[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」

    今年のノーベル化学賞はGタンパク質共役型受容体(GPCR)。モノとりはそもそも、ケミカルバイオロジーの花形、アフィニティークロマトグラフィーによるものでした。

  2. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka

    ブライアン・コビルカは、Gタンパク質共役型受容体のアミノ酸配列および遺伝子の塩基配列の決定、ならびにエックス線結晶構造解析による立体構造の解明によって、2012年にロバート・レフコウィッツとともにノーベル化学賞を受けました。

  3. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz

    ロバート・レコフウィッツはアメリカの生理化学者であり、Gタンパク質共役型受容体タンパク質についての先駆的な研究によって、2012年にブライアン・コビルカとともにノーベル化学賞を受けました。

  4. 2012年ノーベル化学賞は誰の手に?

    京都大学・山中伸弥教授のノーベル医学・生理学賞受賞により本日はお祭りムード。大変…

  5. 【速報】2011年ノーベル化学賞は「準結晶の発見」に!

    スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2011年のノーベル化学賞を、イスラエル工科大…

  6. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman

  7. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

  8. ハーバート・ブラウン―クロスカップリングを導いた師とその偉業

  9. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?

  10. 2010年ノーベル化学賞ーお祭り編

  11. アーウィン・ローズ Irwin A. Rose

  12. ノーベル化学賞解説 on Twitter

  13. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramakrishnan

  14. トム・スタイツ Thomas A. Steitz

  15. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath

  16. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 信じられない!驚愕の天然物たちー顛末編ー
  2. 有機合成のための触媒反応103
  3. 日本化学会 第11回化学遺産認定、新たに4件を発表
  4. 概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功
  5. 脳を透明化する手法をまとめてみた
  6. アステラス病態代謝研究会 2019年度助成募集
  7. ケムステVシンポまとめ

注目情報

最新記事

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

PAGE TOP