[スポンサーリンク]

F

フェントン反応 Fenton Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

鉄(II)と過酸化水素によってヒドロキシラジカルを発生させ、種々の分解を行う反応。銅(I)の同様の反応を起こすことが知られている。

 

基本文献

  • Fenton, H. J. H. Proc. Chem. Soc. 18939, 113.
  • Jenner, E. L. Org. Synth. Coll. Vol. 5, 1026 (1973). [website]
  • Walling, C. Acc. Chem. Res. 1975, 8, 125. DOI: 10.1021/ar50088a003
  • Tezuka, T.; Narita, N.; Ando, W.; Oae, S. J. Am. Chem. Soc. 1981, 103, 3045. DOI: 10.1021/ja00401a023
  • Walling, C.; Amarnath, K. J. Am. Chem. Soc. 1982104, 1185. DOI: 10.1021/ja00369a005
  • Oturan, M. A. et al. New J. Chem. 199923, 793. DOI: 10.1039/A903791H

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction…
  2. カルバメート系保護基 Carbamate Protection
  3. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocataly…
  4. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reacti…
  5. ヤコブセン転位 Jacobsen Rearrangement
  6. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
  7. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reage…
  8. 活性二酸化マンガン Activated Manganese Di…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで|第6回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)
  2. (-)-MTPA-Cl
  3. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)
  4. いざ、低温反応!さて、バスはどうする?〜水/メタノール混合系で、どんな温度も自由自在〜
  5. 多置換ケトンエノラートを立体選択的につくる
  6. 論文のチラ見ができる!DeepDyve新サービス開始
  7. 【22卒就活スタートイベント】Chemical Live(ケミカルライブ)10/31(土)・11/1(日) YouTubeライブ配信!
  8. ケムステ主催バーチャルシンポジウム「最先端有機化学」を開催します!
  9. エステルからエステルをつくる
  10. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化反応

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP