[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. ノーベル化学賞 Nobel Prize in Chemistry

    ノーベル化学賞(Nobel Prize in Chemistry)は、ノーベル賞6部門のうちの1つ。 「化学の分野内で最も重要な発見あるいは改良を成し遂げた」人に与えられます。 (さらに…)…

  2. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒

    先日、Richard R. Schrock教授(MIT)の講演を聴いてきました。Schrock教授は…

  3. 緑色蛍光タンパク Green Fluorescent Protein (GFP)

    緑色蛍光タンパク(Green Fluorescent Protein, GFP)は、 オワンクラゲ(…

  4. ロジャー・チェン Roger Y. Tsien

    ロジャー・Y・チェン (Roger Y. Tsien、1952年2月1日-2016年8月24日)は、…

  5. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』

    スウェーデンの王立科学アカデミーは8日、2008年のノーベル化学賞を、米ボストン大名…

  6. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs

  7. 下村 脩 Osamu Shimomura

  8. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表

  9. 2008年イグノーベル賞決定!

  10. イライアス・コーリー E. J. Corey

  11. レーン 超分子化学

  12. 生涯最高の失敗

  13. 学問と創造―ノーベル賞化学者・野依良治博士

  14. 化学に魅せられて

  15. キャリー・マリス Kary Banks Mullis

  16. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 博士課程と給料
  2. 第105回―「低配位有機金属錯体を用いる触媒化学」Andrew Weller教授
  3. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(前編)~
  4. 持続可能性社会を拓くバイオミメティクス
  5. 天才プログラマー タンメイが教えるJulia超入門
  6. [書評]分子の薄膜化技術
  7. English for Presentations at International Conferences

注目情報

最新記事

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP