[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機化学

  1. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

    ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメリカの有機化学者である。イリノイ大学シカゴ校教授 (写真:EurekaAlert!)。 (さらに…)…

  2. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

    ヒュー・M・L・デーヴィス(Huw M. L. Davies、19xx年x月xx日(Aberystw…

  3. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

    アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

  4. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

    ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

  5. Qi-Lin Zhou 周其林

    周其林(Qi-Lin Zhou、1957年2月19日–)は中国の有機化学者である。南開大学教授経…

  6. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

  7. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  8. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

  9. デニス・ホール Dennis G. Hall

  10. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg

  11. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

  12. 李昂 Ang Li

  13. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden

  14. 金城 怜 Rei Kinjo

  15. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III

  16. Junfeng Zhao

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement
  2. パーキン反応 Perkin Reaction
  3. 有機合成化学協会の公式ページがリニューアル!!
  4. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発
  5. サムライ化学者高峰譲吉「さくら、さくら」劇場鑑賞券プレゼント!
  6. 芳香族フッ素化合物の新規汎用合成法
  7. 有機反応を俯瞰する ー[1,2] 転位

注目情報

最新記事

カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

男性の避妊法はXXドームを付ける一時的なものか、パイプカットを行って完全に生殖行為を不可能にするかと…

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

PAGE TOP