[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機化学

  1. ジョージ・オラー George Andrew Olah

    ジョージ・アンドリュー・オラー(George Andrew Olah、1927年5月27日-2017年3月8日)は、アメリカの有機化学者である。南カリフォルニア大学名誉教授。ローカー炭化水素研究所所長。1994年に「カルボカチオン化学への貢…

  2. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless

    カール・バリー・シャープレス(Karl Barry Sharpless、1941年4月28日(米国,…

  3. ジャン=マリー・レーン Jean-Marie Lehn

    ジャン=マリー・レーン(Jean-Marie Lehn, 1939年9月30日(フランス・ロスハイム…

  4. 山本 尚 Hisashi Yamamoto

    山本 尚(やまもと ひさし, 1943年7月16日- )は日本の有機化学者、工学博士。中部大学教授(…

  5. 玉尾皓平 Kohei Tamao

       

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 拡張Pummerer反応による簡便な直接ビアリール合成法
  2. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  3. ゴールドエクスペリエンスが最長のラダーフェニレンを産み出す
  4. ベックマン開裂 Beckmann Fragmentation
  5. 製薬大手のロシュ、「タミフル」効果で05年売上高20%増
  6. HTML vs PDF ~化学者と電子書籍(ジャーナル)
  7. Angewandte Chemieの新RSSフィード

注目情報

最新記事

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

PAGE TOP