[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet

    ジャック・ドゥボシェ (Jacques Dubochet 1942年6月8日- エーグル生まれ) はスイスの生物物理学者。ローザンヌ大学名誉教授。略歴1973 ジュネーブ大学、バーゼル大学博士号1978 欧州分子生物学研究所(E…

  2. 【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に!

    スウェーデン王立科学アカデミーは4日、2017年のノーベル化学賞を、欧米の研究者3氏に贈ると発表した…

  3. 合成とノーベル化学賞

    ノーベル化学賞の発表間近になり、今年も色々な予想が出ていますね。ケムステの予想イベントにもぜひ参加し…

  4. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?

    今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

  5. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】

    各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

  6. アルゼンチン キプロス

  7. 2017年始めに100年前を振り返ってみた

  8. 幾何学の定理を活用したものづくり

  9. 【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に!

  10. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2016年版】

  11. 投票!2016年ノーベル化学賞は誰の手に??

  12. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

  13. サイエンスアゴラ2015総括

  14. 酒石酸にまつわるエトセトラ

  15. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl

  16. アジズ・サンジャル Aziz Sancar

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 人名反応から学ぶ有機合成戦略
  2. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応
  3. 概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功
  4. フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Iron(II)
  5. 理系のための就活ガイド
  6. パクリタキセル(タキソール) paclitaxel(TAXOL)
  7. ビッグデータが一変させる化学研究の未来像

注目情報

最新記事

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

特許の効力と侵害

bergです。今回は知的財産権の代表格である特許権について、その効力と侵害された/侵害してしまったと…

PAGE TOP