[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機合成

  1. 大栗 博毅 Hiroki Oguri

    大栗博毅(おおぐりひろき、1970年8月24日)は日本の有機化学者である。東京大学理学系研究科教授。経歴1993 東北大学理学部卒業1998 東北大学大学院理学研究科 博士課程修了 (平間正博 教授)1998–2003 東北…

  2. 高橋 大介 Daisuke Takahashi

    高橋大介(たかはし だいすけ,Daisuke Takahashi)は,日本の化学者である。専門は,糖…

  3. 松原 亮介 Ryosuke Matsubara

    松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

  4. 安藤弘宗 Hiromune Ando

    安藤弘宗(あんどう ひろむね, 1971年8月14日-)は、日本の化学者である。岐阜大学教授。経…

  5. 焦宁 Ning Jiao

    焦宁 (Ning Jiao、1976年5月13日–)は中国の有機化学者である。中国北京大学教授。…

  6. 千田憲孝 Noritaka Chida

  7. ヌノ・マウリド Nuno Maulide

  8. セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon

  9. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

  10. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding

  11. トム・マイモニ Thomas J. Maimone

  12. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

  13. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal

  14. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

  15. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

  16. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 風力で作る燃料電池
  2. ノーベル化学賞、米仏の3氏に・「メタセシス反応」研究を評価
  3. 試験概要:甲種危険物取扱者
  4. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glycol Oxidative Cleavage
  5. 理系が文系よりおしゃれ?
  6. 錬金術博物館
  7. カーボンナノチューブの分散とその応用【終了】

注目情報

最新記事

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

PAGE TOP