[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機合成

  1. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

    サラ・E・リースマン(Sarah E. Reisman、1979年5月2-日–)は米国の有機化学者である。カリフォルニア工科大学教授経歴2001 コネチカット大学卒業2006 イエール大学 博士号取得 (John L. Wood…

  2. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding

    丁奎岭(Kui-Ling Ding、1966年3月15日–)は中国の有機化学者である。中国科学院上海…

  3. トム・マイモニ Thomas J. Maimone

    トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

  4. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

    モーテン・メルダル(Morten P. Meldal;1954年XX月XX日-)は、デンマークの有機…

  5. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

    ヴァリンダー・クマー・アガーウォール(Varinder Kumar Aggarwal、1961年1月…

  6. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

  7. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

  8. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

  9. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

  10. Qi-Lin Zhou 周其林

  11. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

  12. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  13. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

  14. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

  15. デニス・ホール Dennis G. Hall

  16. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg

スポンサー

ピックアップ記事

  1. GoogleがVRラボを提供 / VRで化学の得点を競うシミュレーションゲーム
  2. アステラス製薬、抗うつ剤の社会不安障害での効能・効果取得
  3. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす
  4. パラジウム価格上昇中
  5. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応
  6. 日本企業クモ糸の量産技術確立:強さと柔らかさあわせもつ究極の素材
  7. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】

注目情報

最新記事

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

PAGE TOP