[スポンサーリンク]


不斉触媒

  1. ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

    ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者である.カリフォルニア大学サンタバーバラ校 教授.経歴1973 ニューヨーク州立大学ビンガムトン校 学士取得19…

  2. ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

    第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

  3. モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

    第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

  4. 高選択的な不斉触媒系を機械学習で予測する

    2019年、イリノイ大学・Scott E. Denmarkらは、原料および触媒構造データを機械学習さ…

  5. 可視光エネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒系の開発

    第193回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科(金井研究室)・三ツ沼治信 助教に…

  6. 触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

  7. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

  8. 量子化学計算を駆使した不斉ホスフィン配位子設計から導かれる新たな不斉ホウ素化反応

  9. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

  10. トーマス・レクタ Thomas Lectka

  11. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

  12. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

  13. マット・シグマン Matthew S. Sigman

  14. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

  15. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

  16. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 私がケムステスタッフになったワケ(3)
  2. 有機反応を俯瞰する ー[1,2] 転位
  3. 顕微鏡で化学反応を見る!?
  4. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース
  5. Kindle Paperwhiteで自炊教科書を読んでみた
  6. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞2014発表ー
  7. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

PAGE TOP