[スポンサーリンク]


身のまわりの分子その他

  1. 嗚呼、美しい高分子の世界

    先日、美しい分子構造の高分子が合成できた為、研究室内で自慢していたところ、ラボメートに言われた一言、二言。「へぇ〜。まあかっこいいかもしれないけど、その物性は?」「物性に特徴がないなら意味がないよね。」……はい。高分子に限らず、…

  2. 亜酸化窒素 Nitrous oxide

    亜酸化窒素はN2Oの構造を持つガスで、窒素酸化物の一種である。麻酔効果があるため、笑気ガス(Laug…

  3. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine

    自然界に存在するポルフィリンporphyrins(Ps)とその類縁体であるフタロシアニンphthal…

  4. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate)

    酢酸フェニル水銀は、イネいもち病菌のカビを殺菌する特効薬として1948年に農薬登録、1973年に失効した農薬。

  5. ゲオスミン(geosmin)

    ゲオスミン(geosminの発音は「ジオスミン」の方が近い)はデカリン(-ビシク…

  6. 水 (water, dihydrogen monoxide)

  7. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,5,7-octatetraene)

  8. アルゴン (argon; Ar)

  9. キセノン (xenon; Xe)

  10. ヘリウム (helium; He)

  11. 二酸化炭素 (carbon dioxide)

  12. オリンピセン (olympicene)

  13. シラフルオフェン (silafluofen)

  14. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Protein (GFP)

  15. フラーレン /Fullerene

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Callipeltosideの全合成と構造訂正
  2. XPhos
  3. DNAに人工塩基対を組み入れる
  4. 【書籍】10分間ミステリー
  5. プラスチック類の選別のはなし
  6. 研究生活の心構えー修士課程、博士課程に進学したあなたへー
  7. ジョン・フェン John B. Fenn

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

PAGE TOP