[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

国武 豊喜 Toyoki Kunitake

国武豊喜 (くにたけ とよき、1936年2月26日-) は日本の有機化学者、高分子化学者である。現在、北九州産業学術推進機構 理事長。理化学研究所グループディレクター。

経歴

1958 九州大学工学部応用化学科卒業
1960 九州大学大学院修士課程修了
1962 ペンシルベニア大学大学院博士課程終了 (Charles. C. Price教授)
1962 カリフォルニア工科大学博士研究員 (Carl G. Niemann教授)
1963 九州大学工学部助教授
1974 九州大学工学部教授
1999 九州大学 退官
1999 北九州市立大学教授
2007 株式会社ナノメンブレン取締役
2008 北九州市立大学教授 退職
現在 北九州産業学術推進機構 理事長

 

受賞歴

1978 高分子学会賞
1991 日本化学会賞
1996 向井賞
19xx 高分子科学功労賞
1999 紫綬褒章
2001 日本学士院賞
2007 文化功労者
2001 日本学士院賞
2011 瑞宝重光章
2014 文化勲章
2015 京都賞先端技術部門

 

研究

世界初の人工脂質二分子膜の創成[1]がもっとも有名な業績の一つ。

脂質二重膜は疎水性部と親水性部からなる分子の組織化によって形成される。生体内でも細胞膜などの構成要素として重要な役割を担っている。

 

関連論文

  1. Kunitake, T.; Okahata, Y. J. Am. Chem. Soc. 1977, 99, 3860. DOI: 10.1021/ja00453a066

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 野依賞―受賞者一覧
  2. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath
  3. 遠藤守信 Morinobu Endo
  4. ディーン・トースト F. Dean Toste
  5. アンリ・カガン Henri B. Kagan
  6. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  7. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjas…
  8. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altman…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham
  2. アザジラクチン あざじらくちん azadirachtin
  3. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】
  4. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応
  5. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復
  6. 全薬工業とゼファーマ、外用抗真菌薬「ラノコナゾール」配合の水虫治療薬を発売
  7. 3.11 14:46 ③ 復興へ、震災を教訓として
  8. モリブドプテリン (molybdopterin)
  9. Chemical Science誌 創刊!
  10. 若手化学者に朗報!YMC研究奨励金に応募しよう!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP