[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース医薬化学

  1. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

    グレゴリー・ポール・ウィンター (Sir Gregory Paul Winter、1951年4月14日(Leicester, イギリス生)-)は、イギリスの生化学者である。MRC分子生物学研究所 所長(写真:Cambridge Innova…

  2. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

    ジャンフェン・カイ(Jianfeng Cai、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ在住の有機化学者…

  3. エリック・メガース Eric Meggers

    エリック・メガース (Eric Meggers、19xx年x月x日-)は、ドイツの有機化学者である。…

  4. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

    クレイグ・マーティン・クルーズ (Craig Martin Crews、1964年6月1日(ニューポ…

  5. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

    アンドレイ・K・ユーディン(Andrei K. Yudin、19xx年x月x日-)は、カナダの有機化…

  6. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

  7. 松村 保広 Yasuhiro Matsumura

  8. 前田 浩 Hiro Maeda

  9. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann

  10. ウィリアム・キャンベル William C. Campbell

  11. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso

  12. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent

  13. 菅裕明 Hiroaki Suga

  14. 平尾一郎 Ichiro Hirao

  15. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka

  16. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 貴金属に取って代わる半導体触媒
  2. 光エネルギーによって二酸化炭素を変換する光触媒の開発
  3. クロスカップリング用Pd触媒 小ネタあれこれ
  4. 比色法の化学(後編)
  5. メルドラム酸:Meldrum’s Acid
  6. タミフルの新規合成法・その3
  7. ロッセン転位 Lossen Rearrangement

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

PAGE TOP