[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. イライアス・コーリー E. J. Corey

    イライアス・ジェームス・コーリー(Elias James Corey, 1928年7月12日-)はアメリカの有機化学者である(写真:Wikipedia)。米国ハーバード大学教授。1990年に、「有機合成理論および方法論の開発」により、ノ…

  2. レーン 超分子化学

    内容過去25年にわたって進展を遂げてきた超分子化学について、特定の例に裏…

  3. 生涯最高の失敗

    内容「なんで私が?」...突然降って湧いたような授賞の知らせに驚く間もな…

  4. 学問と創造―ノーベル賞化学者・野依良治博士

    内容ノーベル化学賞を受賞した野依良治教授の受賞理由である、分子不斉触媒BI…

  5. 化学に魅せられて

    内容白川博士の発言は,科学者としての枠をこえた魅力と希望を私たちに与えて…

  6. キャリー・マリス Kary Banks Mullis

  7. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail

  8. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl

  9. 2007年度ノーベル医学・生理学賞決定!

  10. リチャード・シュロック Richard R. Schrock

  11. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)

  12. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)

  13. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)

  14. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)

  15. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Woodward

  16. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得
  2. 美術品保存と高分子
  3. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  4. 研究リーダーがPJを成功に導く秘訣
  5. Reaxys Ph.D Prize 2014受賞者決定!
  6. よくわかる最新元素の基本と仕組み―全113元素を完全網羅、徹底解説 元素の発見史と最新の用途、研究
  7. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

注目情報

最新記事

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

PAGE TOP