[スポンサーリンク]


身のまわりの分子その他

  1. 嗚呼、美しい高分子の世界

    先日、美しい分子構造の高分子が合成できた為、研究室内で自慢していたところ、ラボメートに言われた一言、二言。「へぇ〜。まあかっこいいかもしれないけど、その物性は?」「物性に特徴がないなら意味がないよね。」……はい。高分子に限らず、…

  2. 亜酸化窒素 Nitrous oxide

    亜酸化窒素はN2Oの構造を持つガスで、窒素酸化物の一種である。麻酔効果があるため、笑気ガス(Laug…

  3. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine

    自然界に存在するポルフィリンporphyrins(Ps)とその類縁体であるフタロシアニンphthal…

  4. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate)

    酢酸フェニル水銀は、イネいもち病菌のカビを殺菌する特効薬として1948年に農薬登録、1973年に失効した農薬。

  5. ゲオスミン(geosmin)

    ゲオスミン(geosminの発音は「ジオスミン」の方が近い)はデカリン(-ビシク…

  6. 水 (water, dihydrogen monoxide)

  7. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,5,7-octatetraene)

  8. アルゴン (argon; Ar)

  9. キセノン (xenon; Xe)

  10. ヘリウム (helium; He)

  11. 二酸化炭素 (carbon dioxide)

  12. オリンピセン (olympicene)

  13. シラフルオフェン (silafluofen)

  14. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Protein (GFP)

  15. フラーレン /Fullerene

スポンサー

ピックアップ記事

  1. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ
  2. サイエンス・ダイレクトがリニューアル
  3. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水化学
  4. 化学の資格もってますか?
  5. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers
  6. 生涯最高の失敗
  7. 2つのアシロイン縮合

注目情報

最新記事

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

PAGE TOP