[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機化学

  1. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

    エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機化学者である。ノースカロライナ大学チャペルヒル校 准教授。(引用:Alexanian Lab) (さらに…)…

  2. 硤合 憲三 Kenso Soai

    硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

  3. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li

    チャオ=ジュン・リー (Chao-Jun Li、19xx年xx月xx日-)は、カナダの有機化学者であ…

  4. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich

    マーティン・オストライヒ (Martin Oestreich, 1971年10月19日-) はドイツ…

  5. チン・リン Qing Lin

    チン・リン(Qing Lin、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機化学者・生化学者である。ニュー…

  6. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

  7. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse

  8. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

  9. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

  10. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri

  11. エリック・メガース Eric Meggers

  12. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

  13. ルーベン・マーティン Ruben Martin

  14. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

  15. 井上 将行 Masayuki Inoue

  16. マーティン・ウィッテ Martin D. Witte

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 息に含まれた0.0001%の成分で健康診断
  2. チアミン (thiamin)
  3. ラウリマライドの全合成
  4. Slow down, baby, now you’re movin’ way too fast.
  5. 福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis
  6. ワインのコルク臭の原因は?
  7. 東亜合成と三井化学、高分子凝集剤の事業統合へ

注目情報

最新記事

銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応

第120回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 薬化学研究室(根本哲宏教授) 博士後…

宮坂 力 Tsutomu Miyasaka

宮坂 力 (みやさか つとむ、1954年-)は、日本のエネルギー化学・物理化学者である。国際的な通称…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

PAGE TOP