[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. 【速報】ノーベル化学賞2014ー超解像顕微鏡の開発

    スウェーデン王立科学アカデミーは8日、2014年のノーベル化学賞を米研究者のエリック・ベッチグ氏、独研究機関のステファン・ヘル氏、米スタンフォード大のウィリアム・モーナー氏の3氏に贈ると発表した。授賞理由…

  2. 速報! ノーベル物理学賞2014日本人トリプル受賞!!

    "スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2014年のノーベル物理学賞を、青色発光ダイオード(LED)…

  3. マイケル・レヴィット Michael Levitt

    マイケル・レヴィット(Michael Levitt、1947年5月9日、プリトリア(南アフリカ)生ま…

  4. フライデーハーバー研究所

    フライデー・ハーバー研究所(Friday Harbor Laboratory)は、ワシントン大学に属…

  5. やまと根岸通り

    パラジウム触媒クロスカップリングの研究業績にて、2010年ノーベル化学賞を受賞した根岸英一氏にちなん…

  6. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」

  7. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka

  8. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz

  9. 2012年ノーベル化学賞は誰の手に?

  10. 【速報】2011年ノーベル化学賞は「準結晶の発見」に!

  11. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman

  12. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

  13. ハーバート・ブラウン―クロスカップリングを導いた師とその偉業

  14. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?

  15. 2010年ノーベル化学賞ーお祭り編

  16. アーウィン・ローズ Irwin A. Rose

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 微生物の電気でリビングラジカル重合
  2. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授
  3. 菅沢反応 Sugasawa Reaction
  4. 化学探偵Mr.キュリー6
  5. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  6. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation
  7. カラムはオープン?フラッシュ?それとも??

注目情報

最新記事

中高生・高専生でも研究が学べる!サイエンスメンタープログラム

研究室に入って本格的な研究を始めるのは、大学4年生からが一般的。でも最近は、中高生が研究に取り組める…

ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」

およそ3000誌のジャーナル編集ポリシーをまとめたデータベース「Transpose」が、この6月に公…

有機合成化学協会誌2019年9月号:炭素–水素結合ケイ素化・脱フッ素ホウ素化・Chemically engineered extracts・クロロアルケン・ニトレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年9月号がオンライン公開されました。ま…

塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年10月18日(金) 10:30~16:50受講料…

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

PAGE TOP