[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

山本 尚 Hisashi Yamamoto

山本 尚(やまもと ひさし, 1943年7月16日- )は日本の有機化学者、工学博士。中部大学教授(写真:The Yamamoto Groupより)。ルイス酸触媒の研究を中心に多数の有用な触媒的有機合成反応を開発。

経歴

1943年7月16日生まれ 。京都大学工学部工業化学科を卒業(野崎一教授)した後渡米し、ハーバード大学E.J.Corey教授の下で博士を取得。その後、京都大助手、ハワイ大学を経て、名古屋大学の教授、シカゴ大学化学科教授となる。現在は帰国し、中部大学で研究を行なっている。

1967     京都大学工学部工業化学科 卒業 (野崎一 教授)
1971     ハーバード大学 Ph.D (E. J. Corey教授)
1971-1972   東レ Toray Industries, Inc. 博士研究員 (辻 二郎 教授)
1972-1976   京都大学 助手
1976-1977   京都大学 講師
1977-1980   ハワイ大学 准教授
1980-1983   名古屋大学 助教授
1983-2002   名古屋大学 教授
2002-2011   シカゴ大学化学科 Arthur Holly Compton Distinguished Professor
2011-現在   中部大学教授

兼務
2016-2018 日本化学会 会長。

受賞歴

1977 日本化学会進歩賞
1988 IBM科学賞
1991 服部報公賞
1992 中日文化賞
1993 プレログメダル
1994 メルクシューハルト賞
1995 日本化学会 学会賞
1997 東レ科学技術賞
1998 Max-Tishler Prize
2002 フランス化学会賞
2002 紫綬褒章
2003 Molecular Chirality Award
2004 Yamada Prize
2006 Tetrahedron Prize
2006 カールチーグラー賞
2007 日本学士院賞
2007 フンボルト賞
2009 有機合成化学協会 特別賞
2009 ACS Award for Creative Work in Synthesitc Organic Chemistry
2011 野依賞
2012 藤原賞
2016 ロジャー・アダムス賞

 

研究

分子触媒化学における新規概念を数多く提唱し、それに基づく数々の革新的不斉反応の開発に成功している。とりわけルイス酸・ブレンステッド酸触媒開発に関する業績は傑出している。

キラルルイス酸・ブレンステッド酸不斉触媒による不斉炭素-炭素結合形成反応の開発

1980年代にキラルビナフトール骨格を不斉ルイス酸触媒の配位子として導入。1988年には有機アルミニウム触媒を用いる不斉Diels-Alder反応を開発した。のちに酒石酸由来のブレンステッド酸触媒CABやオキサボロリジン型触媒を開発し、幅広い基質のDiels-Alder反応を高い不斉収率で進行させることに成功した。これら触媒は不斉アルドール反応、エン反応、アリル化反応などにも用いることができる、極めて一般性の高いものである。

yamamoto3

これらの成果を包括的に捉え、ブレンステッド酸複合型ルイス酸(BLA)・ルイス酸複合型ブレンステッド酸(LBA)・ルイス酸複合型ルイス酸(LLA)・ブレンステッド酸複合型ブレンステッド酸(BBA)などの一般概念を提唱している。

超嵩試薬を用いる有機合成反応の開発

非常にかさ高い置換基を有するルイス酸として、メチルアルミニウム ビス(2,6-tertブチル-4-メチルフェノキシド)(MAD)、アルミニウムトリス(2,6-ジフェニルフェノキシド)(ATPH)を開発。これらはanti-Cram型生成物を与える求核付加、選択的Claisen転位、位置選択的exo-Diels-Alder反応、エポキシド-アルデヒド転位など様々な新奇選択性を示す化学反応を進行させる。

 

H_Yamamoto_5

また近年ではスーパーシリル基とよばれる極めて嵩高いケイ素保護基を活用することで、実現困難なカルボン酸のα-アルキル化、アセトアルデヒドの連続向山アルドール反応などを実現している。

H_Yamamoto_6

関連動画

コメント&その他

  1. 山本教授は名古屋大学を定年前に退職し、シカゴ大へ移りました。つまり海外流出組のひとりです。国内では定年があり、研究員と学生が得られないため、アクティブな教授でも研究が続けられなくなります。逆に米国では80歳を超えていても、研究を続けている教授もいます。山本教授はシカゴ大に移って研究を続けることを選んだわけです。
  2. 最近でも、キラルなルイス酸触媒を用いたアルドール反応、α-アミノオキシ化反応、ニトロソアルドール-マイケル反応、NHK反応、桜井-細見反応など不斉反応を中心に毎年10報以上の論文を報告し、多くのすばらしい結果を出しています。
  3. 研究室のホームページではpublished workを、それを行った学生の顔写真付きで紹介している。仕事を実際に担当したメンバーの顔が見えるという意味で、優れたアピールの一つといえる。
  4. 万有財団と協力し有機合成化学分野の若手育成企画を多数立ち上げる。現在Merk-Banyu Lectureship award (MBLA)という40歳以下の最も栄誉ある賞に始まり、前哨戦であるBanyu Chemist Awardさらに大学院生が応募できる大津会議など若手をビジブルかつエンカレッジするために尽力を尽くしている。
  5. 現在、シカゴ大学の研究室を閉じ、日本、中部大学で研究をリスタートした。70歳をこえた現在でも精力的に研究を行っている。
  6. 540報を超える学術論文,130を超える総説を発表し、その総引用数は28,000回を超える。h-indexは91。

関連論文

  1. Sakane, S.; Maruoka, K.; Yamamoto, H., Tetrahedron Lett26, 5535. (1985).
  2. Maruoka, K.; Itoh, T.; Shirasaka, T.; Yamamoto, H., J. Am. Chem. Soc.110, 310 (1988).
  3. Furuta, K.; Miwa, Y.; Iwanaga, K.; Yamamoto, H., J. Am. Chem. Soc.110, 6254 (1988).
  4. Nonoshita, K.; Banno, H.; Maruoka, K.; Yamamoto, H., J. Am. Chem. Soc.112, 316 (1990).
  5. Furuta, K.; Maruyama, T.; Yamamoto, H. J. Am. Chem. Soc. 113, 1041 (1991).
  6. Yanagisawa, A.; Habaue, S.; Yamamoto, H., J. Am. Chem. Soc. 113, 8955 (1991).
  7. Ishihara, K.; Yamamoto, H. J. Am. Chem. Soc.116, 1561 (1994).
  8. Ishihara, K.; Kaneeda, M.; Yamamoto, H. J. Am. Chem. Soc.116, 11179 (1994).
  9. Yanagisawa, A.; Nakashima, H.; Ishiba, A.; Yamamoto, H. J. Am. Chem. Soc.118, 4723 (1996).
  10. Saito, S.; Sone, T.; Murase, M.; Yamamoto, H. J. Am. Chem. Soc., 122, 10216 (2000).
  11. Ishihara, K.; Ohara, S.; Yamamoto, H. Science290, 1140 (2000).
  12. Momiyama, N.; Yamamoto, H. Angew. Chem. Int. Ed. Enl.41, 2986 (2002).
  13.  Momiyama, N.; Yamamoto, H. J. Am. Chem. Soc., 126, 5360 (2004).
  14. Yamamoto, Y.; Yamamoto, H., J. Am. Chem. Soc.126, 4128 (2004).
  15. Ishibashi, H., Ishihara, K.; Yamamoto, H. J. Am. Chem. Soc.126, 11122 (2004).
  16. Takenaka, N.; Xia, G.; Yamamoto, H. J. Am. Chem. Soc.,126, 13198 (2004)
  17. Momiyama, N.; Yamamoto, H. J. Am. Chem. Soc.,127, 1080 (2005)
  18. Boxer, M. B.; Yamamoto, H. J. Am. Chem. Soc.128, 48-49, (2006)
<MAD, ATPHに関する総説>
  1. Yamamoto, H.; Maruoka, K. Pure & Appl. Chem. 1988, 760, 21.
  2. Yamamoto, H.; Saito, S. Pure & Appl. Chem. 1999, 71, 239.
<複合型酸触媒に関する総説>
  1. Yamamoto, H.; Futatsugi, K. Angew. Chem. Int. Ed. 2005, 44, 1924. DOI: 10.1002/anie.200460394
<Career of Hisashi Yamamoto>
  1. Yamamoto, H. Tetrahedron, 2007, 63, 8377. doi:10.1016/j.tet.2007.05.128
  2. Yamamoto, H. Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 5678. DOI: 10.1002/anie.201209483

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifiel…
  2. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Wo…
  3. マイケル・クリシェー Michael J. Krische
  4. ジョージ・フェール George Feher
  5. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian
  6. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubr…
  7. イー・タン Yi Tang
  8. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland Degradation
  2. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応
  3. 『ほるもん-植物ホルモン擬人化まとめ-』管理人にインタビュー!
  4. 食べず嫌いを直し始めた酵素たち。食べさせれば分かる酵素の可能性!?
  5. 元素紀行
  6. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  7. クラーク・スティル W. Clark Still
  8. ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler Reaction
  9. 学生実験・いまむかし
  10. オキソニウムイオンからの最長の炭素酸素間結合

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP