[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機化学

  1. 古川 俊輔 Shunsuke Furukawa

    古川俊輔(ふるかわ しゅんすけ、1982年9月29日生~)は、日本の有機化学者である。埼玉大学大学院 理工学研究科 助教。専門は有機典型元素化学、有機エレクトロニクス、分子デザイン。古川俊輔(物理学者)じゃない方。第41回ケムステVシンポ講…

  2. 佐藤 一彦 Kazuhiko Sato

    佐藤 一彦(さとう かずひこ, 19xx年xx月xx日-)は、日本の化学者である。産業技術総合研究所…

  3. 土釜 恭直 Kyoji Tsuchikama

    土釜 恭直 (Kyoji Tsuchikama)は、抗体薬物複合体(antibody…

  4. 佐藤 伸一 Shinichi Sato

    佐藤伸一は、タンパク質の化学修飾を主軸として、ケミカルバイオロジー分野の研究を行っている。日本の有機…

  5. 松田 豊 Yutaka Matsuda

    松田 豊(まつだゆたか, 1985年07月04日-)は、抗体薬物複合体(ADC)の製造技術を開発して…

  6. マニュエル・ヴァン・ゲメレン Manuel van Gemmeren

  7. 真鍋良幸 Manabe Yoshiyuki

  8. 眞鍋 史乃 Manabe Shino

  9. 河崎 悠也 Yuuya Kawasaki

  10. 吉田 優 Suguru Yoshida

  11. 小山 靖人 Yasuhito Koyama

  12. 星本 陽一 Yoichi Hoshimoto

  13. 諸藤 達也 Tatsuya Morofuji

  14. 南 安規 Yasunori Minami

  15. 中村 浩之 Hiroyuki NAKAMURA

  16. 谷口 透 Tohru Taniguchi

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フルエッギン Flueggine
  2. シャープレス不斉ジヒドロキシル化 Sharpless Asyemmtric Dihydroxylation (SharplessAD)
  3. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupling
  4. 高い分離能のCOF膜が作製可能な二段階構築法の開発
  5. ポンコツ博士の海外奮闘録⑫ 〜博士,今と昔を考える〜
  6. 化学にインスパイアされたジュエリー
  7. 資生堂企業資料館

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP