[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース超分子化学

  1. 上田 善弘 Yoshihiro Ueda

    上田 善弘(うえだ よしひろ)は日本の有機化学者である。京都大学化学研究所 物質創製化学研究系・助教。専門は有機合成化学・天然物化学・超分子化学。学術変革領域研究(B)「糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動態制御」(略称:糖…

  2. 生越 友樹 Tomoki Ogoshi

    生越 友樹(おごし ともき, 1976年5月)は、日本の有機・高分子・超分子化学者である。京都大学教…

  3. 橘 熊野 Yuya Tachibana

    橘 熊野(たちばな ゆや、1975年–)は、日本の化学者である。専門は環境材料、高分子化学、有機化学…

  4. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

    小坂田耕太郎(おさかだ こうたろう、OSAKADA Kohtaro、1955年2月18日-)は、日本…

  5. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

    アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

  6. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri

  7. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya

  8. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle

  9. イヴァン・フック Ivan Huc

  10. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto

  11. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello

  12. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauvage

  13. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

  14. デヴィッド・リー David A. Leigh

  15. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb

  16. 原田 明 Akira Harada

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「サイエンスアワードエレクトロケミストリー賞」が気になったので調べてみた
  2. アジサイから薬ができる
  3. リアルタイムで分子の自己組織化を観察・操作することに成功
  4. 逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR; reverse transcription PCR)
  5. 高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?
  6. 新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで
  7. アンモニアを室温以下で分解できる触媒について

注目情報

最新記事

材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマティクスとロボティクス」-

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年11月11日に開催された共催セミナーで弊…

第58回「新しい分子が世界を変える力を信じて」山田容子 教授

第58回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

始めよう!3Dプリンターを使った実験器具DIY:準備・お手軽プリント編

オリジナルの実験器具を3Dプリンターで作る企画を始めました。第一弾として3Dプリンターの導入と試しに…

第16回日本化学連合シンポジウム「withコロナ時代における化学への期待」

およそ3年間に渡る新型コロナウイルス感染症の蔓延により、経済、文化、研究、社会活動のすべてが大きなダ…

アカデミアケミストがパパ育休を取得しました!

こんにちは、こんばんは、おはようございます、Macyこと九大院薬 助教の寄立麻琴です。タイトルに…

PAGE TOP