[スポンサーリンク]

F

フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Complex

 

概要

クロムカルボニル上のカルボニル配位子と有機リチウム剤が反応して生じたリチウムアルコキシドを、ジアゾメタンやMeerwein試薬などのハードメチル(エチル)化剤で捕捉してやることで、Fischerカルベン錯体が調製できる。

カルベン炭素はカルボニル配位子の電子求引性のため、求核攻撃を受けやすい。 同様の理由から、カルベン炭素α位プロトンの酸性度が増大(pKa~12)するため、塩基によって容易に脱プロトン化される。生じたカルボアニオンは種々の求電子剤と反応する。このためFischerカルベン錯体は、有機合成化学的にはエステル等価体と見なされる。

fischer_carbene_2.gif

基本文献

 

反応機構

fischer_carbene_5.gif

反応例

アリールFischerカルベン錯体とアルキンを混合し加熱すると、環化反応が進行し、引き続く酸化的処理によって4-アルコキシフェノールが得られる。(Dötz反応)[1] fischer_carbene_4.gif
光照射によりケテンを発生させることができる。以下はStaudinger[2+2]環化を経て、βラクタム合成へと応用した例である。
fischer_carbene_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Dotz, K. H. Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 197514, 644. doi:10.1002/anie.197506442.

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthe…
  2. コーリー・バクシ・柴田還元 Corey-Bakshi-Shiba…
  3. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund …
  4. アルキンメタセシス Alkyne Metathesis
  5. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduc…
  6. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  7. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane R…
  8. ワートン反応 Wharton Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  2. ついったー化学部
  3. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」
  4. 信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ
  5. マイヤース 不斉アルキル化 Myers Asymmetric Alkylation
  6. コルチスタチン /Cortistatin
  7. 独メルク、電子工業用薬品事業をBASFに売却
  8. Org. Proc. Res. Devのススメ
  9. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】
  10. NMR化学シフト予測機能も!化学徒の便利モバイルアプリ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP