[スポンサーリンク]


日本化学会年会

  1. ケムステイブニングミキサー2019ー報告

    3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学岡本キャンパスはコンパクトでまわりやすいキャンパスでしたね。筆者は諸事情により1日だけの参加になってしまいました。それもあり、10歩…

  2. ケムステイブニングミキサー2019に参加しよう!

    化学の研究者が一年に一度、一斉に集まる日本化学会春季年会。第99回となる今年は、3月16日(土)…

  3. ケムステイブニングミキサー2018ー報告

    3月20日から23日の日本化学会春季年会へ参加されたみなさまお疲れ様でした。あいにく会場付近は連…

  4. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III

    日本化学会年会中の付設展示会に出展する企業とのコラボーレーションにより読者のためにキャンペーンを企画…

  5. ケムステイブニングミキサー2018へ参加しよう!

    化学の研究者が一年に一度、一斉に集まる日本化学会春季年会。第98回となる今年は、3月20日(火)…

  6. ケムステイブニングミキサー2017ー報告

  7. 元素ネイルワークショップー元素ネイルってなに?

  8. 論説フォーラム「グローバル社会をリードする化学者になろう!!」

  9. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II

  10. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I

  11. 市民公開講座 ~驚きのかがく~

  12. ケムステイブニングミキサー2017へ参加しよう!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 分子構造を 3D で観察しよう (2)
  2. カイコが紡ぐクモの糸
  3. ショッテン・バウマン反応 Schotten-Baumann Reaction
  4. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton
  5. 有機無機ハイブリッドペロブスカイトはなぜ優れているのか?
  6. ケムステの記事を導出しています
  7. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

PAGE TOP