[スポンサーリンク]

F

フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent

 

概要

セライト担持型炭酸銀(I)はFetizon試薬と呼ばれ、マイルドな酸化試薬として働く。とくにラクトールをラクトンに選択的に酸化する目的で重宝される。

 

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. フェリエ転位 Ferrier Rearrangement
  2. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl…
  3. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearra…
  4. 2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Pro…
  5. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosyla…
  6. ジアゾカップリング diazocoupling
  7. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Ald…
  8. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Sol…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 5社とも増収 経常利益は過去最高
  2. ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesis
  3. 次なる新興感染症に備える
  4. メルク、途上国でエイズ抑制剤を20%値下げ
  5. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】
  6. テキサス大教授Science論文捏造か?
  7. マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrangement
  8. Glenn Gould と錠剤群
  9. 分子レベルでお互いを見分けるゲル
  10. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

PAGE TOP