[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学コラム

  1. 令和3年度に登録された未来技術遺産が発表 ~フィッシャー・トロプシュ法や記憶媒体に関する資料が登録~

    国立科学博物館は、平成20年度から重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)の登録を実施しています。令和3年度は、あらたに、日本初の磁気録音テープなど、24件を登録することとなりました。今回(第14回)の登録により合計325件の登録となります…

  2. 子ども向け化学啓発サイト「うちラボ」オープン!

    化学工業日報社は、「化学(科学)への興味喚起を通し、将来の化学産業を担う人材育成のきっかけづくりをす…

  3. 「第22回 理工系学生科学技術論文コンクール」の応募を開始

    日刊工業新聞社とモノづくり日本会議は、理工系学生(大学生・修士課程の大学院生、工業高等専門学校生)を…

  4. 木材を簡便に透明化させる技術が開発される

    普通の木の板をガラスのように透明にした上で、ガラスよりも丈夫で優れた断熱特性を持つようにする技術を、…

  5. 2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

    2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

  6. 三井化学岩国大竹工場の設備が未来技術遺産に登録

  7. 偽造ウイスキーをボトルに入れたまま判別する手法が開発される

  8. 高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

  9. 新型コロナウイルスをブロックする「N95マスクの95って一体何?」などN95マスクの秘密が一発で分かるムービーが登場

  10. 厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘

  11. 「サンゴ礁に有害」な日焼け止め禁止法を施行、パラオ

  12. ミツバチの活動を抑えるスプレー 高知大発の企業が開発

  13. 『夏休み子ども化学実験ショー2019』8月3日(土)~4日(日)、科学技術館にて開催

  14. 平成をケムステニュースで振り返る

  15. Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

  16. 博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第73回―「Nature Chemistryの編集者として」Gavin Armstrong博士
  2. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘導体の合成
  3. ものごとを前に進める集中仕事術「ポモドーロ・テクニック」
  4. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles
  5. コーラから発がん物質?
  6. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)diboron
  7. 第54回―「ナノカーボンを機能化する合成化学」Maurizio Prato教授

注目情報

最新記事

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

PAGE TOP