[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースF

  1. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Protecting Group

    概要9-フルオレニルメチルオキシカルボニル(9-fluorenylmethyloxycarbonyl, Fmoc)基は、カルバメート形成によってアミンの保護目的に多用される。酸性条件・酸化条件に強く、穏和な塩基性条件で除去可能。接触…

  2. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reaction

    概要パラジウム触媒存在下、非修飾型ベンゼン環に、直接オレフィンとの結合生成を行う…

  3. フロインターベルク・シェーンベルク チオフェノール合成 Freunderberg-Schonberg Thiophenol Synthesis

    概要フェノールをチオカルバメート化もしくはチオカーボネート化し、熱転位、引き続く…

  4. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent

    概要セライト担持型炭酸銀(I)はFetizon試薬と呼ばれ、マイルドな酸化試薬と…

  5. フェントン反応 Fenton Reaction

    概要鉄(II)と過酸化水素によってヒドロキシラジカルを発生させ、種々の分解を行う…

  6. フェルキン・アーン モデル Felkin-Anh Model

  7. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupling

  8. フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesis

  9. フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Complex

  10. フェリエ転位 Ferrier Rearrangement

  11. FAMSO

  12. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reaction

  13. フェイスト・ベナリー フラン合成 Feist-Benary Furan Synthesis

  14. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis

  15. フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-Buttenberg-Wiechell Rearrangement

  16. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speier Esterification

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  2. 【書籍】イシューからはじめよ~知的生産のシンプルな本質~
  3. ミズロウ・エヴァンス転位 Mislow-Evans Rearrangement
  4. シンポジウム・向山先生の思い出を語る会
  5. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty
  6. シンプルなα,β-不飽和カルベン種を生成するレニウム触媒系
  7. 身近なカガクを説明した記事まとめ

注目情報

最新記事

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

PAGE TOP