[スポンサーリンク]

F

フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent

[スポンサーリンク]

 

概要

セライト担持型炭酸銀(I)はFetizon試薬と呼ばれ、マイルドな酸化試薬として働く。とくにラクトールをラクトンに選択的に酸化する目的で重宝される。

 

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-…
  2. 活性二酸化マンガン Activated Manganese Di…
  3. ラロック インドール合成 Larock Indole Synth…
  4. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cr…
  5. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Cl…
  6. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Prot…
  7. ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehy…
  8. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxid…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アスピリンの梗塞予防検証 慶応大、1万人臨床試験
  2. 元素紀行
  3. 第38回有機金属若手の会
  4. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較
  5. コーリー・チャイコフスキー反応 Corey-Chaykovsky Reaction
  6. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」
  7. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  8. 試薬会社にみるノーベル化学賞2010
  9. トーマス・レクタ Thomas Lectka
  10. 触媒的C-H酸化反応 Catalytic C-H Oxidation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める

リチウムリオンバッテリー(リチウムイオン二次電池)はPCやスマートフォンなどの電子機器に利用されてい…

研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ③

さて、前回に引き続いて、「エバポ用真空制御装置の自作」に挑戦しています。前回までの記事では、…

AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~

AIの機械学習による創薬が化学業界で注目を集めています。2019年3月に米国サンフランシスコで開催さ…

特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

1. 高粘度撹拌、高温・高圧・高真空に対応可能な反応釜高粘度でも撹拌できる大容量攪拌機と効率用除…

ライトケミカル工業2021年採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP