[スポンサーリンク]


色素

  1. タンパク質の定量法―ブラッドフォード法 Protein Quantification – Bradford Protein Assay

    原理ブラッドフォード法(Bradford Protein Assary)は BCA法と並び、もっともよく使われるタンパク質の濃度定量法である。クマシーブリリアントブルー(CBB) G-250という色素がタンパク質の塩基性・芳香族…

  2. 未来を拓く多彩な色素材料

    概要近年の「色素」分子の機能の研究は,色素分子にとどまらず,分子間の配向…

  3. 生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

    バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

  4. 生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:②合成蛍光色素

    バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

  5. 生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:①単層カーボンナノチューブ

    糖化学ノックイン領域では膜動態を標的とした研究を志向しているため、バイオイメージングについての理解も…

  6. 電気化学の力で有機色素を自在に塗布する!

  7. 第17回ケムステVシンポ『未来を拓く多彩な色素材料』を開催します!

  8. 三井化学が進める異業種との協業

  9. 含フッ素カルボアニオン構造の導入による有機色素の溶解性・分配特性の制御

  10. クマリンを用いたプロペラ状π共役系発光色素の開発

  11. アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

  12. 生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

  13. 1つの蛍光分子から4色の発光マイクロ球体をつくる

  14. 消せるボールペンのひみつ ~30年の苦闘~

  15. ロゼムンド・リンドセー ポルフィリン合成 Rothemund-Lindsey Porphyrin Synthesis

  16. 二光子吸収 two photon absorption

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学に魅せられて
  2. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)
  3. 化学の資格もってますか?
  4. シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法
  5. 始めよう!3Dプリンターを使った実験器具DIY:準備・お手軽プリント編
  6. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  7. 第20回「転んだ方がベストと思える人生を」ー藤田 誠教授

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

PAGE TOP