[スポンサーリンク]

キャンペーン

第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I

[スポンサーリンク]

今年もはじまります、1年に1度化学者があつまる日本化学会年会。今年は慶應義塾大学日吉キャンパスで行われます。もちろん様々な口頭発表や講演会・ポスターなど多くの企画が目白押しですが、その1つとして、日頃より研究で身近な企業が出展している付設展示会があります。新製品情報を手に入れることができたり、書籍を格安で購入できるなど訪れる価値のあるイベントです。

ケムステでは、年会を盛り上げる一貫として、2011年より付設展示会に出展する企業とのコラボーレーションにより読者のためにキャンペーンを企画してきました。

もちろん今年も行います!

合言葉は覚えていますか?

ケムステをみた!

です。これで付設展示会に訪れてください。今回キャンペーン企画に参加いただいた企業はこちら(関東化学が急きょ参加してくれました)

参加いただいた企業の付設展示会情報とケムステ読者特典を3回に渡り紹介します。

[追記]今年の日本化学会および付設展示会ケムステキャンペーンは大盛況の後に終了しました。ご来場の皆様とご協力いただいた企業様に心より感謝申し上げます。

第一弾の本記事では、ワイリージャパン渡辺化学工業東京化成工業関東化学の4つの付設展示会内容とキャンペーンです。それではどうぞ。

ワイリー・ジャパンの付設展示会と読者特典

展示会情報

Wiley展示ブースの今年のキャンペーンは、有機化学レファレンスワーク(オンライン事典)をフィーチャーします。ブースでお名前とメールアドレスをご登録いただいた方に、海外の著名化学者が語るレファレンスワークの活用法をまとめたホワイトペーパーと、特別デザインのキットカット1箱を先着順でプレゼントします。 (下図) 学会で頭を使った後は、キットカットでエネルギー回復を!

なお、Wileyからのメールやウェブ広告などを経由してホワイトペーパーを既に入手済みの方は、表紙のプリントアウトか画像をお見せいただくだけで結構です。

例年と同様に、Wiley化学書の展示販売も充実しています。2016年ノーベル化学賞受賞者ストッダート教授がインターロック分子を論じた新著The Nature of the Mechanical Bond: From Molecules to Machinesや、注目の大型新刊Encyclopedia of Physical Organic Chemistry(全6巻)など、ゆっくり現物を見ながら購入をご検討下さい。

展示会に加えて、日本化学会とWiley-VCHが共催する毎年恒例の講演会ケミカルレコード・レクチャー TCR Lectureにもぜひご参加下さい。今年は、ETH ZürichのHelma Wennemers教授を講師に迎え、「Asymmetric Catalysis with Peptides and Other Bioinspired Catalysts」と題してお話しいただきます。(3月18日(土) 11時 ~ 11時50分・S9会場)参加は無料、事前申し込みも不要です

ケムステ読者特典

上記の有機化学レファレンスワークキャンペーンにご参加いただく際に、スタッフに「ケムステを見た!」と声をかけて下さい。毎日先着5名様に、通常の景品にプラスしてWileyキャンバスバッグを差し上げます

渡辺化学工業の付設展示会と読者特典

展示会情報

渡辺化学工業では日本化学会第97回春季年会付設展示会にてNAPOM-ClやAloc・Bocアミノ酸などの新製品に関するパンフレットをはじめとした製品情報を展示します。

アミノ酸やペプチドの合成に関することなど、お気軽にご相談ください。ブースでお待ちしております!

ケムステ読者特典

渡辺化学工業のブースで「ケムステをみた!」の合言葉を言って頂き、アンケートにお答え頂いた方から抽選で、オリジナルルービックキューブ30名様に差し上げます。

東京化成工業の付設展示会と読者特典

展示会情報

東京化成工業は、日本化学会第97春季年会付設展示会で、有機合成化学分野、材料科学分野を中心に、各種新製品のパンフレットなどを展示します。試薬に関するご質問なども、お気軽にご相談ください。

また、今年もやりますTCIオリジナルグッズが当たるキャンペーン!アンケートにご回答いただくと、「合成するぞ!」Tシャツタンブラーなどの人気グッズが抽選で当たります。詳細は東京化成工業のウェブページで!

ケムステ読者特典

東京化成工業のブースにて合言葉「ケムステをみた!」とお声がけください。先着30名様にオリジナルグッズのあぶらとり紙をプレゼントいたします。

ぜひ、化学会年会へご参加の際は、東京化成工業のブースへお立ち寄りください。みなさまのご来場をお待ちしております!

関東化学の付設展示会と読者特典(追加しました)

展示会情報

関東化学は、日本化学会第97春季年会付設展示会にて、有機合成用試薬を中心に最新の試薬情報をご紹介いたします(展示小間No.20)。弊社で販売する試薬のご紹介のみならず、「こんな試薬を製品化して欲しい」、「開発した技術を試薬として市場に出したい」などのご意見ご要望のご相談も承りますので、お気軽に弊社ブースへお立ち寄りください。

※展示予定パンフレット(一部)
◆不斉シアノ化触媒
◆還元的アミノ化触媒
◆有機合成用脱水溶媒など

ケムステ読者特典

ブースで、「ケムステを見た」と仰っていただいた皆様に、弊社カタログ型メモ帳をプレゼントいたします(各日先着150名様)

さらに、メモ帳の中に「当たり」が入っていた方にはエコカイロをプレゼント!(確率50/150)

「大当たり」が入っていた方には、クラッチバッグをプレゼント!(確率15/150)

本プレゼントにおいて、名前、メールアドレス等の個人情報は一切いただきません。気軽に関東化学ブース(No.:20)までお越しください。

お願い

Wileyさんのキットカット是非欲しいですね。渡辺化学工業のルービックキューブ、このプレゼントははじめてみました。東京化成工業の「合成するぞTシャツ」をゲットしたいところですが、最低でもあぶらとり紙をゲットしましょう。

なお、各企業様は日本化学会の付設展示会を盛り上げるべく様々な企画を提供していただいています。このケムステ読者特典も直接お願いしてご厚意で提供してもらっているものです。我々の研究活動には無くてはならないメーカー・サポート企業なのでくれぐれも失礼のないようにお願い致します。それでは、続きは第二弾第三弾にて!

ケムステ付設展示会キャンペーン

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機合成化学協会誌2019年10月号:芳香族性・O-プロパルギル…
  2. 光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成
  3. (+)-マンザミンAの全合成
  4. 軸不斉のRとS
  5. インタラクティブ物質科学・カデットプログラム第一回国際シンポジウ…
  6. 温和な室温条件で高反応性活性種・オルトキノジメタンを生成
  7. 一流の化学雑誌をいかにしてつくるか?
  8. 科学予算はイギリスでも「仕分け対象」

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化【終了】
  2. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)
  3. アルカリ金属でメトキシアレーンを求核的にアミノ化する
  4. 多摩霊園
  5. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong
  6. オルト−トルイジンと発がんの関係
  7. 動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日
  8. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxidation
  9. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof
  10. 速報・常温常圧反応によるアンモニア合成の実現について

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP