[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機合成

  1. 西田 篤司 Atsushi Nishida

    西田 篤司 (にしだあつし、1954年7月6日)は日本の有機化学者である。千葉大学学術研究・イノベーション推進機構特任教授。第21回ケムステVシンポ講師経歴1979年 北海道大学大学院薬学研究科製薬化学専攻(修士課程)修了(薬学修士…

  2. 竹本 佳司 Yoshiji Takemoto

    竹本 佳司(たけもと よしじ)は日本の有機化学者である.京都大学薬学研究科教授.専門は反応開発,天然…

  3. 砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

    砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

  4. 佐治木 弘尚 Hironao Sajiki

    佐治木弘尚(さじきひろなお)は、日本の有機化学者である。岐阜薬科大学 教授(薬品化学研究室)。専門は…

  5. 生越 友樹 Tomoki Ogoshi

    生越 友樹(おごし ともき, 1976年5月)は、日本の有機・高分子・超分子化学者である。京都大学教…

  6. 大栗 博毅 Hiroki Oguri

  7. 高橋 大介 Daisuke Takahashi

  8. 松原 亮介 Ryosuke Matsubara

  9. 安藤弘宗 Hiromune Ando

  10. 焦宁 Ning Jiao

  11. 千田憲孝 Noritaka Chida

  12. ヌノ・マウリド Nuno Maulide

  13. セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon

  14. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

  15. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding

  16. トム・マイモニ Thomas J. Maimone

スポンサー

ピックアップ記事

  1. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsilane
  2. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応
  3. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – Glen Miller
  4. 鬼は大学のどこにいるの?
  5. 続・企業の研究を通して感じたこと
  6. 高い発光性を示すヘリセンの迅速的合成
  7. GlycoProfile アジド糖

注目情報

最新記事

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

PAGE TOP