[スポンサーリンク]

F

フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent

[スポンサーリンク]

 

概要

セライト担持型炭酸銀(I)はFetizon試薬と呼ばれ、マイルドな酸化試薬として働く。とくにラクトールをラクトンに選択的に酸化する目的で重宝される。

 

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction…
  2. マーデルング インドール合成 Madelung Indole S…
  3. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reactio…
  4. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefinati…
  5. 根岸カルボメタル化 Negishi Carbometalatio…
  6. テッベ試薬 Tebbe Reagent
  7. 四酸化オスミウム Osmium Tetroxide (OsO4)…
  8. ジアゾメタン diazomethane

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ホウ素と窒素で何を運ぶ?
  2. 水素結合の発見者は誰?
  3. 試験管内選択法(SELEX法) / Systematic Evolution of Ligands by Exponential Enrichment
  4. アムロジンのデータ資料返還でファイザーが住友化学に仮処分命令申立
  5. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化
  6. JEOL RESONANCE「UltraCOOL プローブ」: 極低温で感度MAX! ②
  7. 有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発
  8. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】
  9. 森田浩介 Kosuke Morita
  10. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP