[スポンサーリンク]


有機反応

  1. C–H活性化反応ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。令和元年第一号(2019年第二号)はC–H活性化反応について。有機化学分野で近年合成化学者が最も取り組んでいる課題の1つです。まだまだ多く…

  2. 少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

    カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

  3. 求電子剤側で不斉を制御したアミノメチル化反応

    イミニウムイオンの対アニオンで不斉を制御するアミノメチル化反応が報告された。求核剤側で不斉を制御する…

  4. アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

    ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

  5. アニリン版クメン法

    アルキルアレーンまたはベンジルアルコールからC–C結合切断を経てアニリンを合成する手法が開発された。…

  6. 架橋シラ-N-ヘテロ環合成の新手法

  7. アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

  8. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

  9. 可視光で芳香環を立体選択的に壊す

  10. 1,3-ジエン類のcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応

  11. Qi-Lin Zhou 周其林

  12. 芳香族ボロン酸でCatellani反応

  13. 有機分子触媒ーChemical Times特集より

  14. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—C 結合で切る

  15. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応

  16. アルカリ金属でメトキシアレーンを求核的にアミノ化する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation
  2. アメリカ化学留学 ”大まかな流れ 編”
  3. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Trifluoromethylation
  4. はしか流行?
  5. 住友チタニウム、スポンジチタン生産能力を3割増強
  6. ロッセン転位 Lossen Rearrangement
  7. 三共・第一製薬の完全統合、半年程度前倒しを検討

注目情報

最新記事

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進

CAS launched a computer-aided retrosynthetic analy…

PAGE TOP