[スポンサーリンク]


プロセス化学

  1. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻するのはどっち?

    望みの有機化合物が欲しい場合、普通は有機合成(Organic Synthesis)によって供給します。特に医薬品や高機能材料などに求められる複雑化合物を得る目的には、現状ほぼ唯一の手段とされています。しかし最近になって「全く新しいも…

  2. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる

    内容世界を代表する合成医薬品の構造とその合成経路を探ることで、薬らしい構造とはどのような…

  3. 医薬品のプロセス化学

    概要原薬の工業生産を検討するプロセス化学について、初心者を対象にやさしく紹介。プロセ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Illustrated Guide to Home Chemistry Experiments
  2. 中学入試における化学を調べてみた
  3. ニセクロハツの強毒原因物質を解明 “謎の毒キノコ” 京薬大准教授ら
  4. 東芝:新型リチウムイオン電池を開発 60倍の速さで充電
  5. Macユーザーに朗報!ChemDrawとWordが相互貼付可能に!
  6. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless
  7. カルボン酸の保護 Protection of Carboxylic Acid

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

PAGE TOP