[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース超分子化学

  1. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

    小坂田耕太郎(おさかだ こうたろう、OSAKADA Kohtaro、1955年2月18日-)は、日本の錯体・有機金属化学、高分子化学ならびに超分子化学者である。東京工業大学化学生命科学(旧資源化学研究所)教授である。(写真:リンクより転載)…

  2. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

    アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

  3. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri

    モハマド・レザ・ガディリ (Mohammad Reza Ghadiri、19xx年xx月xx日(イラ…

  4. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya

    塩谷光彦(しおのや みつひこ、1958年7月14日-)は、日本の生物無機化学者、…

  5. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle

    フリッツ・フェクトレ(Fritz Vögtle、1939年3月8日-2017年1月3日)は、ドイツの…

  6. イヴァン・フック Ivan Huc

  7. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto

  8. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello

  9. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauvage

  10. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

  11. デヴィッド・レイ David A. Leigh

  12. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb

  13. 原田 明 Akira Harada

  14. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

  15. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa

  16. フレーザー・ストッダート James Fraser Stoddart

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ウギ反応 Ugi Reaction
  2. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  3. デレピン アミン合成 Delepine Amine Synthesis
  4. 抗アレルギー薬「アレジオン」の販売、BIに一本化
  5. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表
  6. ムギネ酸は土から根に鉄分を運ぶ渡し舟
  7. ここまで来たか、科学技術

注目情報

最新記事

150度以上の高温で使える半導体プラスチック

Perdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

PAGE TOP