[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機合成

  1. セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon

    セス・B・ハーゾン(Seth. B. Herzon、1979年7月26日–)は米国の有機化学者である。米国イェール大学教授。経歴2002 テンプル大学卒業2006 ハーバード大学 博士号取得 (Andrew G. Myers 教…

  2. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

    サラ・E・リースマン(Sarah E. Reisman、1979年5月2-日–)は米国の有機化学者で…

  3. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding

    丁奎岭(Kui-Ling Ding、1966年3月15日–)は中国の有機化学者である。中国科学院上海…

  4. トム・マイモニ Thomas J. Maimone

    トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

  5. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

    モーテン・メルダル(Morten P. Meldal;1954年XX月XX日-)は、デンマークの有機…

  6. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

  7. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

  8. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

  9. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

  10. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

  11. Qi-Lin Zhou 周其林

  12. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

  13. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  14. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

  15. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

  16. デニス・ホール Dennis G. Hall

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauvage
  2. 地球外生命体を化学する
  3. 【書籍】イシューからはじめよ~知的生産のシンプルな本質~
  4. 鄧 青雲 Ching W. Tang
  5. 「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入
  6. インドの化学ってどうよ
  7. ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2019年版】

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

PAGE TOP