[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機合成

  1. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka

    友岡 克彦(ともおか かつひこ、1960年x月xx日-)は、日本の有機化学者である。九州大学先導物質化学研究所 教授。 (さらに…)…

  2. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

    エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

  3. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li

    チャオ=ジュン・リー (Chao-Jun Li、19xx年xx月xx日-)は、カナダの有機化学者であ…

  4. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich

    マーティン・オストライヒ (Martin Oestreich, 1971年10月19日-) はドイツ…

  5. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse

    布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

  6. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

  7. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

  8. エリック・メガース Eric Meggers

  9. ルーベン・マーティン Ruben Martin

  10. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

  11. 井上 将行 Masayuki Inoue

  12. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

  13. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König

  14. マット・シグマン Matthew S. Sigman

  15. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

  16. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Horner-Emmons 試薬
  2. 米デュポン、原料高騰で製品値上げ
  3. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrone
  4. 2007年度イグノーベル賞決定
  5. アッペル反応 Appel Reaction
  6. 硫黄 Sulfurーニンニク、タマネギから加硫剤まで
  7. デスソース

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

PAGE TOP