[スポンサーリンク]


不斉触媒

  1. ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

    ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者である.カリフォルニア大学サンタバーバラ校 教授.経歴1973 ニューヨーク州立大学ビンガムトン校 学士取得19…

  2. ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

    第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

  3. モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

    第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

  4. 高選択的な不斉触媒系を機械学習で予測する

    2019年、イリノイ大学・Scott E. Denmarkらは、原料および触媒構造データを機械学習さ…

  5. 可視光エネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒系の開発

    第193回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科(金井研究室)・三ツ沼治信 助教に…

  6. 触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

  7. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

  8. 量子化学計算を駆使した不斉ホスフィン配位子設計から導かれる新たな不斉ホウ素化反応

  9. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

  10. トーマス・レクタ Thomas Lectka

  11. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

  12. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

  13. マット・シグマン Matthew S. Sigman

  14. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

  15. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

  16. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高峰譲吉の墓
  2. 科学:太古の海底に眠る特効薬
  3. 白リンを超分子ケージに閉じ込めて安定化!
  4. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)
  5. 留学生がおすすめする「大学院生と考える日本のアカデミアの将来2020」
  6. リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める
  7. ダフ反応 Duff Reaction

注目情報

最新記事

「誰がそのシャツを縫うんだい」~新材料・新製品と廃棄物のはざま~ 2

Tshozoです。前回の続き、②リチウムイオン電池についてです。なおこの関連の技術は進化が非常に早く…

炊きたてご飯の香り成分測定成功、米化学誌に発表 福井大学と福井県農業試験場

 福井大学と福井県農業試験場は、これまで難しいとされていた炊きたてご飯の香り成分の測定に成功したと米…

化学者のためのエレクトロニクス講座~配線技術の変遷編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

基礎材料科学

概要本書では,材料科学を「マルチスケールにわたる物質の階層性を理解し,その特性を人々の生活に…

第45回「天然物合成化学の新展開を目指して」大栗博毅教授

第45回目の研究者インタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者である、東京大学の大栗博毅先生にお…

PAGE TOP