[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough

    ジョン・バニスタ・グッドイナフ (John Bannister Goodenough、1922年7月25日-)は、アメリカの化学者・物理学者である。米テキサス大学オースティン校教授(写真:Giving to UT )。「リチウムイオン電池の…

  2. クロスカップリング反応 cross coupling reaction

    クロスカップリング反応(cross coupling reaction)とは、広義には異なった有機化…

  3. リチャード・ヘック Richard F. Heck

    リチャード・F・ヘック (Richard F. Heck、1931年8月15日-2015年10月…

  4. 根岸 英一 Eiichi Negishi

    根岸英一 (ねぎし えいいち、1935年7月14日-)は、アメリカ在住の有機化学者である(写真:成功…

  5. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】

    前回に引き続き、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Lindau Nobel Laureate Meet…

  6. リンダウ会議に行ってきた②

  7. 不斉触媒 Asymmetric Catalysis

  8. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie

  9. ノーベル化学賞 Nobel Prize in Chemistry

  10. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒

  11. ロジャー・チェン Roger Y. Tsien

  12. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』

  13. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs

  14. 下村 脩 Osamu Shimomura

  15. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表

  16. 2008年イグノーベル賞決定!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  2. 三菱化学:子会社と持ち株会社設立 敵対的買収を防ぐ狙い
  3. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
  4. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Transformation with Tin Acetal
  5. 27万種類のビルディングブロックが購入できる!?
  6. シェンヴィ イソニトリル合成 Shenvi Isonitrile Synthesis
  7. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Ganem Oxidation

注目情報

最新記事

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

PAGE TOP