[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機化学

  1. 砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

    砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村智記念研究所 所長•教授。北里大学大学院感染制御科学府、学府長(兼務)専門は天然物化学、天然有機合成化学、医薬品化学。経歴1982年…

  2. デヴィッド・シュピーゲル David A. Spiegel

    デヴィッド・シュピーゲル(David A. Spiegel、19xx年x月xx日(ニューヨーク生)-…

  3. 谷野 圭持 Keiji Tanino

    谷野圭持 (たにのけいじ)は、日本の有機化学者である。北海道大学大学院理学研究院化学部門 教授。…

  4. 大栗 博毅 Hiroki Oguri

    大栗博毅(おおぐりひろき、1970年8月24日)は日本の有機化学者である。東京大学理学系研究科教授。…

  5. Igor Larrosa イゴール・ラロッサ

    イゴール・ラロッサ(Igor Larrosa、1977年12月6日)は英国の有機化学者である。マンチ…

  6. 高橋 大介 Daisuke Takahashi

  7. 松原 亮介 Ryosuke Matsubara

  8. 安藤弘宗 Hiromune Ando

  9. 林松 Song Lin

  10. 千田憲孝 Noritaka Chida

  11. 嘉部 量太 Ryota Kabe

  12. ヌノ・マウリド Nuno Maulide

  13. サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

  14. セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon

  15. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

  16. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 可視光エネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒系の開発
  2. シュプリンガー・ネイチャーより 化学会・薬学会年会が中止になりガッカリのケムステ読者の皆様へ
  3. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒
  4. 細胞をつなぐ秘密の輸送路
  5. ヴィドマン・ストーマー シンノリン合成 Widman-Stoermer Cinnoline Synthesis
  6. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!
  7. 水分子が見えた! ー原子間力顕微鏡を用いた水分子ネットワークの観察ー

注目情報

最新記事

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

PAGE TOP