[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「サンゴ礁に有害」な日焼け止め禁止法を施行、パラオ

[スポンサーリンク]

太平洋の島国パラオは1日、「サンゴ礁に有害」な日焼け止めを禁止する先駆的な法律を施行した。同国は、他にも世界最大級の海洋保護区の設置など厳しい環境対策を導入している。  (引用:AFP通信1月2日)

2018年に、ハワイでサンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け止めを禁止する法案が可決されたことが大きなニュースになりました。ハワイにおける法案の施行は2021年からですが、パラオでは、すでに今月から規制が始まっています。ルールもハワイよりも厳しく、サンゴに悪影響を及ぼす下記の成分を含む製品の販売だけでなく使用することも禁じていて、禁止された日焼け止めの輸入・販売に関与した者には1000ドル(約11万円)の罰金が科され、観光客が持ち込んだ日焼け止めは没収されるそうです。

  • Oxybenzone (benzophenone-3)
  • Ethyl paraben
  • Octinoxate (octyl methoxycinnamate)
  • Butyl paraben
  • Octocrylene
  • 4-methyl-benzylidene camphor
  • Benzyl paraben
  • Triclosan
  • Methyl paraben
  • Phenoxyethanol

ハワイと共通で規制された成分の構造

パラオでのみ規制された成分の構造

いくつかの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを見てみましたが、どの商品にも防腐剤であるPhenoxyethanolやフェロモンであるMethyl parabenが含まれていて、パラオの規制成分を全く含まない日焼け止めはとても少ないようです。

パラオで規制された成分含まれていない日焼け止め(引用:資生堂

話は少し変わりますが、日焼け止めには性能を示すSPFPAのスペックが商品に書かれています。SPFはUV-B(315~280nm)から、PAはUV-A(400–315 nm)から肌を守る性能を示す値で、それぞれ ISO 24444ISO 24442で測定方法が規定されています。具体的には、皮膚の病気等がない18歳から60歳までの男女の皮膚で実験を行って算出されます。日焼けのタイプは、すぐ赤くなる、黒くなるなど、なかなか色が変化しないなど人によって異なるため、複数のタイプの日が被験者になってもらうようです。実際に疑似太陽光源を使い、照射時間を変えて日焼け止めを塗ったところと塗っていないところの違いを観察し、肌の色の変化がみられた最小の線量を日焼け止めありなしで比較し値を算出します。SPFは、得られた値そのものとなりますが、50が最高でそれ以上の性能を持つ場合には50+と表記します。PAは性能に応じてPA+からPA++++にランク付けされます。

実験に使われる疑似太陽光源(引用:ウシオ電機

自分は室内にこもっているので日焼け止めの違いはわかりませんが、性能が高いものほど、高い濃度の紫外線吸収剤や紫外線を散乱させる酸化チタン酸化亜鉛が含まれていて、粘度が高かったり独特の白さが目立ちつけ心地が悪いそうです。そのため場面に応じて適切な性能の日焼け止めを使ったほうが良いそうです。

短期滞在の人が使って海に流れ出る日焼け止めの量はごく微量だと感じるかもしれませんが、「パラオの有名なダイビングやシュノーケリングのスポットでは来る日も来る日も、何リットルもの日焼け止めが海に放出されている計算になる。」とパラオの報道官は主張して規制の重要性を訴えています。日焼け止めに限らずビーチの環境汚染は世界中で問題になっていて、ビーチを閉鎖する場所も出始めています。貴重な自然を保護し、将来にわたって人々が楽しめるように、個人の意識と政府の対策が重要であること感じさせるニュースでした。

関連書籍

関連リンク

Zeolinite

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. 第六回サイエンス・インカレの募集要項が発表
  2. 東亜合成と三井化学、高分子凝集剤の事業統合へ
  3. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得
  4. 存命化学者達のハーシュ指数ランキングが発表
  5. 呉羽化学、社名を「クレハ」に
  6. 化学企業のグローバル・トップ50
  7. 赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美し…
  8. 化学大手2014年4–9月期決算:概して増収増益

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.
  2. 高知和夫 J. K. Kochi
  3. 特許の効力と侵害
  4. 化学 美しい原理と恵み (サイエンス・パレット)
  5. 材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果
  6. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体
  7. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer
  8. 兄貴達と化学物質
  9. メディビック、抗がん剤「グルフォスファミド」の第II相試験を開始
  10. マイクロ波プロセスの工業化 〜環境/化学・ヘルスケア・電材領域での展開と効果〜(2)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳2022

毎年これが届くと、ああもう今年も終わりかあと思うようになりました。そう、読者…

ダイセル発、にんにく由来の機能性表示食品「S-アリルシステイン」

株式会社ダイセルは、カラダの疲れを感じている方のための機能性表示食品「S-アリルシステイン」を消費者…

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP