[スポンサーリンク]


有機反応

  1. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—C 結合で切る

    今回は、Knorr ピロール合成、Kröhnke ピリジン合成、あるいは Hantzsch ジヒドロピリジン合成のように炭素—炭素結合の構築を含むヘテロ環合成を俯瞰します。ヘテロ環合成によく利用される反応剤の種類についてお話し、ヘテロ環合成…

  2. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応

    非天然アミノ酸誘導体により触媒される三分子間での新たなジアステレオ、エナンチオ選択的環化反応が開発さ…

  3. アルカリ金属でメトキシアレーンを求核的にアミノ化する

    水素化ナトリウムおよびアルカリ金属ヨウ化物をあわせ用いるとメトキシアレーンを求核的にアミノ化できる…

  4. 鉄の新たな可能性!?鉄を用いたWacker型酸化

    鉄触媒を用いたオレフィンのWacker型酸化反応が開発された。穏和な反応条件で進行し、様々な天然物や…

  5. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

    不活性な内部アルケンに対する触媒的ヘテロ-エン反応を鍵としたアリル位のエナンチオ選択的、位置選択的か…

  6. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)

  7. 2つの触媒反応を”孤立空間”で連続的に行う

  8. 貴金属に取って代わる半導体触媒

  9. 有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

  10. 最近の有機化学注目論文3

  11. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2

  12. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開

  13. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 1

  14. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御

  15. 有機アジド(2):爆発性

  16. 直鎖アルカンの位置選択的かつ立体選択的なC–H結合官能基化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す
  2. 日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム
  3. 東北地方太平洋沖地震に募金してみませんか。
  4. 誰でも使えるイオンクロマトグラフ 「Eco IC」新発売:メトローム
  5. メルクがケムステVシンポに協賛しました
  6. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続
  7. 21世紀に入り「世界同時多発研究」は増加傾向に

注目情報

最新記事

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

PAGE TOP