[スポンサーリンク]


不斉触媒

  1. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

    2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心型不斉触媒の役割を兼ねそなえる錯体を用い、2-アシルイミダゾールの不斉α-アルキル化を達成した。"Asymmetric photored…

  2. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

    2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

  3. マット・シグマン Matthew S. Sigman

    マシュー・S・シグマン(Matthew S. Sigman、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機…

  4. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

    カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

  5. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

     不活性メチレンC(sp3)-H結合を位置選択的に活性化し、炭素-炭素結合を高収率・高エナンチオ選択…

  6. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法

  7. 非天然アミノ酸合成に有用な不斉ロジウム触媒の反応機構解明

  8. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)

  9. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)

  10. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama

  11. 香月 勗 Tsutomu Katsuki

  12. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文

  13. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!

  14. 抗結核薬R207910の不斉合成

  15. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen

  16. グレッグ・フー Gregory C. Fu

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カフェイン caffeine
  2. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】
  3. A値(A value)
  4. 炭酸ビス(ペンタフルオロフェニル) : Bis(pentafluorophenyl) Carbonate
  5. トルキセン : Truxene
  6. 究極の二量体合成を追い求めて~抗生物質BE-43472Bの全合成
  7. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

PAGE TOP