[スポンサーリンク]


ノーベル化学賞

  1. 鈴木 章 Akira Suzuki

    鈴木 章(すずき あきら, 1930年9月12日-)は日本の有機化学者である。北海道大学名誉教授。日本人の名を冠するもっとも有名な人名反応の一つ、鈴木-宮浦クロスカップリングの開発者。一貫して有機ホウ素化合物を用いた有機合成反応の研究に携わ…

  2. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifield

    ロバート・ブルース・メリフィールド(Robert Bruce Merrifield,1921年7月1…

  3. ジョージ・オラー George Andrew Olah

    ジョージ・アンドリュー・オラー(George Andrew Olah、1927年5月27日-2017…

  4. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless

    カール・バリー・シャープレス(Karl Barry Sharpless、1941年4月28日(米国,…

  5. ジャン=マリー・レーン Jean-Marie Lehn

    ジャン=マリー・レーン(Jean-Marie Lehn, 1939年9月30日(フランス・ロスハイム…

  6. アラン・マクダイアミッド氏死去

  7. 2006年度ノーベル化学賞-スタンフォード大コンバーク教授に授与

  8. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表

  9. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者

  10. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』

  11. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

  12. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与

  13. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

  14. 有機の王冠

  15. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』

スポンサー

ピックアップ記事

  1. クロスカップリング反応ーChemical Times特集より
  2. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III
  3. 局所的な“粘度”をプローブする羽ばたくFLAP蛍光分子
  4. THE PHD MOVIE
  5. 招福豆ムクナの不思議(6)植物が身を護る化学物資
  6. 科学は探究心を与え続けてくれるもの:2016 ロレアル–ユネスコ女性科学者 日本奨励賞
  7. 四国化成工業ってどんな会社?

注目情報

最新記事

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

PAGE TOP