[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機合成

  1. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

    ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメリカの有機化学者である。イリノイ大学シカゴ校教授 (写真:EurekaAlert!)。 (さらに…)…

  2. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

    ヒュー・M・L・デーヴィス(Huw M. L. Davies、19xx年x月xx日(Aberystw…

  3. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

    アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

  4. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

    ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

  5. Qi-Lin Zhou 周其林

    周其林(Qi-Lin Zhou、1957年2月19日–)は中国の有機化学者である。南開大学教授経…

  6. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

  7. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  8. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

  9. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

  10. デニス・ホール Dennis G. Hall

  11. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg

  12. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

  13. 李昂 Ang Li

  14. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong

  15. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden

  16. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation
  2. すぐできる 量子化学計算ビギナーズマニュアル
  3. 水が促進するエポキシド開環カスケード
  4. アブノーマルNHC
  5. こんなサービスが欲しかった! 「Chemistry Reference Resolver」
  6. トーマス・トーレス Tomas Torres
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

PAGE TOP