[スポンサーリンク]

F

フェントン反応 Fenton Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

鉄(II)と過酸化水素によってヒドロキシラジカルを発生させ、種々の分解を行う反応。銅(I)の同様の反応を起こすことが知られている。

 

基本文献

  • Fenton, H. J. H. Proc. Chem. Soc. 18939, 113.
  • Jenner, E. L. Org. Synth. Coll. Vol. 5, 1026 (1973). [website]
  • Walling, C. Acc. Chem. Res. 1975, 8, 125. DOI: 10.1021/ar50088a003
  • Tezuka, T.; Narita, N.; Ando, W.; Oae, S. J. Am. Chem. Soc. 1981, 103, 3045. DOI: 10.1021/ja00401a023
  • Walling, C.; Amarnath, K. J. Am. Chem. Soc. 1982104, 1185. DOI: 10.1021/ja00369a005
  • Oturan, M. A. et al. New J. Chem. 199923, 793. DOI: 10.1039/A903791H

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation
  2. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Co…
  3. ホフマン脱離 Hofmann Elimination
  4. グレーサー反応 Glaser Reaction
  5. エーテル系保護基 Ether Protective Group
  6. ポヴァロフ反応 Povarov Reaction
  7. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagih…
  8. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reactio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 層状複水酸化物のナノ粒子化と触媒応用
  2. アルダー エン反応 Alder Ene Reaction
  3. 黎书华 Shuhua Li
  4. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis
  5. 6年越しで叶えた“海外と繋がる仕事がしたい”という夢
  6. ショッテン・バウマン反応 Schotten-Baumann Reaction
  7. SciFinder Future Leaders in Chemistry参加のススメ
  8. トリメチレンメタン付加環化 Trimethylenemethane(TMM) Cycloaddition
  9. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tetrabutylammonium Difluorotriphenylsilicate
  10. 三菱化学、来年3月にナイロン原料の外販事業から撤退=事業環境悪化で

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP