[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース超分子化学

  1. 生越 友樹 Tomoki Ogoshi

    生越 友樹(おごし ともき, 1976年5月)は、日本の有機・高分子・超分子化学者である。京都大学教授。京都大学の中條善樹教授のもと、有機無機ハイブリッド材料の研究により博士号を取得し、学振PDとして大阪大学 原田明先生のもとでシク…

  2. 橘 熊野 Yuya Tachibana

    橘 熊野(たちばな ゆや、1975年–)は、日本の化学者である。専門は環境材料、高分子化学、有機化学…

  3. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

    小坂田耕太郎(おさかだ こうたろう、OSAKADA Kohtaro、1955年2月18日-)は、日本…

  4. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

    アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

  5. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri

    モハマド・レザ・ガディリ (Mohammad Reza Ghadiri、19xx年xx月xx日(イラ…

  6. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya

  7. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle

  8. イヴァン・フック Ivan Huc

  9. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto

  10. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello

  11. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauvage

  12. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

  13. デヴィッド・リー David A. Leigh

  14. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb

  15. 原田 明 Akira Harada

  16. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる
  2. コーラから発がん物質?
  3. 二酸化炭素をはきだして♪
  4. 多摩霊園
  5. サイエンスアゴラ2015総括
  6. 嗚呼、美しい高分子の世界
  7. 高電気伝導性を有する有機金属ポリイン単分子ワイヤーの開発

注目情報

最新記事

不溶性アリールハライドの固体クロスカップリング反応

第305回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院工学研究院 (伊藤研究室)・瀬尾 珠恵さんにお…

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

PAGE TOP