[スポンサーリンク]

その他

アルゴン (argon; Ar)

アルゴンは、常温常圧下、単原子分子として存在する気体。窒素分子、酸素分子に次いで、アルゴン分子は、空気中で3番目に多く含まれる気体です。モル比で空気全体の約1パーセントほどを占めます。

  • 詳細

アルゴンは空気中に0.93パーセントほど含まれます。アルゴンの命名は、ギリシャ語の「怠け者(argos)」・「不活発(argon)」・「働かない(ab ergon)」に由来していると考えられています。1894年に液化空気の分留によりレイリー卿(Lord Rayleigh)とラムゼー(William Ramsay)氏が発見しました。太陽からのヘリウムのスペクトル観測を除けば、アルゴンは最初に見つかった希ガスです。

キセノンおよびクリプトンではわずかに化合物の存在が知られていましたが、アルゴンでは長く化合物の存在は知られていませんでした。しかし、西暦2000年のネイチャーで、初めてのアルゴン化合物として、アルゴンフッ素水素化物HArFが報告されています[1]。

  • 参考文献

[1] “A stable argon compound.” Leonid Khriachtchev et al. Nature 2000 DOI: 10.1038/35022551

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)
  2. ミヤコシンA (miyakosyne A)
  3. タミフル(オセルタミビル) tamiflu (oseltamiv…
  4. ククルビットウリル Cucurbituril
  5. ファイトスルフォカイン (phytosulfokine)
  6. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysi…
  7. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine
  8. エンテロシン Enterocin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. E値 Environmental(E)-factor
  2. 鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化
  3. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大気庁発表
  4. アレクサンダー・リッチ Alexander Rich
  5. トップリス ツリー Topliss Tree
  6. 米ブリストル、仏サノフィの買収提案に備え助言契約締結
  7. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  8. クロスカップリング用Pd触媒 小ネタあれこれ
  9. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine
  10. プロリン ぷろりん proline

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】

皆さまこんにちは。以前ケムステにてフランスでの研究生活を紹介させて頂いた者です。さてそのフラ…

スケールアップで失敗しないために

化学を長年やっている助教や博士課程の学生にとっては当たり前のことでも、学部生や修士の学生がやってみる…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP