[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」

    今年のノーベル化学賞はGタンパク質共役型受容体(GPCR)。モノとりはそもそも、ケミカルバイオロジーの花形、アフィニティークロマトグラフィーによるものでした。

  2. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka

    ブライアン・コビルカは、Gタンパク質共役型受容体のアミノ酸配列および遺伝子の塩基配列の決定、ならびにエックス線結晶構造解析による立体構造の解明によって、2012年にロバート・レフコウィッツとともにノーベル化学賞を受けました。

  3. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz

    ロバート・レコフウィッツはアメリカの生理化学者であり、Gタンパク質共役型受容体タンパク質についての先駆的な研究によって、2012年にブライアン・コビルカとともにノーベル化学賞を受けました。

  4. 2012年ノーベル化学賞は誰の手に?

    京都大学・山中伸弥教授のノーベル医学・生理学賞受賞により本日はお祭りムード。大変…

  5. 【速報】2011年ノーベル化学賞は「準結晶の発見」に!

    スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2011年のノーベル化学賞を、イスラエル工科大…

  6. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman

  7. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

  8. ハーバート・ブラウン―クロスカップリングを導いた師とその偉業

  9. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?

  10. 2010年ノーベル化学賞ーお祭り編

  11. アーウィン・ローズ Irwin A. Rose

  12. ノーベル化学賞解説 on Twitter

  13. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramakrishnan

  14. トム・スタイツ Thomas A. Steitz

  15. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath

  16. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. とある水銀化合物のはなし チメロサールとは
  2. トム・スタイツ Thomas A. Steitz
  3. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation
  4. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos
  5. 捏造は研究室の中だけの問題か?
  6. 第52回―「多孔性液体と固体の化学」Stuart James教授
  7. 製薬各社の被災状況

注目情報

最新記事

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

PAGE TOP