[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース超分子化学

  1. 上田 善弘 Yoshihiro Ueda

    上田 善弘(うえだ よしひろ)は日本の有機化学者である。京都大学化学研究所 物質創製化学研究系・助教。専門は有機合成化学・天然物化学・超分子化学。学術変革領域研究(B)「糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動態制御」(略称:糖…

  2. 生越 友樹 Tomoki Ogoshi

    生越 友樹(おごし ともき, 1976年5月)は、日本の有機・高分子・超分子化学者である。京都大学教…

  3. 橘 熊野 Yuya Tachibana

    橘 熊野(たちばな ゆや、1975年–)は、日本の化学者である。専門は環境材料、高分子化学、有機化学…

  4. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

    小坂田耕太郎(おさかだ こうたろう、OSAKADA Kohtaro、1955年2月18日-)は、日本…

  5. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

    アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

  6. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri

  7. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya

  8. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle

  9. イヴァン・フック Ivan Huc

  10. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto

  11. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello

  12. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauvage

  13. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

  14. デヴィッド・リー David A. Leigh

  15. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb

  16. 原田 明 Akira Harada

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「高分子材料を進化させる表面・界面制御の基礎」
  2. SNS予想で盛り上がれ!2020年ノーベル化学賞は誰の手に?
  3. 酵素を模倣した鉄錯体触媒による水溶液中でのメタンからメタノールへの選択的な変換を達成!
  4. グラム陰性菌を爆沈!!Darobactin Aの全合成
  5. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz Pyridine Synthesis
  6. プロペランの真ん中
  7. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

PAGE TOP