[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. 第34回ケムステVシンポ「日本のクリックケミストリー」を開催します!

    2022年のノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発業績で、バリー・シャープレス(スクリプス研究所)、モーテン・メルダル(コペンハーゲン大学)、キャロライン・ベルトッツィ(スタンフォード大学)の3名に授与されました。…

  2. 2022年ノーベル化学賞ケムステ予想当選者発表!

    2022ノーベル化学賞が発表されました。「クリックケミストリ…

  3. SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

    さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

  4. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

    ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

  5. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

    各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

  6. 吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

  7. 2021年ノーベル化学賞ケムステ予想当選者発表!

  8. 2021年ノーベル化学賞は「不斉有機触媒の開発」に!

  9. SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

  10. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

  11. 2020年ノーベル化学賞は「CRISPR/Cas9ゲノム編集法の開発」に!SNS予想と当選者発表

  12. SNS予想で盛り上がれ!2020年ノーベル化学賞は誰の手に?

  13. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2020年版】

  14. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

  15. ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

  16. 第69回―「炭素蒸気に存在する化学種の研究」Harold Kroto教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 可視光増感型電子移動機構に基づく強還元触媒系の構築
  2. パーフルオロ系界面活性剤のはなし ~規制にかかった懸念物質
  3. 顕微鏡の使い方ノート―はじめての観察からイメージングの応用まで (無敵のバイオテクニカルシリーズ)
  4. Micro Flow Reactor ~革新反応器の世界~ (入門編)
  5. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg
  6. 振動強結合によるイオン伝導度の限界打破に成功
  7. 血液検査による新しいがん診断方法の開発!

注目情報

最新記事

第59回「希土類科学の楽しさを広めたい」長谷川靖哉 教授

第59回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマティクスとロボティクス」-

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年11月11日に開催された共催セミナーで弊…

第58回「新しい分子が世界を変える力を信じて」山田容子 教授

第58回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

始めよう!3Dプリンターを使った実験器具DIY:準備・お手軽プリント編

オリジナルの実験器具を3Dプリンターで作る企画を始めました。第一弾として3Dプリンターの導入と試しに…

第16回日本化学連合シンポジウム「withコロナ時代における化学への期待」

およそ3年間に渡る新型コロナウイルス感染症の蔓延により、経済、文化、研究、社会活動のすべてが大きなダ…

PAGE TOP