[スポンサーリンク]

その他

水 (water, dihydrogen monoxide)

1個の水分子は、1個の酸素原子と2個の水素分子を持ちます。

(water, dihydrogen monooxide, H2O)は、わたしたちの生活の中で最も親しみのある液体のひとつ。融点は0度で、氷になります。沸点は100度で、水蒸気になります。

参考文献

[1] 数研出版・高等学校教科書・化学・306 (http://www.chart.co.jp/goods/kyokasho/26kyokasho/rika/kagaku/)

[2] ウィキペディア「DHMO」(http://ja.wikipedia.org/wiki/DHMO)

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. カルボプラチン /carboplatin
  2. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,…
  3. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)
  4. ギンコライド ginkgolide
  5. エンテロシン Enterocin
  6. フタロシアニン phthalocyanine
  7. ブレビコミン /Brevicomin
  8. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Prot…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ペイドン・ヤン Peidong Yang
  2. 天然の日焼け止め?
  3. 炭素ー炭素結合を切る触媒
  4. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発
  5. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol Reaction
  6. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  7. トーマス・トーレス Tomas Torres
  8. 武田や第一三共など大手医薬、特許切れ主力薬を「延命」
  9. アウグスト・ホルストマン  熱力学と化学熱力学の架け橋
  10. 元素ネイルワークショップー元素ネイルってなに?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP