[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機化学

  1. 飯野 裕明 Hiroaki Iino

    飯野裕明は、日本のデバイス工学者である。専門は有機電子材料、および有機エレクトロニクス。東京工業大学大学准教授。第18回ケムステVシンポ講師。経歴2001年 東京工業大学 工学部 電気電子工学科 卒業2003…

  2. 畠山琢次 Takuji Hatakeyama

    畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

  3. 森本 正和 Masakazu Morimoto

    森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

  4. 砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

    砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

  5. デヴィッド・シュピーゲル David A. Spiegel

    デヴィッド・シュピーゲル(David A. Spiegel、19xx年x月xx日(ニューヨーク生)-…

  6. 谷野 圭持 Keiji Tanino

  7. 大栗 博毅 Hiroki Oguri

  8. Igor Larrosa イゴール・ラロッサ

  9. 高橋 大介 Daisuke Takahashi

  10. 松原 亮介 Ryosuke Matsubara

  11. 安藤弘宗 Hiromune Ando

  12. 林松 Song Lin

  13. 千田憲孝 Noritaka Chida

  14. 嘉部 量太 Ryota Kabe

  15. ヌノ・マウリド Nuno Maulide

  16. サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

スポンサー

ピックアップ記事

  1. パクリタキセル(タキソール) paclitaxel(TAXOL)
  2. ノーベル週間にスウェーデンへ!若手セミナー「SIYSS」に行こう!
  3. サイエンスアゴラ2014総括
  4. 小さなケイ素酸化物を得る方法
  5. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~
  6. 菅沢反応 Sugasawa Reaction
  7. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-オキシド : 4,4,5,5-Tetramethyl-1,3,2-dioxaphospholane 2-Oxide

注目情報

最新記事

【マイクロ波化学(株) 石油化学/プラスチック業界向けウェビナー】 マイクロ波による新事業 石油化学・プラスチック業界のための脱炭素・電化ソリューション

<内容>本イベントでは、石油化学/プラスチック業界における脱炭素・電化の新たなソ…

素材・化学で「どう作るか」を高度化する共同研究拠点、産総研が3カ所で整備

産業技術総合研究所、材料・化学領域は、マテリアル・プロセスイノベーションプラットフォームの整備をスタ…

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

PAGE TOP