[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機合成

  1. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides

     ジョージ・マクレランド・ホワイトサイズ(George McClelland Whitesides, 1939年8月3日-)はアメリカの化学者である。米国ハーバード大学教授(写真:wikipedia)手がける研究領域は目がくらむほど幅広…

  2. スチュアート・シュライバー Stuart L. Schreiber

    スチュアート・L・シュライバー (Stuart L. Schreiber, 1956年2月6日-)は…

  3. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach

    ディーター・ゼーバッハ(Dieter Seebach, 1937年8月31日-)はスイスの有機化学者…

  4. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Woodward

    ロバート・バーンズ・ウッドワード(Robert Burns Woodward, 1917年4月10日…

  5. サミュエル・ダニシェフスキー Samuel J. Danishefsky

    サミュエル・J・ダニシェフスキー(Samuel J. Danishefsky、1936年3月10日(…

  6. バリー・トロスト Barry M. Trost

  7. 鈴木 章 Akira Suzuki

  8. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifield

  9. 山本 尚 Hisashi Yamamoto

  10. 玉尾皓平 Kohei Tamao

  11. 向山 光昭 Teruaki Mukaiyama

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 非選択性茎葉処理除草剤の『ザクサ液剤』を登録申請
  2. 「炭素-炭素結合を切って組み替える合成」テキサス大学オースティン校・Dong研より
  3. 2009年6月人気化学書籍ランキング
  4. 温和な室温条件で高反応性活性種・オルトキノジメタンを生成
  5. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactonization
  6. 有機化合物合成中に発火、理化学研が半焼--仙台 /宮城
  7. マリウス・クロア G. Marius Clore

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP