[スポンサーリンク]


不斉触媒

  1. トーマス・レクタ Thomas Lectka

    トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有機化学者である。ジョン・ホプキンス大学 教授。(写真: JHU Department of Chemistry) (さらに&hell…

  2. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

    2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

  3. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

    2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

  4. マット・シグマン Matthew S. Sigman

    マシュー・S・シグマン(Matthew S. Sigman、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機…

  5. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

    カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

  6. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

  7. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法

  8. 非天然アミノ酸合成に有用な不斉ロジウム触媒の反応機構解明

  9. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)

  10. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)

  11. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama

  12. 香月 勗 Tsutomu Katsuki

  13. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文

  14. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!

  15. 抗結核薬R207910の不斉合成

  16. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen

スポンサー

ピックアップ記事

  1. NMR in Organometallic Chemistry
  2. 核酸医薬の物語2「アンチセンス核酸とRNA干渉薬」
  3. 第8回XAFS討論会
  4. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Synthesis
  5. クロスカップリング反応関連書籍
  6. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化
  7. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis

注目情報

最新記事

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

PAGE TOP