[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機合成

  1. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

    ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメリカの有機化学者である。イリノイ大学シカゴ校教授 (写真:EurekaAlert!)。 (さらに…)…

  2. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

    ヒュー・M・L・デーヴィス(Huw M. L. Davies、19xx年x月xx日(Aberystw…

  3. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

    アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

  4. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

    ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

  5. Qi-Lin Zhou 周其林

    周其林(Qi-Lin Zhou、1957年2月19日–)は中国の有機化学者である。南開大学教授経…

  6. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

  7. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  8. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

  9. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

  10. デニス・ホール Dennis G. Hall

  11. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg

  12. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

  13. 李昂 Ang Li

  14. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong

  15. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden

  16. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis
  2. 銀イオンクロマトグラフィー
  3. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか
  4. A-ファクター A-factor
  5. 20年新卒の志望業界ランキング、化学は総合3位にランクイン
  6. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)
  7. 日本化学会と対談してきました

注目情報

最新記事

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

PAGE TOP