[スポンサーリンク]

その他

アルゴン (argon; Ar)

アルゴンは、常温常圧下、単原子分子として存在する気体。窒素分子、酸素分子に次いで、アルゴン分子は、空気中で3番目に多く含まれる気体です。モル比で空気全体の約1パーセントほどを占めます。

  • 詳細

アルゴンは空気中に0.93パーセントほど含まれます。アルゴンの命名は、ギリシャ語の「怠け者(argos)」・「不活発(argon)」・「働かない(ab ergon)」に由来していると考えられています。1894年に液化空気の分留によりレイリー卿(Lord Rayleigh)とラムゼー(William Ramsay)氏が発見しました。太陽からのヘリウムのスペクトル観測を除けば、アルゴンは最初に見つかった希ガスです。

キセノンおよびクリプトンではわずかに化合物の存在が知られていましたが、アルゴンでは長く化合物の存在は知られていませんでした。しかし、西暦2000年のネイチャーで、初めてのアルゴン化合物として、アルゴンフッ素水素化物HArFが報告されています[1]。

  • 参考文献

[1] “A stable argon compound.” Leonid Khriachtchev et al. Nature 2000 DOI: 10.1038/35022551

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. デルフチバクチン (delftibactin)
  2. トラネキサム酸 / tranexamic acid
  3. ククルビットウリル Cucurbituril
  4. オーラノフィン (auranofin)
  5. ユーコミン酸 (eucomic acid)
  6. 二酸化炭素 (carbon dioxide)
  7. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin
  8. サラシノール salacinol

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of Enolate
  2. 第5回慶應有機化学若手シンポジウム
  3. 新薬と併用、高い効果
  4. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発
  5. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  6. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  7. 気になるあの会社~東京エレクトロン~
  8. 天然物界70年の謎に終止符
  9. 第六回 電子回路を合成するー寺尾潤准教授
  10. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP