することで社会に貢献…

光触媒ラジカル付加を鍵とするスポンギアンジテルペン型天然物の全合成

2017年、カリフォルニア大学アーヴァイン校・Larry E. Overmanらは、可視光レドックス…

池袋PARCOで「におい展」開催

「カメムシ」「腐豆腐」「シュールストレミング」――普段は嗅ぐ機会はないが、嗅いでみたい臭いを体験でき…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP