[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機合成

  1. 安藤弘宗 Hiromune Ando

    安藤弘宗(あんどう ひろむね, 1971年8月14日-)は、日本の化学者である。岐阜大学教授。経歴1994 岐阜大学農学部生物資源利用学科 卒業1996岐阜大学大学院農学研究科生物資源利用学専攻 修士号取得1999岐阜大…

  2. 焦宁 Ning Jiao

    焦宁 (Ning Jiao、1976年5月13日–)は中国の有機化学者である。中国北京大学教授。…

  3. 千田憲孝 Noritaka Chida

    千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

  4. ヌノ・マウリド Nuno Maulide

    ヌノ・マウリド(Nuno Maulide、1979年12月17日–)はポルトガルの有機化学者である。…

  5. セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon

    セス・B・ハーゾン(Seth. B. Herzon、1979年7月26日–)は米国の有機化学者である…

  6. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

  7. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding

  8. トム・マイモニ Thomas J. Maimone

  9. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

  10. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

  11. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

  12. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

  13. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

  14. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

  15. Qi-Lin Zhou 周其林

  16. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 住友化学歴史資料館
  2. シグマアルドリッチ器具・消耗品大特価キャンペーン【2018年3月30日まで】
  3. 異なる“かたち”が共存するキメラ型超分子コポリマーを造る
  4. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet
  5. 有機合成化学協会誌2018年2月号:全アリール置換芳香族化合物・ペルフルオロアルキル化・ビアリール型人工アミノ酸・キラルグアニジン触媒・[1,2]-ホスファ-ブルック転位
  6. 2012年10大化学ニュース【前編】
  7. 質量分析で使うRMS errorって?

注目情報

最新記事

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

PAGE TOP