[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機化学

  1. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

    サラ・E・リースマン(Sarah E. Reisman、1979年5月2-日–)は米国の有機化学者である。カリフォルニア工科大学教授経歴2001 コネチカット大学卒業2006 イエール大学 博士号取得 (John L. Wood…

  2. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding

    丁奎岭(Kui-Ling Ding、1966年3月15日–)は中国の有機化学者である。中国科学院上海…

  3. トム・マイモニ Thomas J. Maimone

    トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

  4. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

    モーテン・メルダル(Morten P. Meldal;1954年XX月XX日-)は、デンマークの有機…

  5. ロルフ・ヒュスゲン Rolf Huisgen

    ロルフ・ヒュスゲン(Rolf Huisgen;1920年6月13日-)は、ドイツの有機化学者である。…

  6. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

  7. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

  8. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

  9. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

  10. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

  11. Qi-Lin Zhou 周其林

  12. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

  13. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  14. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

  15. デニス・ホール Dennis G. Hall

  16. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 玉尾皓平 Kohei Tamao
  2. 分子1つがレバースイッチとして働いた!
  3. 原子のシート間にはたらく相互作用の観測に成功
  4. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification
  5. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction
  6. 塩化ラジウム223
  7. 肝はメチル基!? ロルカセリン

注目情報

最新記事

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

PAGE TOP