[スポンサーリンク]


プロセス化学

  1. 合成ルートはどれだけ”良く”できるのか?分子構造からプロセス質量強度を予測する SMART-PMI

    概要医薬品をはじめとする有機分子の工業生産では、単に経済的につくるだけでなく、環境への影響に配慮した合成ルートの実現が求められている。このグリーン&サステイナブルケミストリーの観点から、プロセス質量強度(Process Mass…

  2. 日本プロセス化学会2023ウィンターシンポジウム

    日本プロセス化学会(JSPC)主催による、2023ウインターシンポジウムを12月8日(金)に東京都江…

  3. 第170回―「化学のジョブマーケットをブログで綴る」Chemjobber

    第170回の海外化学者インタビューは、Chemjobberです。産業界で働きながら、化学のジョブマー…

  4. Process Mass Intensity, PMI(プロセス質量強度)

    プロセス質量強度(Process Mass Intensity, PMI)とは指定された質量の製品を…

  5. 腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

    2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

  6. 新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

  7. 第140回―「製薬企業のプロセス化学研究を追究する」Ed Grabowski博士

  8. 日本プロセス化学会2019 ウインターシンポジウム

  9. OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

  10. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで

  11. アート オブ プロセスケミストリー : メルク社プロセス研究所での実例

  12. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻するのはどっち?

  13. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる

  14. 医薬品のプロセス化学

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 平井 剛 Go Hirai
  2. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis
  3. マテリアルズ・インフォマティクスのためのデータサイエンティスト入門
  4. 【好評につきリピート開催】マイクロ波プロセスのスケールアップ〜動画で実証設備を紹介!〜 ケミカルリサイクル、乾燥炉、ペプチド固相合成、エステル交換、凍結乾燥など
  5. 古川 俊輔 Shunsuke Furukawa
  6. 最長のヘリセンをつくった
  7. 高選択的な不斉触媒系を機械学習で予測する

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

PAGE TOP