[スポンサーリンク]


不斉触媒

  1. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法

    みなさん、今年創刊されたばかりの化学論文誌『Chem』をご存知でしょうか?まだ聞いたことのない方も多いと思いますが、あの有名なCellを発行しているCell pressから新たに出版された化学系ジャーナルです(関連記事:Cell P…

  2. 非天然アミノ酸合成に有用な不斉ロジウム触媒の反応機構解明

    第36回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府 ・博士課程3年の森崎一宏さんにお願いしまし…

  3. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)

    「有機化学反応の王道」とも呼ばれるアルドール反応。その特徴、マイルストーン的研究、最近の動向について…

  4. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)

    「有機化学反応の王道」とも呼ばれるアルドール反応。その特徴、マイルストーン的研究、最近の動向について…

  5. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama

    秋山隆彦(あきやま たかひこ, 1958年3月30日 - 岡山生まれ)は、日本の…

  6. 香月 勗 Tsutomu Katsuki

  7. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文

  8. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!

  9. 抗結核薬R207910の不斉合成

  10. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen

  11. グレッグ・フー Gregory C. Fu

  12. 柴崎正勝 Masakatsu Shibasaki

  13. 野依 良治 Ryoji Noyori

  14. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless

  15. 山本 尚 Hisashi Yamamoto

  16. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 英グラクソスミスクライン、抗ウイルス薬を大幅値引きへ
  2. 化学グランプリ 参加者を募集
  3. 科学英語の書き方とプレゼンテーション (増補)
  4. わずかな末端修飾で粘度が1万倍も変わる高分子
  5. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  6. 2017年の有機ELディスプレイ世界市場は11年比6.6倍の2兆186億円。
  7. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide

注目情報

最新記事

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

PAGE TOP