[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機化学

  1. 安藤弘宗 Hiromune Ando

    安藤弘宗(あんどう ひろむね, 1971年8月14日-)は、日本の化学者である。岐阜大学教授。経歴1994 岐阜大学農学部生物資源利用学科 卒業1996岐阜大学大学院農学研究科生物資源利用学専攻 修士号取得1999岐阜大…

  2. 林松 Song Lin

    ソン・リン(Song Lin、19XX年X月XX日–)は米国在住の中国人有機化学者である。コーネル大…

  3. 千田憲孝 Noritaka Chida

    千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

  4. 嘉部 量太 Ryota Kabe

    嘉部 量太 (KABE Ryota、1983年3月4日-)は日本の化学者である。沖縄科学技術大学院大…

  5. ヌノ・マウリド Nuno Maulide

    ヌノ・マウリド(Nuno Maulide、1979年12月17日–)はポルトガルの有機化学者である。…

  6. サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

  7. セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon

  8. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

  9. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding

  10. トム・マイモニ Thomas J. Maimone

  11. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

  12. ロルフ・ヒュスゲン Rolf Huisgen

  13. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

  14. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

  15. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

  16. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell
  2. 280億円賠償評決 米メルク社治療薬副作用で死亡 テキサス州
  3. トリプトファン選択的なタンパク質修飾反応の開発
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②(解答編)
  5. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  6. sinceの使い方
  7. 研究倫理問題について学んでおこう

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

PAGE TOP