[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. 【速報】2018年ノーベル化学賞は「進化分子工学研究への貢献」に!

    スウェーデン王立科学アカデミー(Royal Swedish Academy of Sciences)は3日、2018年のノーベル化学賞(Nobel Prize in Chemistry)を、米国人のフランシス・アーノルド(Frances H…

  2. 100年前のノーベル化学賞ーフリッツ・ハーバーー

    さていよいよノーベル化学賞の発表が近づいてまいりました。毎年のことですが、私も電話の前で待機したいと…

  3. 投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

    今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

  4. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

    各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

  5. ノーベル化学賞田中さん 富山2大学の特任教授に

    富山市出身で2002年にノーベル化学賞を受賞した島津製作所(京都市)のシニアフェロー田中耕一さん(5…

  6. ご長寿化学者の記録を調べてみた

  7. ヨアヒム・フランク Joachim Frank

  8. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet

  9. 【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に!

  10. 合成とノーベル化学賞

  11. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?

  12. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】

  13. アルゼンチン キプロス

  14. 2017年始めに100年前を振り返ってみた

  15. 幾何学の定理を活用したものづくり

  16. 【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ベンゼン環を壊す“アレノフィル”
  2. 第32回 BMSコンファレンス(BMS2005)
  3. 有機合成のための触媒反応103
  4. 化学物質恐怖症への処方箋
  5. ポール・ウェンダー Paul A. Wender
  6. ロジウム(II)アセタート (ダイマー):Rhodium(II) Acetate Dimer
  7. マット・シグマン Matthew S. Sigman

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

PAGE TOP