[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース超分子化学

  1. 生越 友樹 Tomoki Ogoshi

    生越 友樹(おごし ともき, 1976年5月)は、日本の有機・高分子・超分子化学者である。京都大学教授。京都大学の中條善樹教授のもと、有機無機ハイブリッド材料の研究により博士号を取得し、学振PDとして大阪大学 原田明先生のもとでシク…

  2. 橘 熊野 Yuya Tachibana

    橘 熊野(たちばな ゆや、1975年–)は、日本の化学者である。専門は環境材料、高分子化学、有機化学…

  3. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

    小坂田耕太郎(おさかだ こうたろう、OSAKADA Kohtaro、1955年2月18日-)は、日本…

  4. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

    アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

  5. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri

    モハマド・レザ・ガディリ (Mohammad Reza Ghadiri、19xx年xx月xx日(イラ…

  6. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya

  7. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle

  8. イヴァン・フック Ivan Huc

  9. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto

  10. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello

  11. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauvage

  12. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

  13. デヴィッド・リー David A. Leigh

  14. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb

  15. 原田 明 Akira Harada

  16. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に
  2. OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?
  3. 四国化成工業ってどんな会社?
  4. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞
  5. Arcutine類の全合成
  6. 「ヨーロッパで修士号と博士号を取得する」 ―ETH Zürichより―
  7. 研究者へのインタビュー

注目情報

最新記事

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

PAGE TOP