[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. 鈴木 章 Akira Suzuki

    鈴木 章(すずき あきら, 1930年9月12日-)は日本の有機化学者である。北海道大学名誉教授。日本人の名を冠するもっとも有名な人名反応の一つ、鈴木-宮浦クロスカップリングの開発者。一貫して有機ホウ素化合物を用いた有機合成反応の研究に携わ…

  2. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifield

    ロバート・ブルース・メリフィールド(Robert Bruce Merrifield,1921年7月1…

  3. ジョージ・オラー George Andrew Olah

    ジョージ・アンドリュー・オラー(George Andrew Olah、1927年5月27日-2017…

  4. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless

    カール・バリー・シャープレス(Karl Barry Sharpless、1941年4月28日(米国,…

  5. ジャン=マリー・レーン Jean-Marie Lehn

    ジャン=マリー・レーン(Jean-Marie Lehn, 1939年9月30日(フランス・ロスハイム…

  6. アラン・マクダイアミッド氏死去

  7. 2006年度ノーベル化学賞-スタンフォード大コンバーク教授に授与

  8. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表

  9. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者

  10. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』

  11. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

  12. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与

  13. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

  14. 有機の王冠

  15. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 細孔内単分子ポリシラン鎖の特性解明
  2. おっさんマウスが小学生マウスを襲う?待ったの決め手はフェロモンにあり
  3. 多重薬理 Polypharmacology
  4. フラーレンの単官能基化
  5. 反応の選択性を制御する新手法
  6. メカニカルスターラー
  7. パーキンソン病治療の薬によりギャンブル依存に

注目情報

最新記事

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑭: 液タブ XP-PEN Artist 13.3 Proの巻

少し前にペンタブレット「XP-PEN Deco01」を紹介しましたが、もう少しお金をかけると液晶ペン…

定番フィルム「ベルビア100」が米国で販売中止。含まれている化学薬品が有害指定に

富士フイルムのリバーサルフィルム「フジクローム ベルビア100」が、米国で販売ストップとなりました。…

話題のAlphaFold2を使ってみた

ここ数日、構造生物学界隈で「AlphaFold2」と呼ばれているタンパク質の構造…

フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

フェリックス・カステラーノ(Felix N. Castellano、19xx年x月xx日(ニューヨー…

PAGE TOP