[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. 鈴木 章 Akira Suzuki

    鈴木 章(すずき あきら, 1930年9月12日-)は日本の有機化学者である。北海道大学名誉教授。日本人の名を冠するもっとも有名な人名反応の一つ、鈴木-宮浦クロスカップリングの開発者。一貫して有機ホウ素化合物を用いた有機合成反応の研究に携わ…

  2. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifield

    ロバート・ブルース・メリフィールド(Robert Bruce Merrifield,1921年7月1…

  3. ジョージ・オラー George Andrew Olah

    ジョージ・アンドリュー・オラー(George Andrew Olah、1927年5月27日-2017…

  4. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless

    カール・バリー・シャープレス(Karl Barry Sharpless、1941年4月28日(米国,…

  5. ジャン=マリー・レーン Jean-Marie Lehn

    ジャン=マリー・レーン(Jean-Marie Lehn, 1939年9月30日(フランス・ロスハイム…

  6. アラン・マクダイアミッド氏死去

  7. 2006年度ノーベル化学賞-スタンフォード大コンバーク教授に授与

  8. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表

  9. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者

  10. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』

  11. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

  12. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与

  13. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

  14. 有機の王冠

  15. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  2. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  3. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー
  4. オキソニウムカチオンを飼いならす
  5. 第15回 触媒の力で斬新な炭素骨格構築 中尾 佳亮講師
  6. 化学探偵Mr.キュリー6
  7. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

注目情報

最新記事

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

PAGE TOP