[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. イライアス・コーリー E. J. Corey

    イライアス・ジェームス・コーリー(Elias James Corey, 1928年7月12日-)はアメリカの有機化学者である(写真:Wikipedia)。米国ハーバード大学教授。1990年に、「有機合成理論および方法論の開発」により、ノ…

  2. レーン 超分子化学

    内容過去25年にわたって進展を遂げてきた超分子化学について、特定の例に裏…

  3. 生涯最高の失敗

    内容「なんで私が?」...突然降って湧いたような授賞の知らせに驚く間もな…

  4. 学問と創造―ノーベル賞化学者・野依良治博士

    内容ノーベル化学賞を受賞した野依良治教授の受賞理由である、分子不斉触媒BI…

  5. 化学に魅せられて

    内容白川博士の発言は,科学者としての枠をこえた魅力と希望を私たちに与えて…

  6. キャリー・マリス Kary Banks Mullis

  7. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail

  8. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl

  9. 2007年度ノーベル医学・生理学賞決定!

  10. リチャード・シュロック Richard R. Schrock

  11. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)

  12. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)

  13. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)

  14. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)

  15. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Woodward

  16. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg

スポンサー

ピックアップ記事

  1. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー前編
  2. メタボ薬開発に道、脂肪合成妨げる化合物発見 京大など
  3. 光で動くモーター 世界初、東工大教授ら開発
  4. 留学生がおすすめする「大学院生と考える日本のアカデミアの将来2020」
  5. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Synthesis
  6. 「ELEMENT GIRLS 元素周期 ~聴いて萌えちゃう化学の基本~」+その他
  7. 114番元素生成の追試に成功

注目情報

最新記事

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

PAGE TOP