[スポンサーリンク]


不斉触媒

  1. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

    「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研)大学院生・辻 信弥さんにお願いしました。辻さんは筆者(副代表)のドイツ訪問時にお会いする機会を得て以来の知人ですが、先日Science誌に…

  2. トーマス・レクタ Thomas Lectka

    トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

  3. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

    2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

  4. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

    2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

  5. マット・シグマン Matthew S. Sigman

    マシュー・S・シグマン(Matthew S. Sigman、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機…

  6. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

  7. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

  8. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法

  9. 非天然アミノ酸合成に有用な不斉ロジウム触媒の反応機構解明

  10. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)

  11. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)

  12. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama

  13. 香月 勗 Tsutomu Katsuki

  14. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文

  15. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!

  16. 抗結核薬R207910の不斉合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 田辺製薬、エイズ関連治療薬「バリキサ錠450mg」を発売
  2. 添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化
  3. パーキン反応 Perkin Reaction
  4. 癸巳の年、世紀の大発見
  5. ストックホルム市庁舎
  6. 教養としての化学入門: 未来の課題を解決するために
  7. 第15回光学活性シンポジウム

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

PAGE TOP