[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機化学

  1. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

    リッチモンド・サーポン(Richmond Sarpong、1974年4月23日(ガーナ ベッカム生)-)は、米国在住の化学者である。カリフォルニア大学バークレー校 教授。(写真: John Simon Guggenheim Memorial…

  2. 李昂 Ang Li

    アン・リー(Ang Li、1982年xx月x日–)は中国の有機化学者である。中国科学院 上海有機化学…

  3. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden

    キャサリン・M・クラッデン (Cathleen M. Crudden、1967年11月23日–)はカ…

  4. 金城 怜 Rei Kinjo

    金城 怜(きんじょう れい、1979年11月27日–)は日本の有機化学者である。シンガポール南洋工科…

  5. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III

    エイモス・B・スミス III(Amos. B. Smith III、1944年8月26日–)は米国の…

  6. Junfeng Zhao

  7. Wen-Jing Xiao

  8. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

  9. トーマス・レクタ Thomas Lectka

  10. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

  11. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

  12. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

  13. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  14. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

  15. 硤合 憲三 Kenso Soai

  16. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li

スポンサー

ピックアップ記事

  1. YADOKARI-XG 2009
  2. 海藻成長の誘導物質発見 バイオ研
  3. ロイ・ペリアナ Roy A. Periana
  4. 2008年10大化学ニュース
  5. フラグメント創薬 Fragment-Based Drug Discovery/Design (FBDD)
  6. 化学企業のグローバル・トップ50が発表
  7. 金大発『新薬』世界デビュー

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

PAGE TOP