[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet

    ジャック・ドゥボシェ (Jacques Dubochet 1942年6月8日- エーグル生まれ) はスイスの生物物理学者。ローザンヌ大学名誉教授。略歴1973 ジュネーブ大学、バーゼル大学博士号1978 欧州分子生物学研究所(E…

  2. 【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に!

    スウェーデン王立科学アカデミーは4日、2017年のノーベル化学賞を、欧米の研究者3氏に贈ると発表した…

  3. 合成とノーベル化学賞

    ノーベル化学賞の発表間近になり、今年も色々な予想が出ていますね。ケムステの予想イベントにもぜひ参加し…

  4. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?

    今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

  5. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】

    各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

  6. アルゼンチン キプロス

  7. 2017年始めに100年前を振り返ってみた

  8. 幾何学の定理を活用したものづくり

  9. 【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に!

  10. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2016年版】

  11. 投票!2016年ノーベル化学賞は誰の手に??

  12. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

  13. サイエンスアゴラ2015総括

  14. 酒石酸にまつわるエトセトラ

  15. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl

  16. アジズ・サンジャル Aziz Sancar

スポンサー

ピックアップ記事

  1. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー性能向上・量産化編
  2. 厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘
  3. 研究倫理を問う入試問題?
  4. 水分解反応のしくみを観測ー人工光合成触媒開発へ前進ー
  5. ノーベル化学賞まとめ
  6. エステルからエーテルをつくる脱一酸化炭素金属触媒
  7. ミヤコシンA (miyakosyne A)

注目情報

最新記事

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

PAGE TOP