[スポンサーリンク]


有機反応

  1. C–H活性化反応ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。令和元年第一号(2019年第二号)はC–H活性化反応について。有機化学分野で近年合成化学者が最も取り組んでいる課題の1つです。まだまだ多く…

  2. 少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

    カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

  3. 求電子剤側で不斉を制御したアミノメチル化反応

    イミニウムイオンの対アニオンで不斉を制御するアミノメチル化反応が報告された。求核剤側で不斉を制御する…

  4. アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

    ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

  5. アニリン版クメン法

    アルキルアレーンまたはベンジルアルコールからC–C結合切断を経てアニリンを合成する手法が開発された。…

  6. 架橋シラ-N-ヘテロ環合成の新手法

  7. アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

  8. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

  9. 可視光で芳香環を立体選択的に壊す

  10. 1,3-ジエン類のcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応

  11. Qi-Lin Zhou 周其林

  12. 芳香族ボロン酸でCatellani反応

  13. 有機分子触媒ーChemical Times特集より

  14. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—C 結合で切る

  15. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応

  16. アルカリ金属でメトキシアレーンを求核的にアミノ化する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 神経細胞の伸長方向を光で操る
  2. 最近の有機化学論文2
  3. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe
  4. 「超分子重合によるp-nヘテロ接合の構築」― インド国立学際科学技術研究所・Ajayaghosh研より
  5. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?
  6. 2010年日本化学会各賞発表-学術賞-
  7. 除虫菊に含まれる生理活性成分の生合成酵素を単離

注目情報

最新記事

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

最小のシクロデキストリンを組み上げる!

第196回目のスポットライトリサーチは、関西学院大学理工学部化学科(山田研究室)・若森晋之介 助教に…

周期表の形はこれでいいのか? –上下逆転した周期表が提案される–

重い元素を上に置き、軽い元素を下に置く周期表が提案されました。この記事では、その上下逆転周期表の利点…

PAGE TOP