[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第32回 BMSコンファレンス(BMS2005)

第32回 BMSコンファレンス(BMS2005)

 

主 催:   日本質量分析学会 
共 催:  日本薬学会・日本生化学会・日本化学会・日本農芸化学会・日本分析化学会・日本薬物動態学会

日時: 2005年7月3日~6日(水)

場所:北海道・函館大沼プリンスホテル(写真はここから出典)

講演:笠間健嗣 (東京医歯大・機器分析センター) 「MSハードウェアを理解するために」

中村健道 (理研・先端技術開発支援センター)「フラグメンテーションとMS/MS 解析の基礎」

高山光男 (横浜市大・環境ホルモン研究施設)  「やさしいマススペクトルの読み方」等

内容:MSを良く知り使いこなすための初級者を対象にした講座。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 大日本製薬と住友製薬が来年10月合併・国内6位に
  2. 砂糖から透明樹脂、大阪府立大などが開発に成功
  3. 2008年10大化学ニュース
  4. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ
  5. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力…
  6. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益…
  7. 直径100万分の5ミリ極小カプセル 東大教授ら開発
  8. 材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 僕がケムステスタッフになった三つの理由
  2. イオンのビリヤードで新しい物質を開発する
  3. 求電子的フッ素化剤 Electrophilic Fluorination Reagent
  4. 奇妙奇天烈!植物共生菌から「8の字」型の環を持つ謎の糖が発見
  5. 有機化学の理論―学生の質問に答えるノート
  6. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】
  7. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  8. 人を器用にするDNAーナノ化学研究より
  9. ベンゾ[1,2-b:4,5-b’]ジチオフェン:Benzo[1,2-b:4,5-b’]dithiophene
  10. 「サイエンスアワードエレクトロケミストリー賞」が気になったので調べてみた

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

稀少な金属種を使わない高効率金属錯体CO2還元光触媒

第180回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 石谷・前田研の竹田浩之(たけだ ひろゆき)特任助…

カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

男性の避妊法はXXドームを付ける一時的なものか、パイプカットを行って完全に生殖行為を不可能にするかと…

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP