[スポンサーリンク]


錯体化学

  1. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

    小坂田耕太郎(おさかだ こうたろう、OSAKADA Kohtaro、1955年2月18日-)は、日本の錯体・有機金属化学、高分子化学ならびに超分子化学者である。東京工業大学化学生命科学(旧資源化学研究所)教授である。(写真:リンクより転載)…

  2. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製

    2014年、東京大学の藤田誠・澤田智久らは、短鎖ペプチドをリンカーとする配位高分子錯体を合成し、その…

  3. 超分子カプセル内包型発光性金属錯体の創製

    第64回のスポットライトリサーチは、長崎大学大学院工学研究科(馬越研究室)の堀内新之介 助教にお願い…

  4. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用

    今年は既に3回目、そして昨年より第13回目となるスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科(…

  5. NMR in Organometallic Chemistry

  6. もし炭素原子の手が6本あったら

  7. 雷神にそっくり?ベンゼン環にカミナリ走る

  8. ムギネ酸は土から根に鉄分を運ぶ渡し舟

  9. エチレンをつかまえて

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 小児薬、大人用を転用――アステラス、抗真菌剤
  2. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応
  3. 天野 浩 Hiroshi Amano
  4. ウーロン茶の中でも医薬品の化学合成が可能に
  5. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用
  6. 元素手帳 2018
  7. ジアゾカップリング diazocoupling

注目情報

最新記事

蛍光と光増感能がコントロールできる有機ビスマス化合物

第312回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学(永澤研究室)・向峯あかり 博士にお願いしました。…

三井化学が進める異業種との協業

三井化学と丹青社は、三井化学の最先端のテクノロジーと丹青社の空間づくりのノウハウを組み合わせ、感性に…

第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授

第150回の海外化学者インタビューは、ジェレミー・ハーヴェイ教授です。ブリストル大学化学科(訳注:現…

オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–

接触還元は有機合成で汎用する反応の一つです。ニトロ基、オレフィン、アジドなどの還…

【ケムステSlackに訊いてみた③】化学で美しいと思うことを教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

PAGE TOP