[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機化学

  1. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

    ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメリカの有機化学者である。イリノイ大学シカゴ校教授 (写真:EurekaAlert!)。 (さらに…)…

  2. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

    ヒュー・M・L・デーヴィス(Huw M. L. Davies、19xx年x月xx日(Aberystw…

  3. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

    アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

  4. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

    ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

  5. Qi-Lin Zhou 周其林

    周其林(Qi-Lin Zhou、1957年2月19日–)は中国の有機化学者である。南開大学教授経…

  6. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

  7. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  8. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

  9. デニス・ホール Dennis G. Hall

  10. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg

  11. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

  12. 李昂 Ang Li

  13. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden

  14. 金城 怜 Rei Kinjo

  15. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III

  16. Junfeng Zhao

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ホットキーでクールにChemDrawを使いこなそう!
  2. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser
  3. 「機能性3Dソフトマテリアルの創出」ーライプニッツ研究所・Möller研より
  4. シェリル・サイ Shiou-Chuan (Sheryl) Tsai
  5. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授
  6. 暑いほどエコな太陽熱冷房
  7. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction

注目情報

最新記事

有機合成反応で乳がん手術を改革

理化学研究所(理研)、大阪大学、カザン大学の国際共同研究グループは、乳がんの手術中に摘出した組織で有…

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

PAGE TOP