[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース医薬化学

  1. サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

    サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの化学者である (写真はこちらより引用)。ウィスコンシン大学マディソン校 教授。 (さらに…)…

  2. パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora

    パラムジット・S・アローラ(Paramjit S. Arora、19xx年xx月xx日-)は、アメリ…

  3. クリストフ・レーダー Christoph Rader

    クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

  4. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

    中村 浩之(なかむら ひろゆき、1967年x月x日-)は、日本の有機化学者・化学生物学者である。東京…

  5. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

    グレゴリー・ポール・ウィンター (Sir Gregory Paul Winter、1951年4月14…

  6. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

  7. エリック・メガース Eric Meggers

  8. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  9. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

  10. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

  11. 松村 保広 Yasuhiro Matsumura

  12. 前田 浩 Hiroshi Maeda

  13. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann

  14. ウィリアム・キャンベル William C. Campbell

  15. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso

  16. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent

スポンサー

ピックアップ記事

  1. GFPをも取り込む配位高分子
  2. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  3. 電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応
  4. 2014年ノーベル化学賞・物理学賞解説講演会
  5. ペタシス反応 Petasis Reaction
  6. 「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか
  7. 有機光触媒を用いたポリマー合成

注目情報

最新記事

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

PAGE TOP