[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs

     ロバート・H・グラブス(Robert H. Grubbs, 1942年2月27日-)はアメリカの有機化学者である(写真:HKBU)。米国カリフォルニア工科大学教授。「メタセシスを用いる有機合成方法論の開発」により、2005年ノーベ…

  2. 下村 脩 Osamu Shimomura

    下村 脩(しもむら おさむ、1928年8月27日-)は、アメリカ在住の生物学者・有機化学者である。米…

  3. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表

    学術文献情報サービス会社の米トムソン・ロイターは2日、今年新たに追加したノーベル賞候補者21…

  4. 2008年イグノーベル賞決定!

    いよいよノーベル賞シーズンの到来です。その前哨(?)として毎年発表される、イグノーベル賞(Ig …

  5. イライアス・コーリー E. J. Corey

    イライアス・ジェームス・コーリー(Elias James Corey, 1928年7月12日-)はア…

  6. レーン 超分子化学

  7. 生涯最高の失敗

  8. 学問と創造―ノーベル賞化学者・野依良治博士

  9. 化学に魅せられて

  10. キャリー・マリス Kary Banks Mullis

  11. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail

  12. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl

  13. 2007年度ノーベル医学・生理学賞決定!

  14. リチャード・シュロック Richard R. Schrock

  15. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)

  16. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 韮崎大村美術館
  2. 2013年(第29回)日本国際賞 受賞記念講演会
  3. デイヴィッド・リウ David R. Liu
  4. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③
  6. 大塚国際美術館
  7. 同位体効果の解釈にはご注意を!

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

PAGE TOP