[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs

     ロバート・H・グラブス(Robert H. Grubbs, 1942年2月27日-)はアメリカの有機化学者である(写真:HKBU)。米国カリフォルニア工科大学教授。「メタセシスを用いる有機合成方法論の開発」により、2005年ノーベ…

  2. 下村 脩 Osamu Shimomura

    下村 脩(しもむら おさむ、1928年8月27日-)は、アメリカ在住の生物学者・有機化学者である。米…

  3. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表

    学術文献情報サービス会社の米トムソン・ロイターは2日、今年新たに追加したノーベル賞候補者21…

  4. 2008年イグノーベル賞決定!

    いよいよノーベル賞シーズンの到来です。その前哨(?)として毎年発表される、イグノーベル賞(Ig …

  5. イライアス・コーリー E. J. Corey

    イライアス・ジェームス・コーリー(Elias James Corey, 1928年7月12日-)はア…

  6. レーン 超分子化学

  7. 生涯最高の失敗

  8. 学問と創造―ノーベル賞化学者・野依良治博士

  9. 化学に魅せられて

  10. キャリー・マリス Kary Banks Mullis

  11. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail

  12. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl

  13. 2007年度ノーベル医学・生理学賞決定!

  14. リチャード・シュロック Richard R. Schrock

  15. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)

  16. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  2. Nature Chemistryデビュー間近!
  3. カルタミン
  4. 脈動がほとんどない小型精密ポンプ:スムーズフローポンプQシリーズ
  5. ニッケル触媒でアミド結合を切断する
  6. アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–
  7. 森林総合研究所、広葉樹害虫ヒメボクトウの性フェロモン化学構造を解明

注目情報

最新記事

複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明

第199回のスポットライトリサーチは、東京大学総合文化研究科(平岡研究室)博士課程・立石友紀さんにお…

小型質量分析装置expression® CMSを試してみた

学生が増えすぎて(うれしい悲鳴ですが)、機器を購入する余裕などこれっぽっちもない代表です。さ…

有機合成化学協会誌2019年6月号:不斉ヘテロDiels-Alder反応・合金ナノ粒子触媒・グラフェンナノリボン・触媒的光延反応・フェイズ・バニシング

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年6月号がオンライン公開されました。梅…

東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと: 変化を生きる13の流儀

概要不確実な時代を生き抜くキャリアを創るには? 各界で活躍する東大OB・OGが、学生生活や就…

可視光光触媒でツルツルのベンゼン環をアミノ化する

単純なアルキルアミンが利用できる芳香族C–Hアミノ化反応が開発された。基質適用範囲が広く天然物などの…

PAGE TOP