[スポンサーリンク]


身のまわりの分子その他

  1. 亜酸化窒素 Nitrous oxide

    亜酸化窒素はN2Oの構造を持つガスで、窒素酸化物の一種である。麻酔効果があるため、笑気ガス(Laughing gas)とも呼ばれている。基本物性と製造法沸点は-90.86℃で無色の気体である。類似のガスに猛毒のNO2やN2O4な…

  2. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine

    自然界に存在するポルフィリンporphyrins(Ps)とその類縁体であるフタロシアニンphthal…

  3. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate)

    酢酸フェニル水銀は、イネいもち病菌のカビを殺菌する特効薬として1948年に農薬登録、1973年に失効した農薬。

  4. ゲオスミン(geosmin)

    ゲオスミン(geosminの発音は「ジオスミン」の方が近い)はデカリン(-ビシク…

  5. 水 (water, dihydrogen monoxide)

    1個の水分子は、1個の酸素原子と2個の水素分子を持ちます。

  6. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,5,7-octatetraene)

  7. アルゴン (argon; Ar)

  8. キセノン (xenon; Xe)

  9. ヘリウム (helium; He)

  10. 二酸化炭素 (carbon dioxide)

  11. オリンピセン (olympicene)

  12. シラフルオフェン (silafluofen)

  13. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Protein (GFP)

  14. フラーレン /Fullerene

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!
  2. トムソン・ロイター:2009年ノーベル賞の有力候補者を発表
  3. なぜあなたは論文が書けないのか
  4. 理化学研究所が新元素発見 名前は「リケニウム」?
  5. 酵母菌に小さなソーラーパネル
  6. 大村智 ー2億人を病魔から守った化学者
  7. 2009年1月人気化学書籍ランキング

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法…

PAGE TOP