[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. 【速報】2018年ノーベル化学賞は「進化分子工学研究への貢献」に!

    スウェーデン王立科学アカデミー(Royal Swedish Academy of Sciences)は3日、2018年のノーベル化学賞(Nobel Prize in Chemistry)を、米国人のフランシス・アーノルド(Frances H…

  2. 100年前のノーベル化学賞ーフリッツ・ハーバーー

    さていよいよノーベル化学賞の発表が近づいてまいりました。毎年のことですが、私も電話の前で待機したいと…

  3. 投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

    今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

  4. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

    各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

  5. ノーベル化学賞田中さん 富山2大学の特任教授に

    富山市出身で2002年にノーベル化学賞を受賞した島津製作所(京都市)のシニアフェロー田中耕一さん(5…

  6. ご長寿化学者の記録を調べてみた

  7. ヨアヒム・フランク Joachim Frank

  8. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet

  9. 【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に!

  10. 合成とノーベル化学賞

  11. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?

  12. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】

  13. アルゼンチン キプロス

  14. 2017年始めに100年前を振り返ってみた

  15. 幾何学の定理を活用したものづくり

  16. 【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 徹底比較 特許と論文の違い ~その他編~
  2. 有機触媒 / Organocatalyst
  3. レスベラトロール /resveratrol
  4. キレトロピー反応 Cheletropic Reaction
  5. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進
  6. 学会ムラの真実!?
  7. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka

注目情報

最新記事

研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ③

さて、前回に引き続いて、「エバポ用真空制御装置の自作」に挑戦しています。前回までの記事では、…

AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~

AIの機械学習による創薬が化学業界で注目を集めています。2019年3月に米国サンフランシスコで開催さ…

特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

1. 高粘度撹拌、高温・高圧・高真空に対応可能な反応釜高粘度でも撹拌できる大容量攪拌機と効率用除…

ライトケミカル工業2021年採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

中高生・高専生でも研究が学べる!サイエンスメンタープログラム

研究室に入って本格的な研究を始めるのは、大学4年生からが一般的。でも最近は、中高生が研究に取り組める…

PAGE TOP