[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機化学

  1. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

    アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)はスペインの有機化学者である。Institute of Chemical Research of Catalonia(ICIQ)教授。…

  2. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

    ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

  3. Qi-Lin Zhou 周其林

    周其林(Qi-Lin Zhou、1957年2月19日–)は中国の有機化学者である。南開大学教授経…

  4. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

    パオロ・メルキオーレ(Paolo Melchiorre、1973年5月29日(Camerino、イタ…

  5. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

    ゲイリー・A・モランダー(Gary A. Molander、1953年2月9日-)は、米国の有機化学…

  6. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

  7. デニス・ホール Dennis G. Hall

  8. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg

  9. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

  10. 李昂 Ang Li

  11. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden

  12. 金城 怜 Rei Kinjo

  13. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III

  14. Junfeng Zhao

  15. Wen-Jing Xiao

  16. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination
  2. 2013年ノーベル化学賞は誰の手に?トムソンロイター版
  3. 春季ACSMeetingに行ってきました
  4. グリコシル化反応を楽にする1位選択的”保護”反応
  5. マツタケオール mushroom alcohol
  6. 2016年8月の注目化学書籍
  7. 細胞の中を旅する小分子|第二回

注目情報

最新記事

博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

 北陸先端科学技術大学院大学は、産業界と連携した博士人材の育成制度を2019年度から開始する。企業が…

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

PAGE TOP