[スポンサーリンク]


不斉触媒

  1. 高選択的な不斉触媒系を機械学習と「投票」で予測する

    2019年にこちらの記事でイリノイ大学・Scott E. Denmark教授らの三次元分子構造を用いた機械学習による不斉触媒反応における選択性予測を可能とするワークフローが紹介されています。その後、2022年に同教授がこれを用いた高不斉収率…

  2. 機械学習用のデータがない?計算機上で集めませんか。データ駆動型インシリコ不斉触媒設計で有機合成DX

    第365回のスポットライトリサーチは、理化学研究所 環境資源科学研究センター (先進機能触媒研究グル…

  3. 第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

    新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

  4. 第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

    第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

  5. ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

    ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

  6. ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

  7. モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

  8. 高選択的な不斉触媒系を機械学習で予測する

  9. 可視光エネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒系の開発

  10. 触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

  11. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

  12. 量子化学計算を駆使した不斉ホスフィン配位子設計から導かれる新たな不斉ホウ素化反応

  13. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

  14. トーマス・レクタ Thomas Lectka

  15. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

  16. キラルアニオン相間移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. コールドスプレーイオン化質量分析法 Cold Spray Ionization Mass Spectrometry (CSI-MS)
  2. ドナルド・トマリア Donald Tomalia
  3. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reagent
  4. 常温常圧でのアンモニア合成の実現
  5. 住友化学、Dow Chemical社から高分子有機EL用材料事業を買収
  6. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso
  7. カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

注目情報

最新記事

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

PAGE TOP