[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl

    ゲルハルト・エルトゥル(Gerhard Ertl、1936年10月10日-)は、ドイツの表面化学者である。マックス・プランク財団フリッツ・ハーバー研究所名誉教授。「固体表面の化学現象に関する研究」の業績にて2007年ノーベル化学賞を…

  2. 2007年度ノーベル医学・生理学賞決定!

    2007年度のノーベル医学・生理学賞が決定しました!化学のブログですが、簡単にお伝えしたいと思います…

  3. リチャード・シュロック Richard R. Schrock

    リチャード・ロイス・シュロック(Richard Royce Schrock、1945年1月4日(バー…

  4. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)

    前回からの続き。これが最後、「ノーベル化学賞をとれるかとれないかわからないけれども、とれるかもしれ…

  5. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)

    前回に引き続き、まだまだ続く「ノーベル化学賞がとれそうでとれないであろう、でももしかしたらとれるかも…

  6. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)

  7. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)

  8. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Woodward

  9. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg

  10. 鈴木 章 Akira Suzuki

  11. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifield

  12. ジョージ・オラー George Andrew Olah

  13. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless

  14. ジャン=マリー・レーン Jean-Marie Lehn

  15. アラン・マクダイアミッド氏死去

  16. 2006年度ノーベル化学賞-スタンフォード大コンバーク教授に授与

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「ペプチドリーム」東証マザーズ上場
  2. 活性二酸化マンガン Activated Manganese Dioxide (MnO2)
  3. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)
  4. Glenn Gould と錠剤群
  5. 最近の有機化学注目論文1
  6. A-Phosパラジウム錯体
  7. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル化反応

注目情報

最新記事

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP