[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機化学

  1. 谷野 圭持 Keiji Tanino

    谷野圭持 (たにのけいじ)は、日本の有機化学者である。北海道大学大学院理学研究院化学部門 教授。経歴1981年 3月 神奈川県立横浜緑ヶ丘高校 卒業1985年 3月 東京工業大学 理学部 卒業1987年 3月 東京工業大学 …

  2. 大栗 博毅 Hiroki Oguri

    大栗博毅(おおぐりひろき、1970年8月24日)は日本の有機化学者である。東京大学理学系研究科教授。…

  3. Igor Larrosa イゴール・ラロッサ

    イゴール・ラロッサ(Igor Larrosa、1977年12月6日)は英国の有機化学者である。マンチ…

  4. 高橋 大介 Daisuke Takahashi

    高橋大介(たかはし だいすけ,Daisuke Takahashi)は,日本の化学者である。専門は,糖…

  5. 松原 亮介 Ryosuke Matsubara

    松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

  6. 安藤弘宗 Hiromune Ando

  7. 林松 Song Lin

  8. 千田憲孝 Noritaka Chida

  9. 嘉部 量太 Ryota Kabe

  10. ヌノ・マウリド Nuno Maulide

  11. サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

  12. セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon

  13. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

  14. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding

  15. トム・マイモニ Thomas J. Maimone

  16. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  2. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造|オンライン R2
  3. GRE Chemistry 受験報告 –試験当日·結果発表編–
  4. ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カップリング
  5. 製薬各社の被災状況
  6. 環状ビナフチルオリゴマーの大きさが円偏光の向きを変える
  7. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子導入

注目情報

最新記事

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

ケムステーションをご覧の方々、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます…

PAGE TOP