[スポンサーリンク]


身のまわりの分子その他

  1. 亜酸化窒素 Nitrous oxide

    亜酸化窒素はN2Oの構造を持つガスで、窒素酸化物の一種である。麻酔効果があるため、笑気ガス(Laughing gas)とも呼ばれている。基本物性と製造法沸点は-90.86℃で無色の気体である。類似のガスに猛毒のNO2やN2O4な…

  2. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine

    自然界に存在するポルフィリンporphyrins(Ps)とその類縁体であるフタロシアニンphthal…

  3. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate)

    酢酸フェニル水銀は、イネいもち病菌のカビを殺菌する特効薬として1948年に農薬登録、1973年に失効した農薬。

  4. ゲオスミン(geosmin)

    ゲオスミン(geosminの発音は「ジオスミン」の方が近い)はデカリン(-ビシク…

  5. 水 (water, dihydrogen monoxide)

    1個の水分子は、1個の酸素原子と2個の水素分子を持ちます。

  6. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,5,7-octatetraene)

  7. アルゴン (argon; Ar)

  8. キセノン (xenon; Xe)

  9. ヘリウム (helium; He)

  10. 二酸化炭素 (carbon dioxide)

  11. オリンピセン (olympicene)

  12. シラフルオフェン (silafluofen)

  13. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Protein (GFP)

  14. フラーレン /Fullerene

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】
  2. 鉄系超伝導体の臨界温度が4倍に上昇
  3. 理化学研究所が新元素発見 名前は「リケニウム」?
  4. 指向性進化法 Directed Evolution
  5. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ
  6. ディスコデルモライド /Discodermolide
  7. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】

注目情報

最新記事

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

PAGE TOP