[スポンサーリンク]


日本化学会年会

  1. ケムステイブニングミキサー2018ー報告

    3月20日から23日の日本化学会春季年会へ参加されたみなさまお疲れ様でした。あいにく会場付近は連日雨天で非常に寒かったですが、会場ではたくさんの素晴らしい講演と熱い議論がなされていたことと思います。ケムステでは例年通り、「付設展…

  2. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III

    日本化学会年会中の付設展示会に出展する企業とのコラボーレーションにより読者のためにキャンペーンを企画…

  3. ケムステイブニングミキサー2018へ参加しよう!

    化学の研究者が一年に一度、一斉に集まる日本化学会春季年会。第98回となる今年は、3月20日(火)…

  4. ケムステイブニングミキサー2017ー報告

    先週の日本化学会年会に参加の方々お疲れ様でした。ケムステでは、例年通り「付設展示会ケムステキ…

  5. 元素ネイルワークショップー元素ネイルってなに?

    日本化学会年会開催まであと2日。市民科学講座と並んで、毎日誰でも参加できる行事があるんです。…

  6. 論説フォーラム「グローバル社会をリードする化学者になろう!!」

  7. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II

  8. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I

  9. 市民公開講座 ~驚きのかがく~

  10. ケムステイブニングミキサー2017へ参加しよう!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Reaxys Ph.D Prize2014ファイナリスト45名発表!
  2. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate
  3. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz
  4. ノーベル受賞者、東北大が米から招請
  5. アリルオキシカルボニル保護基 Alloc Protecting Group
  6. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進
  7. メタンハイドレートの化学

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

PAGE TOP