[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. 2023年ノーベル化学賞ケムステ予想当選者発表!

    個人的に長期間海外と集中講義で外出しており、発表遅くなりましてごめんなさい。2023年ノーベル化学賞が発表されました。「量子ドットの発見と合成」。すべての受賞者を当てることはできませんでしたが、受賞対象はバッチリ…

  2. 【速報】2023年ノーベル化学賞は「量子ドットの発見と合成」へ!

    2023年のノーベル化学賞は「量子ドットの発見と合成」の業績で、マサチューセッツ工科大学のMoung…

  3. モウンジ・バウェンディ Moungi G Bawendi

    モウンジ・バウェンディ (Moungi G Bawendi 1961年3月15日 パリ生まれ)はアメ…

  4. SNS予想で盛り上がれ!2023年ノーベル化学賞は誰の手に?

    さてことしもいよいよ、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月4日(水) 18時45…

  5. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2023年版】

    各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

  6. 第34回ケムステVシンポ「日本のクリックケミストリー」を開催します!

  7. 2022年ノーベル化学賞ケムステ予想当選者発表!

  8. SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

  9. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

  10. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

  11. 吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

  12. 2021年ノーベル化学賞ケムステ予想当選者発表!

  13. 2021年ノーベル化学賞は「不斉有機触媒の開発」に!

  14. SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

  15. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

  16. 2020年ノーベル化学賞は「CRISPR/Cas9ゲノム編集法の開発」に!SNS予想と当選者発表

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov
  2. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  3. 機構解明が次なる一手に繋がった反応開発研究
  4. 転職でチャンスを掴める人、掴めない人の違い
  5. マーティン・カープラス Martin Karplus
  6. 浅野・県立大教授が化学技術賞
  7. グロブ開裂 Grob Fragmentation

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

PAGE TOP