[スポンサーリンク]

F

フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent

 

概要

セライト担持型炭酸銀(I)はFetizon試薬と呼ばれ、マイルドな酸化試薬として働く。とくにラクトールをラクトンに選択的に酸化する目的で重宝される。

 

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 光延反応 Mitsunobu Reaction
  2. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quino…
  3. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidat…
  4. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund …
  5. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroam…
  6. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidaz…
  7. ディークマン縮合 Dieckmann Condensation
  8. アセト酢酸エステル/マロン酸エステル合成 Acetoacetic…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 武田、ビタミン原料事業から完全撤退
  2. ピセン:Picene
  3. 研究助成情報サイト:コラボリー/Grants
  4. 信じられない!驚愕の天然物たちー顛末編ー
  5. 化学の力で迷路を解く!
  6. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (2)
  7. 藤沢の野鳥変死、胃から農薬成分検出
  8. 大学発ベンチャー「アンジェスMG」イオン液体使った核酸医薬臨床試験開始
  9. みんな大好きBRAINIAC
  10. SciFinderマイスター決定!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP