[スポンサーリンク]

その他

水 (water, dihydrogen monoxide)

1個の水分子は、1個の酸素原子と2個の水素分子を持ちます。

(water, dihydrogen monooxide, H2O)は、わたしたちの生活の中で最も親しみのある液体のひとつ。融点は0度で、氷になります。沸点は100度で、水蒸気になります。

参考文献

[1] 数研出版・高等学校教科書・化学・306 (http://www.chart.co.jp/goods/kyokasho/26kyokasho/rika/kagaku/)

[2] ウィキペディア「DHMO」(http://ja.wikipedia.org/wiki/DHMO)

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. ペリプラノン
  2. コエンザイムQ10 /coenzyme Q10
  3. メントール /menthol
  4. ヘロナミドA Heronamide A
  5. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)
  6. ペラミビル / Peramivir
  7. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)
  8. ヒストリオニコトキシン histrionicotoxin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 城戸 淳二 Junji Kido
  2. ルテニウム触媒によるC-C結合活性化を介した水素移動付加環化型カップリング
  3. フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesis
  4. マンダー試薬 Mander’s Reagent
  5. シグマ アルドリッチ構造式カタログの機能がアップグレードしたらしい
  6. エリック・メガース Eric Meggers
  7. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  8. 文化勲章・受章化学者一覧
  9. オキソニウムカチオンを飼いならす
  10. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP