[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?

    前回までに【速報】【お祭り編】【開拓者編】として、2010年のノーベル化学賞を解説してきました。3日ほどたって熱狂も一段落してきつつありますので、学術ブログらしくもう少し詳しい、化学的なおはなしを取り上げてみまし…

  2. 2010年ノーベル化学賞ーお祭り編

    というわけで、速報通り待望のカップリング反応が受賞したわけですが、ケムステだけでなく多用なメディアで…

  3. アーウィン・ローズ Irwin A. Rose

    アーウィン・ローズ (Irwin A. Rose、1926年7月16日 -2015年7月2日)は、ア…

  4. ノーベル化学賞解説 on Twitter

    ケムステニュースでもお伝えしましたが、2009年のノーベル化学賞が発表となりました。受賞対象…

  5. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramakrishnan

    ヴェンカトラマン・ラマクリシュナン(Venkatraman Ramakrishnan、1952年xx…

  6. トム・スタイツ Thomas A. Steitz

  7. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath

  8. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?

  9. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough

  10. クロスカップリング反応 cross coupling reaction

  11. リチャード・ヘック Richard F. Heck

  12. 根岸 英一 Eiichi Negishi

  13. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】

  14. リンダウ会議に行ってきた②

  15. 不斉触媒 Asymmetric Catalysis

  16. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie

スポンサー

ピックアップ記事

  1. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開
  2. 第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授
  3. 平成をケムステニュースで振り返る
  4. 博士課程学生の奨学金情報
  5. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加
  6. 渡辺化学工業ってどんな会社?
  7. アノマー効果を説明できますか?

注目情報

最新記事

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP