[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機化学

  1. トム・マイモニ Thomas J. Maimone

    トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学者である。カリフォルニア大学バークレー校准教授。経歴2004 カリフォルニア大学バークレー校卒業2009 スクリプス研究所 博士…

  2. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

    モーテン・メルダル(Morten P. Meldal;1954年XX月XX日-)は、デンマークの有機…

  3. ロルフ・ヒュスゲン Rolf Huisgen

    ロルフ・ヒュスゲン(Rolf Huisgen;1920年6月13日-)は、ドイツの有機化学者である。…

  4. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

    ヴァリンダー・クマー・アガーウォール(Varinder Kumar Aggarwal、1961年1月…

  5. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

    ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

  6. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

  7. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

  8. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

  9. Qi-Lin Zhou 周其林

  10. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

  11. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  12. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

  13. デニス・ホール Dennis G. Hall

  14. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg

  15. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

  16. 李昂 Ang Li

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 独バイエル、世界全体で6100人を削減へ
  2. ケミカル・ライトの作り方
  3. アルミに関する一騒動 ~約20年前の出来事~
  4. 「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ
  5. 遠藤守信 Morinobu Endo
  6. 密度汎関数法の基礎
  7. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

PAGE TOP