[スポンサーリンク]


不斉触媒

  1. 高選択的な不斉触媒系を機械学習で予測する

    2019年、イリノイ大学・Scott E. Denmarkらは、原料および触媒構造データを機械学習させ、不斉触媒反応における選択性予測を可能とするワークフローの確立に始めて成功した。また、これを用いて高不斉収率を示す触媒構造を予測することに…

  2. 可視光エネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒系の開発

    第193回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科(金井研究室)・三ツ沼治信 助教に…

  3. 触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

    第189回目のスポットライトリサーチは、竹田 光孝(たけだ みつたか)さんにお願いしました。…

  4. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

    ピリドキサール生体模倣触媒によるアリールN-ホスフィニルイミン類とグリシン類の不斉マンニッヒ反応が報…

  5. 量子化学計算を駆使した不斉ホスフィン配位子設計から導かれる新たな不斉ホウ素化反応

    第155回目のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後…

  6. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

  7. トーマス・レクタ Thomas Lectka

  8. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

  9. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

  10. マット・シグマン Matthew S. Sigman

  11. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

  12. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

  13. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法

  14. 非天然アミノ酸合成に有用な不斉ロジウム触媒の反応機構解明

  15. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)

  16. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告
  2. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)
  3. JACSベータ
  4. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」
  5. 島津、たんぱく質分析で新技術・田中氏の技術応用
  6. カンプトテシン /camptothecin
  7. 原田 明 Akira Harada

注目情報

最新記事

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

PAGE TOP