[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」

    今年のノーベル化学賞はGタンパク質共役型受容体(GPCR)。モノとりはそもそも、ケミカルバイオロジーの花形、アフィニティークロマトグラフィーによるものでした。

  2. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka

    ブライアン・コビルカは、Gタンパク質共役型受容体のアミノ酸配列および遺伝子の塩基配列の決定、ならびにエックス線結晶構造解析による立体構造の解明によって、2012年にロバート・レフコウィッツとともにノーベル化学賞を受けました。

  3. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz

    ロバート・レコフウィッツはアメリカの生理化学者であり、Gタンパク質共役型受容体タンパク質についての先駆的な研究によって、2012年にブライアン・コビルカとともにノーベル化学賞を受けました。

  4. 2012年ノーベル化学賞は誰の手に?

    京都大学・山中伸弥教授のノーベル医学・生理学賞受賞により本日はお祭りムード。大変…

  5. 【速報】2011年ノーベル化学賞は「準結晶の発見」に!

    スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2011年のノーベル化学賞を、イスラエル工科大…

  6. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman

  7. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

  8. ハーバート・ブラウン―クロスカップリングを導いた師とその偉業

  9. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?

  10. 2010年ノーベル化学賞ーお祭り編

  11. アーウィン・ローズ Irwin A. Rose

  12. ノーベル化学賞解説 on Twitter

  13. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramakrishnan

  14. トム・スタイツ Thomas A. Steitz

  15. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath

  16. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupling of Enolate
  2. 有機アジド(4)ー芳香族アジド化合物の合成
  3. 第36回「光で羽ばたく分子を活かした新技術の創出」齊藤尚平 准教授
  4. き裂を高速で修復する自己治癒材料
  5. ケイ素置換gem-二クロムメタン錯体の反応性と触媒作用
  6. ホットキーでクールにChemDrawを使いこなそう!
  7. Chem-Station9周年へ

注目情報

最新記事

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

特許の効力と侵害

bergです。今回は知的財産権の代表格である特許権について、その効力と侵害された/侵害してしまったと…

PAGE TOP