[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機合成

  1. 千葉 俊介 Shunsuke Chiba

    千葉俊介 (ちばしゅんすけ、1978年05月19日–)は日本の有機化学者である。シンガポール南洋理⼯⼤学教授経歴2001 早稲田大学理工学部応用化学科卒業 (清水功雄教授)2003 東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程修了…

  2. 古川 俊輔 Shunsuke Furukawa

    古川俊輔(ふるかわ しゅんすけ、1982年9月29日生~)は、日本の有機化学者である。埼玉大学大学院…

  3. マニュエル・ヴァン・ゲメレン Manuel van Gemmeren

    マニュエル・ヴァン・ゲメレン (Manuel van Gemmeren (né Mahlau) 19…

  4. 河崎 悠也 Yuuya Kawasaki

    河崎 悠也 (かわさき ゆうや) は、日本の有機化学者。九州大学先導物質化学研究所 …

  5. 諸藤 達也 Tatsuya Morofuji

    諸藤 達也(もろふじ たつや)は、日本の有機化学者および有機化学系YouTuberである。学習院大学…

  6. 南 安規 Yasunori Minami

  7. 中村 浩之 Hiroyuki NAKAMURA

  8. ロバート・フィップス Robert J. Phipps

  9. 大井貴史 Takashi Ooi

  10. 上田 善弘 Yoshihiro Ueda

  11. 浅野 圭佑 Keisuke Asano

  12. 和田 猛 Takeshi Wada

  13. 西田 篤司 Atsushi Nishida

  14. 竹本 佳司 Yoshiji Takemoto

  15. 砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

  16. 佐治木 弘尚 Hironao Sajiki

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~
  2. 化学者だって数学するっつーの! :シュレディンガー方程式と複素数
  3. ケムステ記事ランキングまとめ
  4. 理工系のAI英作文術
  5. ケムステV年末ライブ & V忘年会2020を開催します!
  6. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」
  7. 未来のノーベル化学賞候補者

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP