[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機合成

  1. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

    ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vista, CA)-)は、米国の有機化学者である。スクリプス研究所フロリダ 教授。(写真:Wikipedia) (さらに……

  2. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

    磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

  3. デニス・ホール Dennis G. Hall

    デニス・G・ホール(Dennis G. Hall、1968年1月2日(ケベック・カナダ生)-)は、カ…

  4. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg

    ニール・K・ガーグ(Neil K. Garg、1978年12月18日–)は米国の有機化学者である。カ…

  5. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

    リッチモンド・サーポン(Richmond Sarpong、1974年4月23日(ガーナ ベッカム生)…

  6. 李昂 Ang Li

  7. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong

  8. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden

  9. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III

  10. Junfeng Zhao

  11. Wen-Jing Xiao

  12. トーマス・レクタ Thomas Lectka

  13. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

  14. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

  15. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka

  16. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

スポンサー

ピックアップ記事

  1. tert-ブチルメルカプタン:tert-Butyl Mercaptan
  2. オキサリプラチン /oxaliplatin
  3. 背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
  4. 多置換ケトンエノラートを立体選択的につくる
  5. ペンタレネン Pentalenene
  6. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  7. p-メトキシベンジル保護基 p-Methoxybenzyl (PMB) Protective Group

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

PAGE TOP