[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機合成

  1. トーマス・レクタ Thomas Lectka

    トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有機化学者である。ジョン・ホプキンス大学 教授。(写真: JHU Department of Chemistry) (さらに&hell…

  2. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

    クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

  3. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

    デヴィッド・A・ナギーブ(David A. Nagib、19xx年x月x日-)は、米国の有機化学者で…

  4. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka

    友岡 克彦(ともおか かつひこ、1960年x月xx日-)は、日本の有機化学者である。九州大学先導物質…

  5. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

    エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

  6. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li

  7. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich

  8. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse

  9. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

  10. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

  11. エリック・メガース Eric Meggers

  12. ルーベン・マーティン Ruben Martin

  13. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

  14. 井上 将行 Masayuki Inoue

  15. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

  16. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ウィリアム・モーナー William E. Moerner
  2. アセチレン、常温で圧縮成功
  3. ポリエチレンとポリプロピレン、7カ月ぶり値上げ浸透
  4. リンダウ会議に行ってきた③
  5. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1,2-/1,3-diol
  6. ノーベル化学賞を担った若き開拓者達
  7. スチュアート・シュライバー Stuart L. Schreiber

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

PAGE TOP