[スポンサーリンク]


身のまわりの分子その他

  1. 嗚呼、美しい高分子の世界

    先日、美しい分子構造の高分子が合成できた為、研究室内で自慢していたところ、ラボメートに言われた一言、二言。「へぇ〜。まあかっこいいかもしれないけど、その物性は?」「物性に特徴がないなら意味がないよね。」……はい。高分子に限らず、…

  2. 亜酸化窒素 Nitrous oxide

    亜酸化窒素はN2Oの構造を持つガスで、窒素酸化物の一種である。麻酔効果があるため、笑気ガス(Laug…

  3. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine

    自然界に存在するポルフィリンporphyrins(Ps)とその類縁体であるフタロシアニンphthal…

  4. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate)

    酢酸フェニル水銀は、イネいもち病菌のカビを殺菌する特効薬として1948年に農薬登録、1973年に失効した農薬。

  5. ゲオスミン(geosmin)

    ゲオスミン(geosminの発音は「ジオスミン」の方が近い)はデカリン(-ビシク…

  6. 水 (water, dihydrogen monoxide)

  7. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,5,7-octatetraene)

  8. アルゴン (argon; Ar)

  9. キセノン (xenon; Xe)

  10. ヘリウム (helium; He)

  11. 二酸化炭素 (carbon dioxide)

  12. オリンピセン (olympicene)

  13. シラフルオフェン (silafluofen)

  14. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Protein (GFP)

  15. フラーレン /Fullerene

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 糖鎖合成化学は芸術か?
  2. 血液型をChemistryしてみよう!
  3. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  4. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  5. マイクロフロー瞬間pHスイッチによるアミノ酸NCAの高効率合成
  6. 第99回日本化学会年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I
  7. ケミカルバイオロジー chemical biology

注目情報

最新記事

橘 熊野 Yuya Tachibana

橘 熊野(たちばな ゆや、1975年–)は、日本の化学者である。専門は環境材料、高分子化学、有機化学…

「生物素材で新規構造材料を作り出す」沼田 圭司 教授

第39回となる研究者へのインタビュー。今回インタビューをお願いしたのは、沼田圭司先生。生体高…

トンネル効果が支配する有機化学反応

ケムステ海外研究記の第35回目は、Justus Liebig University Giessen(…

沼田 圭司 Keiji Numata

沼田 圭司 (ぬまた けいじ、1980年-)は、日本の化学者である。専門は高分子の生合成と分解。20…

第二回ケムステVシンポ「光化学へようこそ!」開催報告

こんにちは、Spectol21です。2020年5月15日 17時より、#ケムステVシンポ 「…

PAGE TOP