[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース超分子化学

  1. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

    小坂田耕太郎(おさかだ こうたろう、OSAKADA Kohtaro、1955年2月18日-)は、日本の錯体・有機金属化学、高分子化学ならびに超分子化学者である。東京工業大学化学生命科学(旧資源化学研究所)教授である。(写真:リンクより転載)…

  2. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

    アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

  3. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri

    モハマド・レザ・ガディリ (Mohammad Reza Ghadiri、19xx年xx月xx日(イラ…

  4. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya

    塩谷光彦(しおのや みつひこ、1958年7月14日-)は、日本の生物無機化学者、…

  5. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle

    フリッツ・フェクトレ(Fritz Vögtle、1939年3月8日-2017年1月3日)は、ドイツの…

  6. イヴァン・フック Ivan Huc

  7. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto

  8. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello

  9. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauvage

  10. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

  11. デヴィッド・リー David A. Leigh

  12. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb

  13. 原田 明 Akira Harada

  14. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

  15. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa

  16. フレーザー・ストッダート James Fraser Stoddart

スポンサー

ピックアップ記事

  1. SlideShareで見る美麗な化学プレゼンテーション
  2. 温和な室温条件で高反応性活性種・オルトキノジメタンを生成
  3. 藤沢晃治 「分かりやすい○○」の技術 シリーズ
  4. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidation
  5. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  6. Reaxys無料トライアル実施中!
  7. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?

注目情報

最新記事

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

PAGE TOP