[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第17回ケムステVシンポ『未来を拓く多彩な色素材料』を開催します!

[スポンサーリンク]

さて、今年度1回目の第16回ケムステVシンポが6月に行われますが、続けて第17回目の開催告知です。

第17回目は「色素材料」をテーマに3名の講師に講演していただきます。今回、この企画、第4回第6回そして、第12回に続き4回目のCSJカレントレビューとのコラボレーション企画です。

対象となるCSJカレントレビューはこれ。

以下詳細。

実施概要

第17回ケムステバーチャルシンポジウム
『未来を拓く多彩な色素材料』

日程:6月21日 (月) 17-19時

会場:オンライン(講演者はZoom使用・ YouTubeライブの限定URL配信(URLは開催前日および直前に配布)

定員:先着 1500名(途中参加・途中退出自由)
講演者:(敬称略)
村中厚哉 「有機色素を扱うための基礎知識と研究紹介」 (理化学研究所)
畠山琢次 「高色純度熱活性化遅延蛍光材料の開発」 (関西学院大学)
森本正和 「超解像蛍光イメージングへ向けた光スイッチ型蛍光分子の開発」 (立教大学)

主催:Chem-Station

協賛:東京化成工業株式会社メルク株式会社島津製作所
後援:化学同人
参加登録:Connpassイベントページで行ってください・開始15分前まで受付利用ガイドはこちら

参加費:無料

参加登録はこちら

[形式等、留意事項]

    • 講演者方のスライドをZoomで画面共有し,YouTube Liveで配信する形式で講演を行っていただきます.
    • 質疑応答はYouTubeのチャットで行う予定です.時間的制約があるので全ての質問は拾えませんが,講演者は講演後に確認しますので、ぜひ積極的にお願いいたします。

運営

ファシリテーター(司会):八木繁幸(大阪府立大学)
モデレーター
森本あみ(大阪府立大学・工・D1)
佐野雄亮(関西学院大学・理工・M1)
西村 涼(立教大学・理・助教)

今回のVシンポテーマである「色素材料」はみなさんの身近な色を構成する化学です。古くから様々な「色」が開発されてきましたが、単純に様々な色をだすだけでなく、より多彩な機能をもった色素材料が開発されています。今回はそれらの第一人者である3名の先生方に色素材料の魅力について語っていただきます。

ケムステVシンポ参加者割引について

出版元である化学同人に交渉して特別価格を設定していただきました。送料込み・税込みの価格で3800円で購入可能です(通常4,620円)。

なお、書籍の割引には特別の注文書が必要です。登録者された方にはconnpassの参加者の情報欄およびメールでお知らせいたします。事前に購入希望の方ははやめに登録ください*

しかも、なんと、実は今回の40号のみならず、これまで発行されたすべてのCSJカレントレビューが対象です。ご尽力いただいた化学同人にこの場を借りて御礼申し上げます!

*: 登録後の登録サイトconnpassにて購入方法を掲載いたします。送付は支払いの形によっては3日から1週間程度要します。それ以後はURL送付時もしくは講演後になります。

ぜひとも、ご参加ください!

参加登録はこちら

協賛企業からのお知らせ

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のお知らせを御覧ください。

東京化成工業

      • 東京化成工業は,「試薬を通じて社会貢献する」を企業理念に,グローバルビジネスを展開する試薬メーカーです。
        科学技術の進歩に対応し,皆様のニーズに対応するため,日々新たな製品の開発に取り組んでいます。
        弊社パンフレットを以下リンク先でpdfファイルとしてご提供しています。

        こちらからダウンロードしてご利用ください。

メルク

  • 【約27万種類のビルディングブロック!Building Block Explorer】
    Building Block Explorerサービスでは、品質に定評ある厳選した海外サプライヤーのビルディングブロック約27万種類が2-3週間でお手元に!新しくなったSigma-Aldrichのウェブサイトで、CAS番号や構造式にて検索。
    詳細はこちら⇒http://bit.ly/3g8QpUI_Sigma-Aldrich

島津製作所

 

島津製作所は145周年以上の歴史を持つ老舗分析計測機器メーカーです。
人々の願いを実現し、社会に貢献するために
これからも挑戦を続けていきます。 素人から玄人の方までご満足いただける、分析計測技術に関するWebinar動画を公開中!
会員制サービス「Shim-Solutions Club」に是非ご登録下さい!(登録無料)
→詳しくはこちら
https://solutions.shimadzu.co.jp/solnavi/n/webinar/index.htm

アーカイブ動画を公開しました【2021年7月20日追記】

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?
  2. 「関口存男」 ~語学の神様と言われた男~
  3. CV測定器を使ってみた
  4. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成
  5. 乙卯研究所 研究員募集 2022年度
  6. 【書籍】文系でも3時間でわかる 超有機化学入門: 研究者120年…
  7. 超分子ポリマーを精密につくる
  8. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成
  2. くすりに携わるなら知っておきたい! 医薬品の化学
  3. 第146回―「原子から社会までの課題を化学で解決する」中村栄一 教授
  4. カール・ダイセロス Karl Deisseroth
  5. 有機合成化学の豆知識botを作ってみた
  6. アルコール依存症患者の救世主現る?
  7. 科学の未解決のナゾ125を選出・米サイエンス誌
  8. マクミラン触媒 MacMillan’s Catalyst
  9. メビウス芳香族性 Mobius aromacity
  10. 第58回「新しい分子が世界を変える力を信じて」山田容子 教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP