[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「第22回 理工系学生科学技術論文コンクール」の応募を開始

[スポンサーリンク]

日刊工業新聞社とモノづくり日本会議は、理工系学生(大学生・修士課程の大学院生、工業高等専門学校生)を対象に、科学技術への思いや日常で感じていることを発信していただくため、「理工系学生科学技術論文コンクール」を開催しております。本コンクールは1999年より開始して以来、今回で第22回目を迎える歴史ある学生向けの論文コンクールです。2021年度の応募を開始しており、理工系学生の皆さんの応募を受け付けています。「独創性」「将来性」「論理性」の3点から総合的に評価し、最優秀論文には「文部科学大臣賞」が贈られます。理工系学生の皆さんの論文を募集しています。  (引用:PRTIMES7月2日)

理工系学生科学技術論文コンクールは、理工系学生が日本の科学技術への思いを発信するためのコンクールです。

応募規定によると、主題は「科学技術と日本の将来」で3200字以内で論じます。対象は、理工系の大学生・大学院生(修士課程)・工業高等専門学校生で今年度の締め切りは2022年の2月10日です。

独創性・将来性・論理性で総合的に評価され、2022年の3月上旬に受賞発表、3月下旬には贈賞式が行われる予定です。最優秀賞・文部科学大臣賞1編には楯と奨学金20万円、優秀賞2編には楯と奨学金10万円、特別賞3編には楯と奨学金5万円が贈られる他、日刊工業新聞全国版に論文が掲載されるようです。

過去の入賞作品は公開されていて作品を見ていくと、科学政策・科学技術の一般的な内容から問題提起を行っている論文もあれば、特定の分野についてその内容に触れながら発展のための提案を行っている論文まで様々です。学年に関しても学部2年生から、修士2年、高専の6年生までと幅広い学年の方が入選しています。

2020年の最優秀賞・文部科学大臣賞を受賞された富山大学工学部工学科3年 木原真穂さんは、大学教育における理系専門科目とアクティブラーニングという内容の論文を発表しています。内容を要約すると、大学1,2年の授業は、教員が学生に知識を伝達する講義形式の授業が主で、学生が自ら主体的に学ぶことがなく大学での勉学の趣旨に合っていない。そのため低学年からもアクティブラーニングを積極的に行うべきだと主張されています。そのうえで、具体的なアクティブラーニングの方法を2例考案し、より主体的な学びに深化させることを提案されています。同じく2020年に特別賞を受賞された古屋大学工学部化学生命工学科3年 北島光之輔さんは、新たな科学技術を生み出すための学部講義の新しい在り方という内容の論文を発表しています。北島さんも学部の講義に関して問題提議し、自身の動画作成イベント参加の経験などから、学部 1 年から研究室に所属し、大学院生の実験の見学や簡単な模擬実験を通して既存の科学技術を学ぶ「短期研究室留学」を提案しています。もちろんこれらの提案に対して、講義を行い研究室を運営する大学の教員の方々はいろいろなご意見をお持ちだと思います。しかし、少なくとも学生サイドでも問題意識があり、そして建設的な提案がなされていることは認識されるべきではないでしょうか。

千葉大学大学院融合理工学府先進理化学専攻修士課程1年 濱口紀江さんは、クライオ電子顕微鏡の今後の発展における人材投資の重要性についてという内容で2020年に入賞しています。内容はクライオ電子顕微鏡について、日本での導入台数がわずか6台と他国に対して遅れをとっていることを問題視して、クライオ電子顕微鏡を使った研究を日本で加速するために、この機器を取り扱える人材の育成を強化すべきだと提言しています。このクライオ電子顕微鏡を日々使って研究されているからこその視点で、大変興味深い内容だと思います。

サーモフィッシャー社製クライオTEM(出典:サーモフィッシャー社

どの入賞作品どれを読んでも、なるほど、ごもっともな意見だと思えること書かれていて、それらが大学生から提案されていることに日本の科学技術の将来に希望を感じました。これを受けてどう政策を作るのかは政治家・官僚の方々であり、ぜひとも丁寧に学生からの意見を読んで真剣に考えていただきたいと思います。

話は過去の入賞作品にそれてしまいましたが、応募にあたってコンクールのサイトには、

自分はこう思う、世の中をこう変えたい、という熱い想いを、理工系学生という専門性を生かして提言してください。そのなかで必要に応じて、先駆的研究者の論文や、統計データ、新聞などメディアの報道を活用しながら、「社会に広く共感を得られる提言力を磨く」力試しをしてほしいと願っています。

と綴られています。作品の書き方についてもTipsが紹介されていて、例えば、審査基準である独創性・将来性・論理性に固執しすぎて独りよがりの論文にならないようアドバイスされています。

ぜひ、科学技術やそれに関する日本の未来、科学教育に関して思うことがある理工系の学生は、応募をして自分の考えを発信してほしいと思います。日本の科学技術を変えるきっかけになるかもしれません。

関連書籍

関連リンク

Zeolinite

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. 114番元素生成の追試に成功
  2. 日本化学会 平成17年度各賞受賞者決まる
  3. 富士通、化合物分子設計統合支援ソフト「キャッシュ」新バージョンを…
  4. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用
  5. 細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進
  6. ガ求愛行動:性フェロモンを解明 東大など
  7. 化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益
  8. 木材を簡便に透明化させる技術が開発される

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ナノチューブブラシ!?
  2. Reaxys Prize 2011発表!
  3. 金属ヒドリド水素原子移動(MHAT)を用いた四級炭素構築法
  4. もっと化学に光を! 今さらですが今年は光のアニバーサリーイヤー
  5. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazole Synthesis
  6. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye
  7. 有機合成化学協会誌2017年11月号:オープンアクセス・英文号!
  8. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  9. 工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1
  10. 置き去りのアルドール、launch!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP