[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第32回 BMSコンファレンス(BMS2005)

第32回 BMSコンファレンス(BMS2005)

 

主 催:   日本質量分析学会 
共 催:  日本薬学会・日本生化学会・日本化学会・日本農芸化学会・日本分析化学会・日本薬物動態学会

日時: 2005年7月3日~6日(水)

場所:北海道・函館大沼プリンスホテル(写真はここから出典)

講演:笠間健嗣 (東京医歯大・機器分析センター) 「MSハードウェアを理解するために」

中村健道 (理研・先端技術開発支援センター)「フラグメンテーションとMS/MS 解析の基礎」

高山光男 (横浜市大・環境ホルモン研究施設)  「やさしいマススペクトルの読み方」等

内容:MSを良く知り使いこなすための初級者を対象にした講座。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第15回光学活性シンポジウム
  2. 三菱化学、来年3月にナイロン原料の外販事業から撤退=事業環境悪化…
  3. 米国もアトピー薬で警告 発がんで藤沢製品などに
  4. アレルギー体に抑制力:岐阜薬科大学長ら発見
  5. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案
  6. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡
  7. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  8. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フラストレイティド・ルイスペア Frustrated Lewis Pair
  2. ステープルペプチド Stapled Peptide
  3. 開催間近!ケムステも出るサイエンスアゴラ2013
  4. カール・ジェラッシ Carl Djerassi
  5. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】
  6. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も
  7. 小松紘一 Koichi Komatsu
  8. 神戸製鋼所が特殊合金粉末を開発 金属以外の多様な材料にも抗菌性付加
  9. カスケード反応 Cascade Reaction
  10. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP