[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースF

  1. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Protecting Group

    概要9-フルオレニルメチルオキシカルボニル(9-fluorenylmethyloxycarbonyl, Fmoc)基は、カルバメート形成によってアミンの保護目的に多用される。酸性条件・酸化条件に強く、穏和な塩基性条件で除去可能。接触…

  2. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reaction

    概要パラジウム触媒存在下、非修飾型ベンゼン環に、直接オレフィンとの結合生成を行う…

  3. フロインターベルク・シェーンベルク チオフェノール合成 Freunderberg-Schonberg Thiophenol Synthesis

    概要フェノールをチオカルバメート化もしくはチオカーボネート化し、熱転位、引き続く…

  4. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent

    概要セライト担持型炭酸銀(I)はFetizon試薬と呼ばれ、マイルドな酸化試薬と…

  5. フェントン反応 Fenton Reaction

    概要鉄(II)と過酸化水素によってヒドロキシラジカルを発生させ、種々の分解を行う…

  6. フェルキン・アーン モデル Felkin-Anh Model

  7. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupling

  8. フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesis

  9. フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Complex

  10. フェリエ転位 Ferrier Rearrangement

  11. FAMSO

  12. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reaction

  13. フェイスト・ベナリー フラン合成 Feist-Benary Furan Synthesis

  14. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis

  15. フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-Buttenberg-Wiechell Rearrangement

  16. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speier Esterification

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 岡大教授が米国化学会賞受賞
  2. 2008年12月人気化学書籍ランキング
  3. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hillman Reaction
  4. スピノシン Spinosyn
  5. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent
  6. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement
  7. 光触媒の力で多置換トリフルオロメチルアルケンを合成

注目情報

最新記事

第8回慶應有機化学若手シンポジウム

ご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学…

第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

第141回の海外化学者インタビューはセバスチャン・ペリエ教授です。シドニー大学化学科(訳注:現在はワ…

合格体験記:知的財産管理技能検定~berg編~

私(berg)が2019(令和元)年11月17日(日)に受験した3級(第34回)の記録です。現状とは…

ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】

hodaです。機械学習に興味があります。突然ですが読者の皆さんは第13回ケムステVシンポジウム「…

研究助成金及び海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

2021年度が始まりました。悪い予想通り、コロナの影響は続き今年も自由に動けませんね。そんななかでも…

PAGE TOP