[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough

    ジョン・バニスタ・グッドイナフ (John Bannister Goodenough、1922年7月25日-)は、アメリカの化学者・物理学者である。米テキサス大学オースティン校教授(写真:Giving to UT )。「リチウムイオン電池の…

  2. クロスカップリング反応 cross coupling reaction

    クロスカップリング反応(cross coupling reaction)とは、広義には異なった有機化…

  3. リチャード・ヘック Richard F. Heck

    リチャード・F・ヘック (Richard F. Heck、1931年8月15日-2015年10月…

  4. 根岸 英一 Eiichi Negishi

    根岸英一 (ねぎし えいいち、1935年7月14日-2021年6月6日)は、アメリカ在住の有機化学者…

  5. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】

    前回に引き続き、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Lindau Nobel Laureate Meet…

  6. リンダウ会議に行ってきた②

  7. 不斉触媒 Asymmetric Catalysis

  8. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie

  9. ノーベル化学賞 Nobel Prize in Chemistry

  10. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒

  11. ロジャー・チェン Roger Y. Tsien

  12. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』

  13. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs

  14. 下村 脩 Osamu Shimomura

  15. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表

  16. 2008年イグノーベル賞決定!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復”
  2. ゾイジーンが設計した化合物をベースに新薬開発へ
  3. 話題のAlphaFold2を使ってみた
  4. トリプトファン選択的なタンパク質修飾反応の開発
  5. 化学者のためのエレクトロニクス入門⑤ ~ディスプレイ分野などで活躍する化学メーカー編~~
  6. 反応の選択性を制御する新手法
  7. 第107回―「ソフトマター表面の物理化学」Jacob Klein教授

注目情報

最新記事

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑭: 液タブ XP-PEN Artist 13.3 Proの巻

少し前にペンタブレット「XP-PEN Deco01」を紹介しましたが、もう少しお金をかけると液晶ペン…

定番フィルム「ベルビア100」が米国で販売中止。含まれている化学薬品が有害指定に

富士フイルムのリバーサルフィルム「フジクローム ベルビア100」が、米国で販売ストップとなりました。…

話題のAlphaFold2を使ってみた

ここ数日、構造生物学界隈で「AlphaFold2」と呼ばれているタンパク質の構造…

フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

フェリックス・カステラーノ(Felix N. Castellano、19xx年x月xx日(ニューヨー…

PAGE TOP